サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【20】/ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
1809_ASH_PH_09_520.jpg
www.riksanchez.net
インスタグラム〈@rikosaka

 日本と韓国、アメリカを行き来している俺は、日本での滞在の大半は大阪で過ごす。多くの人との出会いや異文化の刺激を与えてくれる街で、中でも俺の人生に多大な影響を与えたのが、カメラマンのリック・サンチェスだ。彼はメキシコ出身なんだけど、日本でメキシコ人と会ったことがなかったし、「Fuck Tokyo, I♡Osaka」なんて書いてあるTシャツをいつも着てたから、ちょっと変わったヤツだなって思ったけど、「1991年から27年間、大阪に住んでまっせ! 生まれはアメリカ、メキシコ国境のエルパソ・テキサスでっせ!」なんて自己紹介をしてきて、その陽気な性格から、すぐ意気投合して仲良くなった。

 肝心の写真に関しては、初めて作品を見た瞬間に天才だと思ったね。彼のような作品は見たこともないし、起用するモデル、撮影技術、そしてロケーションにも完全にトバされた。特にロリータの写真には衝撃を受けた。メキシコ系アメリカ人の彼が、なぜロリータ? って不思議に思って聞いてみた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号