サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ジャニーズ事務所の後継者問題
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

タッキーが後継者に!その時、ヒガシは?マッチは? ジャニーズ事務所の未来

+お気に入りに追加

1809_takizawa.jpg

 大手芸能プロの大半は息子や娘など二世が後継者となりすでにスタートを切っているが、未だに正式決定していないのが男性アイドル王国「ジャニーズ事務所」。

「誰が後を継ぐのかは業界内でも最大の関心事。後継ぎによって対応もかわってくる。それほどジャニーズの動向が業界に及ぼす影響力は強い」(民放ディレクター)

 現在も社長はジャニー喜多川(86)。姉のメリー喜多川(91)が副社長。メリー氏の娘・藤島ジュリー景子(52)も副社長と、身内の三本柱で事務所を運営している。とはいえ、ジャニー氏・メリー氏ともすでに高齢。後継者の決定が急がれている。すでに実質、指揮を執っているのは経営の帝王学を母親から学んできたジュリー氏。来年早々にも正式にジュリー氏が社長に就任して実権が移行されると言われている。「それが自然の流れ」と誰もが思っていたところに、「週刊文春」が「ジャニーズの後継者は滝沢秀明(36)」と報じた。

 滝沢も後輩を可愛がっており後継者となるべく動き出しているともいう。

 ジュニア時代からジャニー氏が滝沢を寵愛してきたことはつとに知られている。

「ネットのない時代でしたから、応募してくる子は書類。それをジャニー氏がチェックし、アンテナに引っかかった子を面談して決まる。タッキー(滝沢の愛称)は即座に決まった。当時、ジュニアと呼ばれるデビュー前の子が百人を超えていたなかで、タッキーをリーダーに指名するほどジャニー社長はタッキーを買っていた。その後は“タッキー&翼”でデビュー。後は順風満帆。2010年からは最年少座長として“滝沢演舞場”を新橋演舞場などで公演。舞台の総合演出にジャニー喜多川氏と大きく書かれていたポスターは強烈なインパクトを与えました。傍から見てもタッキーが特別扱いを受けているのはわかります。その舞台も最近はリピーターのファンが大半で、以前ほど盛り上がりは見せていない。それでも定期的に舞台は続いています」(元ジャニーズ関係者)

 後継者を現社長が指名したとなれば、その可能性は高いとは言いながらも業界内は半信半疑だった。そして、文春報道から2週間、「滝沢、演出家転向」が事務所から発表された。舞台関係者がいう。

「ジャニー社長は演出家としてタレントの舞台を育て大きくした。演出家を外から呼ぶのではなく、やはり内部で育てたいという思いが強かったため、演出家としての後継者に滝沢を指名したのだと思う。演出家として勉強しながらゆくゆくは事務所の幹部になっていくのだと思います」

 ただし、事務所の経営となると別問題という声もある。ジャニーズ内には最年長タレントのマッチこと近藤真彦(54)がおり、兼ねてから最有力後継者候補と言われていた。さらに、東山紀之(51)も候補に上がっていた。

「マッチはメリー副社長に可愛がられており、一説にはジュリー政権になったときに、参謀として幹部になるという噂がもっぱらでした。東山は本人も役者や司会業が順調な今、経営者側に入る可能性は薄い。むしろ、“少年隊”で東山と一緒に活動していた錦織一清(53)のほうが可能性はある。最近の錦織はタレント活動よりも舞台の演出家としての活動が増えている。しかも、演出家としてジャニー社長の後継者になると言われるほど、演出は優れている。こうした先輩たちを差し置いてタッキーがトツプの座に付くのか、就いた場合、諸先輩たちがどう出るのか、一般の会社でもあるように、後輩社長と先輩の部下でうまくやっていけるかという問題になるかもしれない」(芸能デスク)

 ジャニーズは姉と弟の2人で会社を大きくしてきた。弟がタレントの発掘から育成。後の売り出し方をメリー氏がやる。テレビ局との交渉からタレントのスキャンダル処理まで一手にやってきた。まさに姉と弟の二人三脚でここまでやってきて成功した。この基本的な体制を崩すことはないという。

 すでにジュリー氏の社長は決定。母親のメリー氏の教えを引き継ぎテレビ局との交渉などを行うと見られている。問題はタレントの育成面を誰がやるかにある。

「元タレントのほうがノウハウもわかり、ジャニー氏のやり方を伝承できる。滝沢の可能性もあるが、マッチのほうが下のタレントからの不平不満を抑えやすい。どちらかが就任するか、それとも2人とも参謀になる可能性もある。ジャニー氏の進言通りにタッキーにするにしても、メリー、ジュリー氏が同意するかどうかもわからない。2人が別の人を押せば、揉める火種になる恐れもある」(民放幹部)

 後継ぎの問題は日本の歴史を見てもわかるように、一筋縄では収まらないもの。ジャニーズの後継者問題はまだまだ波乱含みである。

(敬称略)

二田一比古
1949年生まれ。女性誌・写真誌・男性誌など専属記者を歴任。芸能を中心に40年に渡る記者生活。現在もフリーの芸能ジャーナリストとしてテレビ、週刊誌、新聞で「現場主義」を貫き日々のニュースを追う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』