> 二田一比古の検索結果

二田一比古 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

九死に一生を得た事故、その裏側にあるのは女の影か?――スキャンダルを跳ね除けた北野武

――  1994年、ビートたけし(70)は新宿近くの道路で深夜、バイクを運転中に右カーブを曲がり切れずにガードレールの鉄柱に激突。

九死に一生を得た事故、その裏側にあるのは女の影か?――スキャンダルを跳ね除けた北野武
新着
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

「フライデー襲撃事件」の後追い取材舞台裏――スキャンダルを跳ね除けた北野武

――  芸人・役者・映画監督・作家・画伯。誰もが羨む才能を持ち、それをいかんなく発揮する北野武(70)。芸人のときはビートたけし、役者や監督の時は北野武と2つの名前を使いこなす。「類稀な才能を持つ芸能史に残...

「フライデー襲撃事件」の後追い取材舞台裏――スキャンダルを跳ね除けた北野武
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

女性から口説かれる、愛されるキャラクター…不倫の天才・火野正平の生き方

―― 現在、NHK BSで放送中の「こころの旅」は2011年にスタートした。俳優の火野正平(68)が自転車に乗って日本全国を回る番組で旅と人との出会いがテーマ。子役で芸能界に入り、名脇役として幅広いジャンル...

女性から口説かれる、愛されるキャラクター…不倫の天才・火野正平の生き方
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

今井議員・宮迫博之ら、相変わらず続く有名人の不倫に見る芸能人・ホテル密会事情

――  今井絵里子議員に続き「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)も不倫が報じられた。それもホテルの部屋に入る決定的な不倫現場。どう弁解しても「一線を越えていない」など通用しない。誰もが男と女の関係と見るだろ...

今井議員・宮迫博之ら、相変わらず続く有名人の不倫に見る芸能人・ホテル密会事情
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

石田純一、森本レオ、三田村邦彦…不倫カップルに薦める先人たちの言葉

――  芸能人の不倫で真っ先に思い浮かぶのが石田純一の「不倫は文化」発言。タレントの長谷川理恵との不倫が発覚した石田は逃げ隠れすることなく、ゴルフ場に押しかけたメディアに囲まれながら動じることなく言ったこの...

石田純一、森本レオ、三田村邦彦…不倫カップルに薦める先人たちの言葉
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

やはり週刊誌は直撃取材がないと始まらない――歌手・吉田拓郎直撃の苦い想い出

――  毎週のように続く週刊誌のスクープ合戦。緻密な取材もさることながら最後は当人に直撃する。これで初めて完璧な取材となる。「週刊新潮」が報じた今井絵里子参議院議員(33)と橋本健(37)神戸市議会議員の不...

やはり週刊誌は直撃取材がないと始まらない――歌手・吉田拓郎直撃の苦い想い出
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

安室奈美恵の母親取材と殺害事件――安室奈美恵の母との交流

―― 頑なに口を閉ざしていた安室奈美恵の母・恵美子さんがようやく口を開いたのは、初の接触から3日後の夜、沖縄名護にある居酒屋でのことだった。「私も奈美恵も人見知りする。特に内地(沖縄県外)の人には弱いの」と...

安室奈美恵の母親取材と殺害事件――安室奈美恵の母との交流
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

結婚・離婚は両親がキーパーソン――安室奈美恵の結婚と親

――  芸能人が結婚や離婚という人生の大きな決断をするとき、事務所の許諾はもちろん必要だが、常にカギを握るのは両親。一般社会でも真っ先に親に相談や報告をするように、芸能人も変わらない。メディアも親の居所を掴...

結婚・離婚は両親がキーパーソン――安室奈美恵の結婚と親
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

驚異的な操作術で芸能マスコミを転がしてきたが…いよいよ【松居一代】処世術の終焉

―― “おしどり夫婦”とはメディアが夫婦のイメージから名付けるものである。「仲のいい夫婦」として公の場に出て演出すれば、“おしどり夫婦”の称号を授けられる確率は高く、「夫婦で番組出演やCMがとれるメリットが...

驚異的な操作術で芸能マスコミを転がしてきたが…いよいよ【松居一代】処世術の終焉
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

息子の話をする時に見せた笑顔は父親のそれだった――週刊誌とも格闘した伝説の漫才師・横山やすし

―― 最近の芸人は、マンションを買うなど財テクに走る傾向にある。芸人の大先輩の横山やすし(1996年没・享年51歳)は財テクなどまるで無関心だった。むしろ借金が大物芸人の証とも言われていたほどだ。やすしの住...

