サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 元SMAP3人を操る凄腕女マネージャーの野望
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

飯島三智氏反撃開始か!? 元SMAP3人を操る凄腕女マネージャーのシナリオと野望

+お気に入りに追加
元SMAP3人を操る凄腕女マネージャーの野望の画像1

 マネージャー兼事務所の代表である飯島三智氏(59)が仕掛けた元SMAP3人の「72時間ホンネテレビ」は表向きには成功したが、課題はこれから。いつどういう形で地上波に進出するかである。

「ネットの世界で3人がどんなに活躍しようと、ジャニーズにとってネットの世界はマイナーと思っている。メジャーである地上波に進出してきてからが本当の勝負。それが飯島氏にできるかどうかが今後を占う意味で大事になる」(テレビ関係者)

 言い換えればメジャーとマイナーリーグの違い。飯島氏がメジャーに進出して初めて本当の勝負の場となる。それは今後最大のライバルとなるジャニーズ事務所の継承者のメリー喜多川氏の長女・藤島ジュリー景子(51)とのサバイバルへとつながっている。芸能関係者が話す。

「ジャニーズ事務所はジャニー喜多川と姉のメリー氏で創設され、アイドル王国を作った。だが、2人とも高齢。後を継ぐのはジュリー氏が既定路線。飯島氏はその手腕を買われながら、メリー氏から後継ぎはジュリーと名言されてしまい、“週刊文春”誌上で散々、こき下ろされた。その恨みは大きい。飯島氏にとってジュリーは天敵。彼女を倒すことで恨みを晴らすことになる。その為には地上波という同じ土俵でジャニーズ事務所を上回る実績を上げなければならない」

 飯島氏の戦いはジャニーズ事務所に対してまだジャブぐらいの効き目しかない。今後は地上波への進出を狙うわけだが、問題は受け皿となるテレビ局の動向。

「今、飯島氏と組んで3人を使えば、ジャニーズからの目に見えない圧力がかかるのは必定。ジャニーズは嵐を筆頭に人気タレントを数多く抱えており、元SMAP3人だけしか抱えていない飯島氏には苦しい状況。両者を秤にかければ、どちらを取るかは一目瞭然。テレビ局側も3人を取ることでジャニーズのすべてのタレントを失う可能性がある。今はどこの局もジャニーズに一目置くのが自然の流れ」

 他の事務所のタレントの動向も然り。

「3人がどんな番組をやるにしても共演者は必要。今回のネットテレビで100人を超える有名人が協力しましたが、大半は市川海老蔵や矢沢永吉といった今後ジャニーズと共演する可能性の薄い人。ジャニーズとも飯島氏とも敵でも味方でもない人ばかりという無難な人ばかりが参加していた」

 確かに、かつて3人とドラマやバラエテイーで共演したような女優や芸人はいなかった。某芸能プロ幹部が話す。

「どの事務所も元SMAPに協力してジャニーズとの間に確執を起こしたくないのが本音でしょう。あくまでもジャニーズと元ジャニーズの間の争い。余計な喧嘩に巻き込まれることはしたくない。対岸の火事として先行きを見守るだけ。雌雄が決したところで結論を出すのがベストと考えている」

 受け皿となるテレビ局と共演者が揃ってやっと地上波への進出は可能となるが、今のところ敷居は高い。飯島氏も現実を把握しているのか、すでに中国などアジアへの進出も視野に入れていると言われるなど、今後の展開は不透明。ただし、20年の東京パラリンピックのスペシャルサポーターに3人の就任が決定した。元々、SMAPとして受けた仕事が解散により宙に浮いたままになっていたのを、3人での参加を決めた。

「五輪の話は飯島氏が決めた案件。今後、どうするかは窓口の飯島氏に決定権がある。当然、ジャニーズ事務所に残った木村拓哉と中居正広の参加はない」(芸能関係者)という。しかし、政府の仕事を受けたことでイメージはよくなるが、地上波進出とは別問題。むしろ、3人の今後を不安視する声も囁かれ出している。

「いまだに3人はSMAP時代の人気が頼り。役者としてタレントとしての実力で人気があるわけではない。人気ほど不安定な物はない。肝心の人気が落ちたら、今後の3人はピンチになるのは必定。今は人気があることをアピールし続けるしかない。だから、SNSやブログなどありとあらゆるネット活動で人気を維持するしかない。新しいネタを提供して、その話題をスポーツ紙で報じてくれないとマイナー活動に過ぎなくなってしまう。すでに地上波のワイドショーは3人の活動する様子は報じない。頼れるのはスポーツ紙だけというのが現状です」

 草彅剛と稲垣吾郎は43歳。香取慎吾も40歳。アイドル卒業の時期を迎えているというのが現実である。

(敬称略)

二田一比古
1949年生まれ。女性誌・写真誌・男性誌など専属記者を歴任。芸能を中心に40年に渡る記者生活。現在もフリーの芸能ジャーナリストとしてテレビ、週刊誌、新聞で「現場主義」を貫き日々のニュースを追う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』