サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > Netflixはドキュメンタリーを変える?【1】/ヤバい【配信ドキュメンタリー】

――『Netflix』や『Amazonプライム・ビデオ』『Hulu』といった動画サービスでは、地上波で到底見ることのできない過激なドキュメンタリーを数多く配信している。これらのサービスが花盛りとなった今、配信で見られる“タブー破り”のドキュメンタリー作品を紹介すると共に、これらのドキュメンタリーが量産される背景を見ていこう。

1809_documentary_1_300.jpg
『Netflix』の「ドキュメンタリー」カテゴリの充実度は高く、オリジナルコンテンツはもちろん、ドキュメンタリー映画や独自のアルゴリズムによってユーザーの嗜好に合った作品が次々と提示される。

『Netflix』や『Amazonプライム・ビデオ』『Hulu』など、サブスクリプション(定額制)型ビデオ・オン・デマンド(以下、SVOD)が日本でも盛り上がりを見せている。2017年末にICT総研が発表した「2017年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」によれば、有料動画配信サービスの利用者数は1440万人に上り、そのうちSVODの利用者推計は1190万人となっている。先に挙げたサービス以外にも、日本では『dTV』や『GYAO!』『U-NEXT』『ビデオパス』『Rakuten TV』のほか、18年4月には東京放送ホールディングス(TBS)や電通、WOWOWといった6社出資による『Paravi』が立ち上がるなど、まさにSVOD群雄割拠の時代へと突入した。

 こうしたSVODにおいては、日夜各サービス独自のドラマやバラエティ番組が作られ、好評を博している。13年には、Netflixのオリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が、SVOD発のドラマとして初めて、アメリカのテレビ界最高の賞とされるエミー賞を獲得。同サービスが全世界で爆発的な広がりを見せる土壌を作り上げた。

 こうしたオリジナル作品の制作はドラマやバラエティにとどまらず、ドキュメンタリーの分野にも波及している。エミー賞の「ドキュメンタリー&ノンフィクション特別番組部門」では、16年に『ニーナ・シモン 魂の歌』、17年に『13th ―憲法修正第13条―』と、Netflixのオリジナル作品が2年連続で受賞。さらに、Netflixのオリジナル作品ながら、短期間の劇場上映をへることで、映画界の最高権威とされるアカデミー賞を獲得する事態も起こっている。17年には「短編ドキュメンタリー映画賞」を『ホワイト・ヘルメット』が、18年の「長編ドキュメンタリー映画賞」を『イカロス』が獲得した。

 このように、ドキュメンタリー分野においても、SVOD発コンテンツのクオリティの高さは証明されつつある。

 実際にSVODのドキュメンタリー・ジャンルを覗いてみると、まず過激なコンテンツが並んでいることに耳目を惹かれるだろう。報道記者が自ら囚人となり刑務所に潜入して、撮影を行った『潜入! 世界の危険な刑務所』や、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題やイギリスの大手銀行HSBCと麻薬カルテルの癒着といった事件を深掘りした『汚れた真実』など、日本の地上波ではまず見られないような“タブー破りのドキュメンタリー”が目に飛び込んでくる。

 本稿では、SVODで過激なオリジナルのドキュメンタリー番組を作ることができる理由について、そのビジネスモデルから探っていく。

ロングテールに適したSVODとドキュメンタリー

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』