サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 「飲酒ひき逃げ」吉澤ひとみ容疑者と「死亡させて逮捕されなかった」千野志麻アナとの違いは?
1809_yoshizawahitomi.jpg『吉澤ひとみ写真集 「8teen」』(ワニブックス)

 やはり現場から“逃げた”のは致命的だった。

 9日放送の『サンデージャポン』(TBS系)にて、元・モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が、6日の朝7時頃に酒気帯びでひき逃げしたとして、道交法違反容疑などで警視庁中野警察署に逮捕された事件を報じた。

 吉澤容疑者は、事故を起こしてから約15分後に「自転車をひいた」と自ら110番し、現場に戻ったが、事故直後の呼気検査によれば基準値の約4倍に当たるアルコールが検出されたという。

「吉澤容疑者は酒量について深夜0時頃に夫と缶酎ハイ3缶を飲んだと説明しているようですが、それなら朝7時に基準値の4倍も検出されるわけがない。番組では女医の西川史子は『たぶん、その15分の間で、ものすごいお水を飲んだと思うんですよ。それでも、4倍出たということは、相当、飲んでいる可能性あるなと』とコメント。彼女が真実を隠している疑いがあると指摘しています」(テレビ誌ライター)

 かつての国民的アイドルが腰縄され手錠をかけられることになるとは、誰も予想していなかったが、そこでふと疑問に思ったのが、同じく人をはねて、こちらは死亡させたにもかかわらず、“逮捕されなかった”元フジテレビアナウンサーの千野志麻のケースとの違いだ。

「千野はフリー転身後の2013年1月に、静岡県沼津市内のホテル駐車場で38歳男性を乗用車ではね死亡させ、自動車運転過失致死の容疑で書類送検。裁判では100万円の罰金刑に処され、即日納付しています。当時、千野が逮捕されなかったことが大きな話題となりましたが、彼女の場合は警察にすぐ届け、公式HPでも事故を報告。逃亡の恐れがないと判断されたようです。もっとも一部では、父親が沼津市議会議員であること、夫が福田康夫の甥であったことが関係しているとの声も上がったものでした」(芸能記者)

 逃げたうえにウソをついているのであれば、吉澤容疑者の逮捕もやむなしか。突然、母親が消えた理由を、夫は子どもたちになんと説明するのだろう?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』