> タブーの検索結果

タブー の検索結果

第1特集
厚労省を巻き込み営利に走る製薬会社【1】

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態

―― ――遺伝子や細胞の解析が進む昨今、これまでのような細胞全体に影響する薬ではなく、病気の患部に直接効く薬が海外では開発されている。だが、これに乗り気ではないのが、製薬会社。もちろん薬でボロ儲けできなくな...

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【3】

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ

―― ――本文中ではプロ野球界とスポーツメーカーの関係を見てきたが、ミズノ社の力が及んでいるのは「教育の一環」たる高校野球はじめ、アマ球界も同様である。学生野球憲章に抵触しようとも宣伝を怠らない同社の努力は...

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【2】

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史

―― ――日本のプロ野球の歴史は、よく飛ぶボールでホームランが量産される時期と、飛ばないボールによる投手戦メインの時期が繰り返されてきた。特に00年代以降は、この2年の統一球問題含め、変更の多い時代だ。ホー...

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【1】

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係

――  統一球問題で揺れたプロ野球2013年シーズンが終わり、14年シーズンが幕を開けた。しかし今年もまたミズノ社製の統一球で反発係数の超過が認められ、開幕早々NPB側が釈明に追われる事態になっている。なぜ...

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【4】

右翼襲撃は過去の話になったのか? 「菊タブー」をめぐるメディアの変化

―― ――皇室にまつわる陰謀論は、現在でもアングラ出版社以外はほとんど取り扱わない。信ぴょう性に関する疑義もあるが、一方で週刊誌などでは皇室報道は盛んになってきているような気も……。菊タブーをめぐるメディア...

右翼襲撃は過去の話になったのか? 「菊タブー」をめぐるメディアの変化
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【3】

俗説? 陰謀? 偽史? 天皇裏面史の数々がここに!皇室陰謀論ブックレビュー

―― ――古代から近現代に至るまで、常にぶ厚い菊のヴェールに閉ざされた皇室の世界。その内部に迫ろうと、数々のジャーナリストや歴史家たちが、天皇に関する自説を展開してきた。落とし胤、すり替え事件、ユダヤ資本や...

俗説? 陰謀? 偽史? 天皇裏面史の数々がここに!皇室陰謀論ブックレビュー
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【2】

トンデモ? それとも真実? 隠された戦後史を検証『日本のいちばん醜い日』

――  数多の資料と、長い年月をかけて書かれた『日本のいちばん醜い日』とはいったいどんな本なのか? ここでは、ディープな政治・経済情報に詳しいジャーナリストの鷲尾香一氏が、この分厚くも中身のつまった同書を...

トンデモ?  それとも真実? 隠された戦後史を検証『日本のいちばん醜い日』
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【1】

明治天皇はすり替えられた別人!? 菊タブーがトンデモ論を生み出す元凶

―― ――皇室報道には過度なタブーがありマスメディアは自粛してきた。しかし、こうした風潮に反して近代皇室の実像を公式ではない資料をもとに果敢に批判・検証している本が、アングラな版元から出版されているのだ。こ...

明治天皇はすり替えられた別人!? 菊タブーがトンデモ論を生み出す元凶
第1特集
経済を操る財閥の正体【3】

財閥も今やアジアの時代へ――国が頼る企業パワー!新興国財閥の光と影

―― ――ここまでは、日本の旧三大財閥と日本経済の歴史を並行して見てきたが、海外では、どのように国家と財閥がつながっているのだろうか?

財閥も今やアジアの時代へ――国が頼る企業パワー!新興国財閥の光と影
第1特集
経済を操る財閥の正体【2】

【三菱、住友、三井】日本経済とともに歩んだ3大財閥年表

―― ――ここでは日本を代表する3大財閥のプロフィールと歴史を簡単に追っていきたい。

【三菱、住友、三井】日本経済とともに歩んだ3大財閥年表
第1特集
経済を操る財閥の正体【1】

日本の旧財閥の形成史から見る「財閥陰謀論」が生まれる理由

―― ――ロスチャイルド、ロックフェラーなどの巨大財閥が陰で世界をコントロールしている……という「財閥陰謀論」は古くから存在している。それは日本の旧財閥も同様だ。そこで取り沙汰された陰謀には、荒唐無稽なもの...

