サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 剛力彩芽の行く末は事実婚? ポイ捨て? 前澤友作社長が結婚を完全否定!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

剛力彩芽の行く末は事実婚? ポイ捨て? 前澤友作社長が結婚を完全否定!

+お気に入りに追加
1809_goriki.jpg『剛力STYLE You make me happy』(角川マガジンズ)

 はたして、世間注目のこのカップルは、どんな結末を迎えるのだろうか?

 女優・剛力彩芽と交際中の「ZOZOTOWN」運営会社社長・前澤友作氏が9月11日、インスタグラムを更新。自身の上半身の写真をアップしたのだが、よく見ると左手薬指に指輪が見えることから「結婚指輪?」「婚約指輪?」などの声が上がった。

 一方の剛力は、舞台への出演が控えているためか、あれほど批判を浴びても投稿し続けた“色ボケSNS”がこのところ鳴りを潜めており、前澤氏が彼女に代わって順調な交際ぶりをアピールしたのかもしれない。

 結婚秒読みと目される2人だが、現在発売中の「文藝春秋」(10月号)では、ノンフィクション作家の森功氏による「前澤友作の『金脈』と『人脈』」というタイトルで13ページにわたるインタビュー記事を掲載。そこで前澤氏は、自ら剛力との結婚をきっぱりと否定しているのだ。

「前澤氏は5,000億円といわれる資産を資産管理会社に任せています。その会社の役員に元カノの紗栄子が名を連ねていた。そのこと自体、前澤氏は知らなかったそうで、紗栄子も現在は辞任しているようですが、その話の流れで剛力が役員に入ったり、結婚する予定があるのかと森氏が切り込みました。すると、前澤氏は『ないない。彼女はオスカープロモーション社に所属している女優さんなので、別に自分で何か事業をやっているわけでもないので……。(結婚の予定も)ないです。お付き合いさせてもらってます』と全否定。その後、2人の女性との間にいる3人の子どもとの良好な関係をアピールしており、剛力に迷惑をかけまいとしている風ではなく、本当に結婚の意思がないように感じられましたね」(週刊誌記者)

 交際は順調だが結婚の意思はないとなれば、浮かんでくるのが剛力の事務所の先輩である後藤久美子のスタイルだ。

「ゴクミは人気絶頂の頃、フランス人F1レーサー、ジャン・アレジと交際。当時、アレジは夫人と離婚調停中でしたが、離婚成立後に渡仏して同居を開始。事実婚の夫婦となりました。剛力も同じような道をたどりそうですが、あくまで正式に籍を入れることを望むのであれば、破局は免れないかもしれません」(同)

 剛力がSNSを更新しなくなったのは、この記事を読んだからだったりして?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』