サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 役者としての木村拓哉の行く末
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

木村拓哉、高視聴率でも崖っぷち!? 役者としての行く末を占う

+お気に入りに追加
役者としての木村拓哉の行く末の画像1

 昨年に続き今年も新春ドラマの主演でスタートした木村拓哉(45)。ボディーガード役に扮した「BG~身辺警護人~」(テレ朝系)の初回の視聴率は15.7%と高視聴率発進。しかし、テレ朝関係者は、「これでもギリギリ及第点といったところ。同じ枠で昨年放送した米倉涼子の『ドクターX』に比べれば、5ポイントも落ちる。共演者が豪華なぶんギャラなどで製作費は通常のドラマの倍はかかっている。採算に見合う視聴率を取らないと、次はないでしょう」と手厳しい。

 木村のドラマでは、パイロットや検察官、昨年は医師役と常に「カッコいいキムタク」が優先される。SMAP解散報道から2年。そろそろアイドル卒業が課題と言われるなか、今回はボディーガード。放送前から「カッコいいキムタク」が目に浮かんでいた。

 今やジャニーズ屈指の役者として業界内でも評価の高いV6の岡田准一との決定的な差は「岡田は役になり切れるが、木村はどんな役をやっても、木村拓哉がキムタクを演じているだけ」と言われてしまうことだろう。

 カッコいい木村をさらに盛り立てるのが豪華すぎる共演者たち。初共演になる江口洋介、斎藤工に加え、今が旬の女優・石田ゆり子と主演クラスが顔を揃えた。かつて、長嶋茂雄氏が監督を務めていた時代に、球団が「優勝させなければならない」と外国人選手や他球団の主力選手をお金の力で獲得してきたことを想起させる。その背景には、「木村のドラマ絶対に落とせない」というジャニーズ事務所の強い思いがあるという。

「ジャニーズ事務所に残った木村は、事務所を辞めた元SMAPの3人との間に確執が生まれ、世間に“裏切り者”のレッテルを張られたことで、イメージに傷がついた。事務所としては木村をなんとしても役者として成功させることで、事務所に残った木村が正解だったと、3人や世間に知らしめなければならない。事務所に残ったもう一人である中居はすでに司会者として安定しており、独立しても残ってもタレントとしてやっていけるメドがたつているが、木村の役者としての将来は依然として未知数のまま。不安があるから、万全の体制をとって臨む」(芸能関係者)

 今年は春に映画が公開される。年明けにドラマ、春に映画というのは去年と同じパターンだ。去年は、ドラマは贅沢な共演者の助力もあり、なんとか二桁の視聴率で面目を保った。しかし、主演した時代劇映画「無限の住人」は「血だらけの映画。まるで出血セール」と散々の酷評を受け、興行成績としては失敗に終わった。今年はその二の舞を避けたい。

 さらに今年の主演映画では嵐の二宮和也との共演もある。二宮人気に便乗しようという作戦が透けて見える。

「SMAP時代は嵐など相手にすることはなかったが、今やジャニーズの屋台骨を支えるのは嵐。木村1人の力ではとてもかなわない。結局、二宮人気に便乗して映画ヒットにつなげたいというのが、事務所の本音でしょう」

 一方で、元アイドルはしみじみとこう語る。

「アイドルは事務所に言われたことを忠実に守って実行するだけ。決められた衣装を着せられ、決められた踊りと歌を、決められた場所で披露する。今思えば、アイドルとは自分の意志のないロボットのようなもの。でも売れ出し、年と共に芸能界の経験を積んでいくうちに、自分の意志が出てくる。『こんな歌を歌いたい。あんな仕事もやってみたい』と。ようやく自分の意志が理解されたときが、アイドルからの脱皮なのですが、時すでに遅し。自分の意志で始められた時にはすでに人気はなく、自分の時代が終わっている。ジャニーズを辞めたアイドルの大半が成功しない理由ですよ」

 ビジュアル人気を優先するアイドルと好対照なのが、実力優先のミュージシャンたち。井上陽水、桑田佳祐、小田和正など、日本を代表するミュージシャンたちの名前が浮かぶだろう。ロック界のカリスマ・“XJAPAN”のYOSHIKI(52)が正月のテレビ番組でこんな話をしていた。

「僕は音楽に絶対的な自信を持っていた。衣装もステージ上でのパフォーマンスも誰に指示されることなく、自分たちの好きなようにやってきた。それだけ自分の音楽に自信があった」

 これがアイドルとの決定的な違いである。

 年齢的にも脱アイドルが急務の木村だが、ドラマや映画を観る限り、今年も難しそうな気配が漂っている。

(敬称略)

二田一比古
1949年生まれ。女性誌・写真誌・男性誌など専属記者を歴任。芸能を中心に40年に渡る記者生活。現在もフリーの芸能ジャーナリストとしてテレビ、週刊誌、新聞で「現場主義」を貫き日々のニュースを追う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』