日本の旧財閥の形成史から見る「財閥陰謀論」が生まれる理由
第1特集
タックスヘイヴンの裏事情【2】

武富士、『ハリー・ポッター』、オリンパス……タックスへイヴン事件ファイル

―― ――ヤクザや有名企業もかかわったタックスヘイヴンをめぐる事件。その代表的なものを、ざっとまとめてみた。

武富士、『ハリー・ポッター』、オリンパス……タックスへイヴン事件ファイル
第1特集
タックスヘイヴンの裏事情【1】

ヴァチカン、ケイマン、スイス……ヤクザもIT企業も使うタックスヘイヴンの闇

―― ――タックスへイヴン(租税回避地)は、かつてはマフィアの資金洗浄にも利用された。だが今は、グローバル企業と富裕層の脱税に使われ、世界経済を狂わせている!?

ヴァチカン、ケイマン、スイス……ヤクザもIT企業も使うタックスヘイヴンの闇
第1特集
写真と陰謀論のキケンな関係【2】

独裁者の写真加工、火星写真の人影、サブリミナル広告……修正の裏事情がわかる!? “陰謀写真”ファイル

―― ――政治系、軍事・宇宙系、商業系、社会系と4つのジャンルに分けながら、さまざまな陰謀をめぐるイメージを佐藤健寿氏に解説してもらった。

独裁者の写真加工、火星写真の人影、サブリミナル広告……修正の裏事情がわかる!? “陰謀写真”ファイル
第1特集
写真と陰謀論のキケンな関係【1】

独裁者の肖像、月面着陸、9・11……陰謀と結びつけられた危ない写真たち

――  西郷隆盛と聞いて思い浮かべる顔のイメージがあるが、彼の本当の写真はいまだ確認されていないという。このねじれた現実は何を意味するのか──。そう、陰謀論と写真というメディアはいつも無縁ではなかった。では...

独裁者の肖像、月面着陸、9・11……陰謀と結びつけられた危ない写真たち
第1特集
モー娘。再ブレイクの裏側!【2】

すべては話題作りのために電通さんが考えた!?モー娘。再ブレイクを演出した4つの"仕掛け"

―― ――見事復活を果たしたモーニング娘。。その裏には、涙なしには語れないこれだけのプロモーション戦略があった!

すべては話題作りのために電通さんが考えた!?モー娘。再ブレイクを演出した4つの
第1特集
モー娘。再ブレイクの裏側!【1】

モーニング娘。再ブレイクは実力かそれとも電通の"陰謀"なのか?

―― ――今秋のコンサートツアーで8代目リーダー・道重さゆみの卒業が発表されたモーニング娘。。97年の結成後、一時はトップアイドルとして君臨したが、00年代後半以降長らく低迷期にあった同グループが再ブレイク...

モーニング娘。再ブレイクは実力かそれとも電通の
第1特集
タブー解禁!サイゾー独占インタビュー

【藤井リナ】長き沈黙を破り、真実を告白!ネットを騒がせた幾多のタブーを本人に直撃!

―― れまでテレビやネットなどで、事務所移籍や素行、恋愛にまつわる数々の疑惑が報じられてきた藤井リナ。自身のツイッターやブログでは一切、口を閉ざしてきた彼女だったが、数々の報道は事実だったのか、陰謀だったの...

