サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > スーパースター・沢田研二の軌跡
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

内田裕也には頭が上がらない!? 賛否両論のスーパースター沢田研二の軌跡をたどる

+お気に入りに追加
1811_sawada.jpg『沢田研二 in 夜のヒットスタジオ [DVD]』(ユニバーサルミュージック)

 御年70歳。古希を迎えた沢田研二の原点は大阪のライブ喫茶にある。京都で育った沢田は高校までは野球少年だったが、中退してバンドを結成。大阪ミナミにあったライブ喫茶「ナンバ一番」でロックバンドのボーカルとして歌っていたところを、「渡辺プロ(ナベプロ)」にスカウトされた。

「当時は東京から大阪、博多まで全国にスカウトマンが出向き、これという逸材を探していた。特にライブ喫茶は金の卵の宝庫だった」(元大手プロ幹部)

 ナベプロへの橋渡しをしたのはロックンローラー・内田裕也だった。内田の口利きがなければ、今の沢田はなかった。

「見た目と違い男気のある古いタイプの男」と言われる沢田は、義理人情に熱く、芸能人との付き合いをあまりしないが、今でも頭が上がらないのが内田と言われている。

 業界最大手だったナベプロはGS(グループサウンド)ブームに乗り沢田をボーカルにしたザ・タイガースを結成。美男で美声の沢田はたちまちGS界のスターとなった。しかし、GSブームは短く、ザ・タイガースはわずか4年で解散。多くのGSの残党が進路で悩むなか、沢田はソロとして活動。ここからさらに人気はヒートアップ。「ジュリー」時代の到来だった。音楽賞も数々受賞。77年には「勝手にしやがれ」で日本レコード大賞を獲得。生中継したTBSの特番は50%という驚異的な視聴率を叩き出した。

「当時はまだレコード大賞に価値があり、誰もが“今年は誰なの”と関心を寄せていた時代とはいえ、この数字は沢田人気以外のなにものでもない」(元女性誌記者)

 大賞をきっかけに沢田はさらに精力的に歌手活動に挑んだ。「てっぺんをとったら落ちたくないと思うもの。沢田はそれが人一倍強かった」(元レコード会社社員)

 楽曲に合わせメイクや衣装も過激さを増していった。ビジュアル歌手の完成形が沢田と言われ、後輩歌手も大きく影響を受けた。今では当たり前のようにビジュアル系バンドが誕生するようになったが、当時の沢田には「男のくせにお化粧してスケスケの服で歌う。気持ち悪い」と世の主婦層からの反感も少なくなかった。しかし、この批難こそ沢田側が意図していたものだという。

「歌手は反感を持つ敵がいれば、賛同する味方もいて初めてシーソーのようにバランスがとれる。賛否両論が出て騒ぎになることは注目度の高さの証明。“好きでも嫌いでもない”と言われている方が、芸能界で大きな伸びは期待できない」(芸能プロ関係者)

 今回のドタキャン騒動でも「絶対にいけないこと」と非難する人が多いなか、堺正章ら昔から沢田を知る歌手たちからは「沢田らしい。沢田美学を貫き通せばいい」とエールを送る声も出ている。賛否両論。敵も味方もいることが、沢田の原点である。

 しかし、自身の美学を貫きスーパースターとして不動の地位に築いた沢田だが、時代の流れと老いには敵わない。続々と現れる後輩歌手の台頭が沢田を一線から追いやったという。

「同じ事務所からビジュアルを主体としたロック歌手、吉川晃司がデビュー。スタッフも沢田から吉川に力を入れるようになった。沢田は数人のスタッフを連れて静かに事務所を辞めていった」(前出)

 野球界ならいつまでもエースでいられないし、相撲界なら横綱の地位を守り続けることはできない。力のある後輩が出てくれば、逆に居座るほうがみじめ。それも沢田の美学だった。

 一線を退く形になった沢田は他のバンドを結成して音楽活動を続けていったが、次第に晴れやかな舞台からフェイドアウト。ソロコンサートが活動の中心となる。それは「ジュリー」を卒業する瞬間でもあった。

「沢田はジャニーズのような女性ファンしかいないアイドルではない。男性ファンも多くいたスター歌手。ただ、事務所の作戦もあって“ジュリー”を演じていた。歌手だけでなく役者として映画やドラマでも活躍した。そこには自分の意志だけでなく、やらされていた部分もあった。今度は沢田研二として自分一人の力で勝負したくなったのだと思う」(音楽関係者)

 ビジュアル路線を止めることで、体型など美貌の維持も止めた。年相応の体型になり、「今の俺を見たい人だけ見にくればいい」と考え方を変えた。それでもコンサート会場を常にいっぱいにできるのが沢田の凄さ。そんな沢田を支えてきたのが妻で女優の田中裕子(63)である。次回、沢田の私生活を紐解く。

(敬称略)

二田一比古
1949年生まれ。女性誌・写真誌・男性誌など専属記者を歴任。芸能を中心に40年に渡る記者生活。現在もフリーの芸能ジャーナリストとしてテレビ、週刊誌、新聞で「現場主義」を貫き日々のニュースを追う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』