サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?

+お気に入りに追加
1809_suzuki.jpg『鈴木愛理 全集 2010-2017 『 永遠 』』(ワニブックス)

“痛恨のミス”に、投稿した本人は青ざめたことだろう。

 9月6日に、飲酒運転とひき逃げで逮捕された元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者だが、26日、東京地検が起訴したことにより、報道される際の表記が吉澤ひとみ(本名・川前ひとみ)容疑者に変更された。これにより、今まで非公開としてきた夫の素性が明らかになった。

「吉澤容疑者の夫は、『IT社長』と言われていましたが、どこの会社か、どれほどのセレブなのかといった情報は明かされていませんでした。報道が『吉澤』という旧姓だったことを不思議がっていた人も多く、“本名”が注目されていました」(芸能ライター)

 ネット上ではすぐに“捜索”が開始されたが、ある人物が書いたブログに“決定的なヒント”が記されていたことで、あっという間に特定に至ったという。

「ハロプロのアイドルグループ『℃-ute』の公式ブログにて、当時メンバーだった鈴木愛理が、2016年3月26日に吉澤の結婚式の模様を投稿。『そんな吉澤さんが真っ白のドレスに身を包んでいらっしゃって旦那様と幸せそうに着席されていて』のコメントと共に、夫婦のツーショット写真を掲載しているのです。一般人の夫には顔に目線を入れる配慮をしているものの、ウェルカムボードに書かれた夫の下の名前を隠し忘れていた。そのため、フルネームが特定されてしまったというわけです」(同)

 どうやら、吉澤容疑者の夫はF社で、ホームページよると、業務内容は「マーケティング戦略の立案/コンサルティング」「プロジェクトマネジメント」「デザイン制作」「システム開発」「スマートフォン アプリ開発」「健康管理機器の販売」とある。

「過去の求人募集を見ると、月給の社員ではなく、時給1,000~2,000円でのスタッフを求めていたようで、世間が想像するような“IT企業”ではなさそう。ネット上でも『副社長の人がいろんな企業の役員やってるし、単なる名義貸しなんじゃないの』『虚業感が半端ないな』『アプリ受託開発屋なのにIT社長とか呼んでええんかこれ』といった声が聞かれます。夫は吉澤容疑者に『警察へ連絡して、戻れ!』と忠告したそうですから、ものすごい財界人とまではいかずとも、常識人であることは間違いないようですが」(週刊誌記者)

 ソロ歌手に転身した鈴木は、今年6月に1stアルバムを発売。その際には「鈴木愛理を知っていますか?」というCMが大々的に流されたが、まったく別の角度から知名度を上げてしまったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』