【藤井リナ】長き沈黙を破り、真実を告白!ネットを騒がせた幾多のタブーを本人に直撃!
第1特集
現代日本人が欲する禁忌メディア

ニッポン人は「禁忌」が大好き!? メディアで絶賛増殖中! 最新版「タブー」の定義

―― ――書籍のタイトルや雑誌メディアにおける「タブー」という語の使用状況の推移、そして著名ジャーナリストが考える「タブー」等々をリサーチすることにより、現代日本人にとっての「タブー」をあぶり出す!

ニッポン人は「禁忌」が大好き!? メディアで絶賛増殖中! 最新版「タブー」の定義
第1特集
天皇制や連合赤軍、脱原発まで容赦なく取り上げる!

発禁、訴訟、右翼の抗議……“タブーな本”を上梓する喧嘩上等、小出版社の強度

―― テレビや新聞など大手メディアが扱えない「タブー破りの本」の中でも、特に訴訟リスクなどが伴うもの、現状では社会問題として話題性が低いものなどは、一般には名の知れない小出版社から発行されることも多い。

発禁、訴訟、右翼の抗議……“タブーな本”を上梓する喧嘩上等、小出版社の強度
第1特集
子どもを恐怖のどん底に陥れる!? ヤバい絵本の愉しみ方【2】

カニバリズム、不幸の連鎖、身体障害者……キケンすぎる絵本の正しい愉しみ方

―― 子どもが想像力の羽を広げる絵本。教育のツールにもなるそれは、健全な物語が描かれていなければならないし、我が子に役立つ教訓が説かれていなければならないと多くの親は思うだろう。

カニバリズム、不幸の連鎖、身体障害者……キケンすぎる絵本の正しい愉しみ方
第1特集
子どもを恐怖のどん底に陥れる!? ヤバい絵本の愉しみ方【1】

『かちかちやま』『不幸な子供』『狂ったお話』一覧で見る古今東西のヤバい絵本たち

―― 『もじゃもじゃペーター』子どもの悪い行いが原因で悲劇が訪れる小話、全10話を収録。火遊びや指しゃぶりなどちょっとした悪癖にもかかわらず、焼け死んだり指を切り落とされたりする大げさな展開は、気の毒に思う...

『かちかちやま』『不幸な子供』『狂ったお話』一覧で見る古今東西のヤバい絵本たち
第1特集
【プレミア限定ロングver.】コンビニの本棚にひそむ「黒い本」の世界を初公開!

危ないコンビニ・タブー本が「タブー」に阻まれ、存続の危機!?

―― ──裏社会や陰謀論や都市伝説など、過激なタブーネタや芸能界のゴシップネタで人気のコンビニ廉価本が、あの芸能事務所からの抗議で、危機的状況に! 彼らの前に立ちはだかる最大のタブーとは?(編集部オススメの...

危ないコンビニ・タブー本が「タブー」に阻まれ、存続の危機!?
第1特集
焚書も覚悟!? なタブー破りの本

心もアツくさせる真夏のブックガイド 2012年度版「タブー破りの本」楽しみ方のススメ

―― 本誌の愛読者にはもはやおなじみであろう、久々の「タブー破りの本」特集である。これまでにも本誌では、芸能界、宗教、政治、右翼左翼、皇室……と、さまざま世にはびこるタブーに挑んだ本と、そうした本を取り巻く...

心もアツくさせる真夏のブックガイド 2012年度版「タブー破りの本」楽しみ方のススメ
第1特集
お笑い界のタブー!? 吉本興業"芸人縦社会"の功罪【2】

芸人にとって、 "おいしい"事務所とは?

――  ここまでで触れたように、吉本興業以外にも多くのお笑い芸能プロが乱立しているが、...

芸人にとって、
第1特集
お笑い界のタブー!? 吉本興業"芸人縦社会"の功罪【1】

非吉本芸人の台頭の裏にあるお笑い界のタブーとは?

―― ──お笑いブームと呼ばれて久しい現在において、その中心に存在するのはエンタメコン...

