サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > Netflixはドキュメンタリーを変える?【1】/ヤバい【配信ドキュメンタリー】

――『Netflix』や『Amazonプライム・ビデオ』『Hulu』といった動画サービスでは、地上波で到底見ることのできない過激なドキュメンタリーを数多く配信している。これらのサービスが花盛りとなった今、配信で見られる“タブー破り”のドキュメンタリー作品を紹介すると共に、これらのドキュメンタリーが量産される背景を見ていこう。

1809_documentary_1_300.jpg
『Netflix』の「ドキュメンタリー」カテゴリの充実度は高く、オリジナルコンテンツはもちろん、ドキュメンタリー映画や独自のアルゴリズムによってユーザーの嗜好に合った作品が次々と提示される。

『Netflix』や『Amazonプライム・ビデオ』『Hulu』など、サブスクリプション(定額制)型ビデオ・オン・デマンド(以下、SVOD)が日本でも盛り上がりを見せている。2017年末にICT総研が発表した「2017年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」によれば、有料動画配信サービスの利用者数は1440万人に上り、そのうちSVODの利用者推計は1190万人となっている。先に挙げたサービス以外にも、日本では『dTV』や『GYAO!』『U-NEXT』『ビデオパス』『Rakuten TV』のほか、18年4月には東京放送ホールディングス(TBS)や電通、WOWOWといった6社出資による『Paravi』が立ち上がるなど、まさにSVOD群雄割拠の時代へと突入した。

 こうしたSVODにおいては、日夜各サービス独自のドラマやバラエティ番組が作られ、好評を博している。13年には、Netflixのオリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が、SVOD発のドラマとして初めて、アメリカのテレビ界最高の賞とされるエミー賞を獲得。同サービスが全世界で爆発的な広がりを見せる土壌を作り上げた。

 こうしたオリジナル作品の制作はドラマやバラエティにとどまらず、ドキュメンタリーの分野にも波及している。エミー賞の「ドキュメンタリー&ノンフィクション特別番組部門」では、16年に『ニーナ・シモン 魂の歌』、17年に『13th ―憲法修正第13条―』と、Netflixのオリジナル作品が2年連続で受賞。さらに、Netflixのオリジナル作品ながら、短期間の劇場上映をへることで、映画界の最高権威とされるアカデミー賞を獲得する事態も起こっている。17年には「短編ドキュメンタリー映画賞」を『ホワイト・ヘルメット』が、18年の「長編ドキュメンタリー映画賞」を『イカロス』が獲得した。

 このように、ドキュメンタリー分野においても、SVOD発コンテンツのクオリティの高さは証明されつつある。

 実際にSVODのドキュメンタリー・ジャンルを覗いてみると、まず過激なコンテンツが並んでいることに耳目を惹かれるだろう。報道記者が自ら囚人となり刑務所に潜入して、撮影を行った『潜入! 世界の危険な刑務所』や、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題やイギリスの大手銀行HSBCと麻薬カルテルの癒着といった事件を深掘りした『汚れた真実』など、日本の地上波ではまず見られないような“タブー破りのドキュメンタリー”が目に飛び込んでくる。

 本稿では、SVODで過激なオリジナルのドキュメンタリー番組を作ることができる理由について、そのビジネスモデルから探っていく。

ロングテールに適したSVODとドキュメンタリー

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』