息子の話をする時に見せた笑顔は父親のそれだった――週刊誌とも格闘した伝説の漫才師・横山やすし
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

天才的な漫才、破天荒な人生――週刊誌とも格闘した伝説の漫才師・横山やすし

―― 週刊誌は野球チームと考えるとわかりやすい。編集長が監督。その下のデスクと呼ばれる人がコーチの役目。記者は選手である。誰をどこで使うかが監督同様、編集長の力量。足の遅い選手に盗塁をさせても意味がないよう...

天才的な漫才、破天荒な人生――週刊誌とも格闘した伝説の漫才師・横山やすし
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

息を引き取ってから始まった、週刊誌で語り継がれる美空ひばり伝説

―― 1989年6月24日、午前0時28分。美空ひばりは息を引き取った。52歳だった。その夜のことは鮮明に覚えている。

息を引き取ってから始まった、週刊誌で語り継がれる美空ひばり伝説
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

結婚から引退へ、メディアを翻弄し続けた稀代の歌姫…週刊誌報道に動じなかった山口百恵伝説

―― すべてにおいて型破りのアイドルだった山口百恵。引退から結婚に至る経過もメディアの予想を超えていた。

結婚から引退へ、メディアを翻弄し続けた稀代の歌姫…週刊誌報道に動じなかった山口百恵伝説
連載
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

今の芸能人たちには無い!記者を秒殺するスターのオーラ!【週刊誌を圧倒した俳優たち】三船敏郎編

―― 映画が庶民の娯楽だった時代。スクリーンからスターが続々と誕生した。スターとは星。文字通り手の届かない存在としてスクリーンでしか会えない。庶民は私生活など知る由もなければ、メディアも映画の話以外、報じる...

今の芸能人たちには無い!記者を秒殺するスターのオーラ!【週刊誌を圧倒した俳優たち】三船敏郎編
連載
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

愚連隊組織から組長へ、さらにヤクザ俳優スターに成り上がった"本物"の男! 週刊誌を圧倒した俳優たち――安藤昇

―― 記者の仕事が他の仕事と大きく異なるのは、どんな相手でも取材対象者になりえること。総理大臣であろうと、スター、ヤクザでもできる。肩書き、年齢などに関係なく取材ができる。その取材現場は五分と五分。時には相...

愚連隊組織から組長へ、さらにヤクザ俳優スターに成り上がった
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

娘・沙也加との不仲説も"あえて反論しない"聖子流マスコミ掌握術! 週刊誌が追い続けた松田聖子物語【後編】

―― 神田正輝(66)との離婚から1年後の1998年5月。松田聖子(55)は審美歯科医師との再婚を発表した。聖子は得意満面で再婚報告会見を行った。

娘・沙也加との不仲説も
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

なぜ、娘・神田沙也加の結婚に沈黙したままなのか?…週刊誌が追い続けたスキャンダル女王・松田聖子物語【前編】

―― ミュージカル歌手として独り立ちした神田沙也加(30)が兼ねてから交際していた俳優の村田充(39)との結婚発表があった。本来なら祝福記事で終わるのだが、ここでにわかに注目を浴び、娘の結婚でも主役の座に付...

なぜ、娘・神田沙也加の結婚に沈黙したままなのか?…週刊誌が追い続けたスキャンダル女王・松田聖子物語【前編】
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

松田聖子と田原俊彦は“チュー”しただけの間柄!? 往年の人気アイドルたちにみる恋愛事情

―― 「ちょっとおイタなんかしちゃうと、急にレコードの売り上げが半分になったりとか、コンサートの会場の2階が誰もいなかったりした」

松田聖子と田原俊彦は“チュー”しただけの間柄!? 往年の人気アイドルたちにみる恋愛事情
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

メッセンジャー黒田と国生さゆりの交際宣言は毒舌タレント“大ブレイク”への便乗作戦か?

―― 国生さゆりとメッセンジャー黒田の熱愛が話題になっている。さほど大物のカップルではないと思うが、テレビやスポーツ紙は大騒ぎだ。

メッセンジャー黒田と国生さゆりの交際宣言は毒舌タレント“大ブレイク”への便乗作戦か?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

愛之助に捨てられ玉の輿に乗りそびれた「崖っぷちアイドル」熊切あさ美に見る"女性タレント"の宿命と運命 

―― 片岡愛之助と藤原紀香の熱愛発覚により、にわかにクローズアップされたのが愛之助と二年前から恋人同士だったはずのタレントの熊切あさ美だった。片岡は「すでに熊切とは別れている」としきりに破局を強調する一方で...