非吉本芸人の台頭の裏にあるお笑い界のタブーとは?
第1特集
発禁の問題作から名作のオマージュまで

不安定でいびつな少女像を映す タブーな海外美少女写真集

―― 【1】『Presumed Innocence:Photographic Pers...

不安定でいびつな少女像を映す タブーな海外美少女写真集
第1特集
雑誌の表紙も、タレントのプロフィールも、謝罪会見も「ネットはダメ!」

ジャニーズ"肖像権タブー"の正体 ネットNGの理由を代理人に直撃!!

―― ――いまや、テレビ以上の影響力をもつことがあるインターネット。特に若年層にとって...

ジャニーズ
第1特集
最強外食産業マクドナルドの功罪【1】

肩書きだけの管理職......労働環境を悪化させた体制の罪

―― 管理職にあるのは、権限ではなく責任。成果主義は新たな問題点を生むことも――。 ─...

肩書きだけの管理職......労働環境を悪化させた体制の罪
第1特集
最強外食産業マクドナルドの功罪【2】

スタッフのモチベーションに注力......経営陣による業績回復を高く評価

――  最近では、不況下の「勝ち組企業」として取り上げられることの多い、日本マクドナル...

スタッフのモチベーションに注力......経営陣による業績回復を高く評価
第1特集
"オトク"な刑罰はどっちなの? 禁断の"死刑の経済学"入門【4】

元刑務官・坂本敏夫氏インタビュー「死刑囚の処遇は、大きな負担だった」

―― ──まず、刑務官として27年間、無期懲役受刑者や死刑囚と接して、強く感じたことは...

元刑務官・坂本敏夫氏インタビュー「死刑囚の処遇は、大きな負担だった」
第1特集
"オトク"な刑罰はどっちなの? 禁断の"死刑の経済学"入門【3】

法社会学者の提言 日本に終身刑を導入すれば、超高コスト刑務所が誕生する!!

―― ――死刑・無期懲役刑のコストについて、そして一部識者によって叫ばれている「死刑廃...

法社会学者の提言 日本に終身刑を導入すれば、超高コスト刑務所が誕生する!!
第1特集
"オトク"な刑罰はどっちなの? 禁断の"死刑の経済学"入門【2】

死刑と無期懲役刑を徹底比較! 執行までの"お値段"教えます!!

―― 日本において最も重い刑罰・死刑と、その次に重い無期懲役刑。その維持・執行にかかる...

死刑と無期懲役刑を徹底比較! 執行までの
第1特集
テポドン、愛国心、国防の備え 自衛官が語る"国への思い"【3】

おネエちゃん遊びも上官が指導!「仕事がないから自衛官になりました」

―― ――自衛官の生活は、"民間"とどれくらい異なっているのだろうか? 入隊から恋愛事...

おネエちゃん遊びも上官が指導!「仕事がないから自衛官になりました」
第1特集
テポドン、愛国心、国防の備え 自衛官が語る"国への思い"【4】

自衛隊オフィシャルマガジン「MAMOR」編集長が見た"自衛隊の真価"

――  ――なんだかいまいち外側からは実態が見えにくい自衛隊。それは当事者たる彼らから...

自衛隊オフィシャルマガジン「MAMOR」編集長が見た
第1特集
テポドン、愛国心、国防の備え 自衛官が語る"国への思い"【2】

軍事ジャーナリスト・清谷信一が見た「ここがヘンだよ自衛隊」

―― ――軍事ジャーナリスト・清谷信一氏が、ズバッと指摘! 長年自衛隊をウォッチし、か...

軍事ジャーナリスト・清谷信一が見た「ここがヘンだよ自衛隊」
第1特集
田母神元航空幕僚長の主張って、実際どうなの!?

テポドン、愛国心、国防の備え 自衛官が語る"国への思い"【1】

―― ――世界に類を見ない"妙な軍隊"自衛隊は、昨秋の田母神騒動のように、何かあればす...

