サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?

+お気に入りに追加
1809_ishihara.jpg『石原さとみ写真集『encourage』』(宝島社)

 今期ナンバーワンヒットとなった綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、9月18日に放送された最終回で平均視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美を飾った。

 一方、同じホリプロの“ライバル”石原さとみが主演したドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の全話平均は9.5%と、1ケタ止まり。ネット上では以前より「綾瀬と石原は、どっちが格上か?」論争が頻発していたが、今回の直接対決は綾瀬の勝利で終止符が打たれた形だ。

「石原は12日に行われた打ち上げで、途中号泣しながら約10分もスピーチ。『勝てなかった』『悔しい』『全責任は私です』『ご迷惑をおかけしました』といった敗戦の弁ばかりを口にしたことで、場の空気は“惨敗ムード”になったといいます。綾瀬はNHK大河ドラマ『八重の桜』で主演を務めていることから、連ドラのギャラは1本200万円で、石原よりも数十万円高い。業界も、綾瀬のほうが“格上”と見ているということでしょう」(芸能記者)

 しかし、そんな石原が綾瀬に“圧勝”している分野があるという。出版関係者が明かす。

「写真集ですよ。昨年9月に石原が出版した『encourage』(宝島社)は出版不況のご時世にあって、ヌーディーな要素もないのに15万部の大ヒットとなりました。アイドルではなく女優でこの数字は、快挙というほかない。一方の綾瀬は、2015年に10年ぶりの水着カットも収録された『SEA STORIES Haruka Ayase』(同)を発売しましたが、発売初週の売上が約4,000部と振るわなかった。水着姿を見せたことで、意外にもファンからは『女優として好調なのに安っぽくなるから、やめてほしい』との声が上がったものでした」

 そんな綾瀬は、9月14日に15~18年の歩みを記録した『Document 2015-2018 綾瀬はるかフォトブック』(KADOKAWA)をリリース。ドラマの勢いをかって出版物でも石原超えを果たせば、文字通り「完全勝利」となるが、果たして。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』