愛之助に捨てられ玉の輿に乗りそびれた「崖っぷちアイドル」熊切あさ美に見る
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

片岡愛之助と藤原紀香の逢瀬、SMAP中居正広の実父誕生日会……芸能人情報はどこから漏れるのか?

―― 「女性セブン」が報じた片岡愛之助と藤原紀香の熱愛現場。代官山の和食屋デートから紀香のマンションにお泊りする現場を押さえた、ほぼ完璧なもの。とりわけ、和食屋に和服で現れた紀香の様子には誰もが「凄い」と驚...

片岡愛之助と藤原紀香の逢瀬、SMAP中居正広の実父誕生日会……芸能人情報はどこから漏れるのか?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

「裸になる覚悟ぐらいないとダメだ!」悪徳芸能スカウトマン、脱がしのテクニック

―― 「モデルになりませんか」などと言葉巧みにスカウト。面接と称して部屋に連れていき、「体型を見る」と服を脱がせ、最後は性行為に及ぶ。こんな自称・芸能プロスカウトマンの悪態が最近、新聞紙上を賑わせている。

「裸になる覚悟ぐらいないとダメだ!」悪徳芸能スカウトマン、脱がしのテクニック
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

愛人への遺産相続にマンション購入――。愛川欽也&うつみ宮土理に見る“オシドリ夫婦”のメリットとデメリット

―― うつみ宮土理の記者会見が話題となった。夫・愛川欽也さん(享年80)が亡くなってから約一ヵ月たったが、依然として憔悴は続いているのか、頬はこけ、目はくぼみ、痩せ細っていた。それでも気丈に会見の席に着いた...

愛人への遺産相続にマンション購入――。愛川欽也&うつみ宮土理に見る“オシドリ夫婦”のメリットとデメリット
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

能年玲奈、中森明菜……“芸能人というカネになる木”に群がる相談役

―― 一昨年、NHKの朝ドラ「あまちゃん」のヒロインを演じて一躍、国民的人気女優になった能年玲奈(21)。

能年玲奈、中森明菜……“芸能人というカネになる木”に群がる相談役
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

清原和博、加藤茶、酒井法子……パチンコ営業に活路を見いだす“芸能人の稼ぎ”のカラクリ

―― かつては「長者番付」なるものがあった。毎年、ゴールデンウイークに日本全国の高額所得者を一斉に公示していた。新聞が第一報を打ち、週刊誌はさらに詳報を報じた。

清原和博、加藤茶、酒井法子……パチンコ営業に活路を見いだす“芸能人の稼ぎ”のカラクリ
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

愛川欽也は、なぜ肺ガンを隠したのか? 夏目雅子、美空ひばり、石原裕次郎ら、芸能人の大病とメディア攻防戦の是非

―― 亡くなった愛川欽也さん(享年80)の取材をめぐる、家族とメディアの駆け引きは考えさせる一面もあった。

愛川欽也は、なぜ肺ガンを隠したのか? 夏目雅子、美空ひばり、石原裕次郎ら、芸能人の大病とメディア攻防戦の是非
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

「米倉涼子離婚スクープ」で露呈した芸能メディアの"慣れ合い"問題

―― 週刊文春の「米倉涼子離婚決断」のスクープ記事は「お見事」の一言しかない。

「米倉涼子離婚スクープ」で露呈した芸能メディアの
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

上重聡アナの彼女がABCマートのCMに起用される!? タニマチと有名人の“美味しすぎる”関係

―― 日テレの上重聡アナに「利益供与」疑惑が持ち上がっている。親しく付き合っていた靴小売りメーカー「ABCマート」の元会長から高級マンション購入資金として1億7000万円を無利子で借り入れ、さらに会長名義の...

上重聡アナの彼女がABCマートのCMに起用される!? タニマチと有名人の“美味しすぎる”関係
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

ソフトバンク斎藤、ダルビッシュ……体力を持て余す一流アスリートはなぜ“肉欲”に走るのか?

―― スポーツ選手の話題が続出している。

ソフトバンク斎藤、ダルビッシュ……体力を持て余す一流アスリートはなぜ“肉欲”に走るのか?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

小泉今日子の熱愛は“必然”だった? 仲間由紀恵、鈴木京香……格下婚に走る大物女優の性

――  完璧なスクープだった――。

小泉今日子の熱愛は“必然”だった? 仲間由紀恵、鈴木京香……格下婚に走る大物女優の性
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

冠二郎5歳サバ読み告白で考える、「夜のバイト歴」「カツラ」ほか、芸能界“詐称”話の正統性とは?

―― 演歌歌手の冠二郎が「年齢を5歳サバ読みしていた」と告白。実年齢はすでに70歳の古希であることを明かした。

冠二郎5歳サバ読み告白で考える、「夜のバイト歴」「カツラ」ほか、芸能界“詐称”話の正統性とは?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

オヤジ系雑誌でヌードを披露、SM映画にも出演! 謎の美女「祥子」がパクった「柳葉敏郎」「叶姉妹」的売り出し方

―― 「祥子」なる女性が話題になっている。週刊誌のグラビア連載で「謎の美女」として登場。ヌードで話題になるやいなや、それをまとめた写真集を出版。さらにSM映画に主演するという。まさにとんとん拍子。

オヤジ系雑誌でヌードを披露、SM映画にも出演! 謎の美女「祥子」がパクった「柳葉敏郎」「叶姉妹」的売り出し方
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

元柔道家・篠原信一、元フィギュア選手・織田信成はなぜ人気? “タレント”なる芸能界最大の「副業」の謎

―― 芸能界に属する人たちを分類すると、「俳優」「歌手」「芸人」そして「タレント」となる。

元柔道家・篠原信一、元フィギュア選手・織田信成はなぜ人気? “タレント”なる芸能界最大の「副業」の謎
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

海老蔵、七之助、獅童、愛之助……歌舞伎役者にとって、"芸能人は遊び"という本当のワケ

―― 中村獅童の結婚発表。中村七之助とトリンドル玲奈の交際報道。今年も若手歌舞伎役者の話題は尽きない。そこには歌舞伎界の台所事情が関係している。歌舞伎関係者の話。

海老蔵、七之助、獅童、愛之助……歌舞伎役者にとって、
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

「嫌なら帰れ!」観客がドン引きした沢田研二の“キレっぷり”とアイドルが脱ぐ“仮面”の価値

―― コンサートで観客に向かい「嫌なら帰れ!」と怒った【沢田研二】の話が話題になっている。

「嫌なら帰れ!」観客がドン引きした沢田研二の“キレっぷり”とアイドルが脱ぐ“仮面”の価値
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

ジャニーズ副社長が公にしたSMAPへの苦言と芸能界への余波

―― 「男性アイドル帝国」と評されるジャニーズ事務所の女帝・メリー喜多川副社長が「週刊文春」(1月29日号)のインタビューに答えた話が業界にも大きな波紋を広げている。

ジャニーズ副社長が公にしたSMAPへの苦言と芸能界への余波
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

芸能マスコミの「ここだけの話」は疑ってかかれ! 芸能プロと芸能記者の仁義なき“仮面蜜月”の理由

―― 芸能マスコミは「抜いた。抜かれた」でシノギを削っている。例えば、元旦に日刊スポーツがスクープした「綾瀬はるか・松坂桃李」の熱愛。ライバル紙は「抜かれた」と思いながらも、内情を探るのがマスコミ人の常。

芸能マスコミの「ここだけの話」は疑ってかかれ! 芸能プロと芸能記者の仁義なき“仮面蜜月”の理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

三船敏郎の因縁か――?【高橋ジョージ&三船美佳】仲が悪すぎたおしどり夫婦戦略の誤算

―― 高橋ジョージ・三船美佳夫婦が離婚危機にあるという。かつては「おしどり夫婦」と呼ばれテレビに二人で出ることも多かった。彼らの離婚情報を総合すると、離婚したい妻と離婚したくない夫の構図。当然、こういう場合...

三船敏郎の因縁か――?【高橋ジョージ&三船美佳】仲が悪すぎたおしどり夫婦戦略の誤算
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

綾瀬はるか熱愛の真贋——スポーツ紙スクープと週刊誌スクープの“差”とは?

―― スポーツ紙と週刊誌のスクープは根本的に違う。それを改めて痛感したのが、元旦発行の日刊スポーツに載った「綾瀬はるか・松坂桃李」の熱愛記事。

綾瀬はるか熱愛の真贋——スポーツ紙スクープと週刊誌スクープの“差”とは?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

『LEON』の元編集長の枕接待裁判に見るモデル、キャンギャル、ミスキャンらが“身体を売る”本当の理由

―― 雑誌編集長とモデルの間で訴訟合戦が始まっている。「男性誌『LEON』の元編集長でいかにも“ちょい悪オヤジ”の岸田一郎氏が二十代のモデルに対して“東京ガールズコレクションに出してやる”と肉体関係を強要し...

『LEON』の元編集長の枕接待裁判に見るモデル、キャンギャル、ミスキャンらが“身体を売る”本当の理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

中森明菜、松田聖子——80年代の歌姫再ブームと“紅白に呼ばれた”理由

―― 紅白歌合戦に中森明菜が出場した。公の場から姿を消して4年経った今でも、中森明菜の歌は売れている。本人不在のまま歌が売れるケースは珍しい。過去を紐解けば、「結婚・引退」した山口百恵さん。夫の死後、芸能界...

中森明菜、松田聖子——80年代の歌姫再ブームと“紅白に呼ばれた”理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

芸能マスコミ年末の定番企画“あの人は今”の裏にある悲喜交交

―― お盆やお正月に週刊誌に登場するのが「あの人は今」なる企画。今やお馴染、雑誌やテレビ番組にとっては風物詩といっても過言ではない。

芸能マスコミ年末の定番企画“あの人は今”の裏にある悲喜交交
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

高倉健、菅原文太、2014年11月に急逝した二大巨頭らが見せた銀座の伝説

―― 014年11月、高倉健さんに続き菅原文太さんも亡くなった。同じ東映出身のスターだった二人だが、生き方は対照的だった。

高倉健、菅原文太、2014年11月に急逝した二大巨頭らが見せた銀座の伝説
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

高級中華料理店のオーナーが鍵を握っている? 高倉健の急逝で芸能マスコミが勘ぐる“高額遺産騒動”の行方

―― 芸能メディアで報じられるものには大きく分けて二つある。メディアが自らの取材で得た情報に基づいて記事にするものと、芸能界から発せられる情報による記事。

高級中華料理店のオーナーが鍵を握っている? 高倉健の急逝で芸能マスコミが勘ぐる“高額遺産騒動”の行方
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

“お妾さん”から“枕営業”へ――芸能界で鉄板の下半身を使った営業力

―― 昔、老舗の高級クラブのオーナーママのホステスの訓示を聞かせてもらったことがある。「あなた方はプロとしてこの道に入ってきたのですから、みなさんが持っている“子宮”を、子供を産むためのものと思っちゃダメよ...

“お妾さん”から“枕営業”へ――芸能界で鉄板の下半身を使った営業力
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

布川敏和の直撃は「ゴミの日の八時頃」? 暴力団の名前を出し恫喝する“独占直撃”の悲喜交交

―― テレビ、新聞、雑誌を問わず「独占」という言葉を使うケースが多い。文字通り「独り占め」を意味するのだが、本来、渦中の人の単独インタビューなどに成功した場合など誰が見てもスクープした時に使う。

布川敏和の直撃は「ゴミの日の八時頃」? 暴力団の名前を出し恫喝する“独占直撃”の悲喜交交
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

『田原俊彦&中山美穂』から『ウーマン村本&ベッキー』まで! 芸能界“女尊男卑”社内恋愛だらけの野放し状態の変遷

―― 芸人とタレントの熱愛報道がしきりに伝えられている。“バイきんぐ”の小峠英二とタレントの坂口杏里。そして、スキャンダル処女と呼ばれて久しいタレントのベッキーが“ウーマンラッシュアワー”の村本大輔との熱愛...

『田原俊彦&中山美穂』から『ウーマン村本&ベッキー』まで! 芸能界“女尊男卑”社内恋愛だらけの野放し状態の変遷
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

戦略的離婚が影響した“高倉健という男の生きざま”と熱愛報道が出なかった本当の理由

―― 高倉健さんが亡くなった(享年・83)。「健さんはいつも不死身。どんなに切られても死なない。死ぬはずがないと思っていた」と真顔で語るファンもいる。スクリーンで観る健さんの役柄と被らせていたからである。

戦略的離婚が影響した“高倉健という男の生きざま”と熱愛報道が出なかった本当の理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

吉永小百合と高倉健——芸能トップ記者が見た国民的映画俳優の栄枯盛衰

―― 先日、映画俳優の高倉健が急逝した。追悼記事では、国民的俳優と女優である高倉健と吉永小百合の競演や対談が多く放映された。

吉永小百合と高倉健——芸能トップ記者が見た国民的映画俳優の栄枯盛衰
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

NEWS山下智久の事件は氷山の一角!? 黒人ボディーガードを私費で雇う芸能人たちの苦労

―― ジャニーズの山下智久が神妙な顏で謝罪した。ダークスーツに違和感を覚えるが、ダークスーツは謝罪の定番スタイル。中身はともかく謝罪は格好からである。これにて一件落着となった。

NEWS山下智久の事件は氷山の一角!? 黒人ボディーガードを私費で雇う芸能人たちの苦労
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』