テポドン、愛国心、国防の備え 自衛官が語る
第1特集
人権と差別表現のタブー 『ちびくろサンボ』を殺したのは誰だ?【3】

法学者が憂う"人権"拡大解釈の陰に隠される、真の弱者

――  当たり前のように使用されている「人権」という概念だが、はたしてこの言葉は、今の...

法学者が憂う
第1特集
人権と差別表現のタブー 『ちびくろサンボ』を殺したのは誰だ?【2】

"てんかん""黒人差別"ほか 絶版・回収騒動の当事者3団体を直撃!

――  マスメディアと各種団体の事件史から、3つの事件をピックアップし、団体側を直撃取...

第1特集
マスメディアに一石を投じる言論問題

人権と差別表現のタブー 『ちびくろサンボ』を殺したのは誰だ?【1】

――  マスメディアがその活動において最も気を使うのは、差別的とされる表現や、人権侵害...

人権と差別表現のタブー 『ちびくろサンボ』を殺したのは誰だ?【1】
第1特集
死刑と無期懲役と終身刑......"コスト"で眺めてみると、どーなるの?

"オトク"な刑罰はどっちなの? 禁断の"死刑の経済学"入門【1】

―― 約3000名の刑事被告人や死刑囚を収容可能だという、東京・小菅にある東京拘置所。...

第1特集
評論家・小谷野敦が、ヒステリックな「嫌煙社会」に警鐘を鳴らす!

禁煙ファシズムを加速させるマスコミとJRは人殺し!?

―― ――4月から始まった首都圏のJR各駅での全面禁煙など、ここ数年のタバコをめぐる規...

禁煙ファシズムを加速させるマスコミとJRは人殺し!?
第1特集
悪評飛び交う作者の行状

ベストセラーに持ち上がった盗用疑惑? 『最後のパレード』回収騒動

―― 『最後のパレード』ディズニーで起こった感動エピソードをまとめた本書だが、そのほと...

ベストセラーに持ち上がった盗用疑惑? 『最後のパレード』回収騒動
第1特集
不条理な立ち退き請求に1万人が反発!

ここにもJRタブーが!? 「ルミネVSベルク」のその後

―― 新宿駅東口改札で出てすぐにある「ベルク」。店内は常時混雑状態。  本誌08年11...

ここにもJRタブーが!? 「ルミネVSベルク」のその後
第1特集
女性皇族が抱えたモンダイと"確執"そして"諍い"の50年史【2】

皇室ウォッチャー辛酸なめ子が予言する「次世代のカリスマは誰?」

―― ――美智子さまの人気を引き継ぐのは誰? 皇室ウォッチャー辛酸なめ子が、明日の皇...

皇室ウォッチャー辛酸なめ子が予言する「次世代のカリスマは誰?」
第1特集
モザイクなし、シナリオなし......

精神科診療所の内部にカメラを入れた映画監督の挑戦

―― そうだ・かずひろ 1970年、栃木県生まれ。93年よりニューヨーク在住。観察映画...

精神科診療所の内部にカメラを入れた映画監督の挑戦
第1特集
皇室研究家の提言――嫁姑問題は昭和以前から継承された?

女性皇族が抱えたモンダイと"確執"そして"諍い"の50年史【1】

――  ご成婚50周年の祝賀ムードにあふれている皇室報道。もちろん話題の中心は美智子皇...

女性皇族が抱えたモンダイと
第1特集
ドラマ界を仕切る新しい勢力

ケイダッシュに喧嘩を売る研音の禁じ手と好調ぶり

―― 事務所ナイショ結婚なのに、なぜか男を上げた水嶋ヒロと絢香。  ジャニーズ事務所、...

ケイダッシュに喧嘩を売る研音の禁じ手と好調ぶり
第1特集
原稿料暴露、編集者との確執......今、マンガ界は崩壊寸前!?【2】

紙だけでは先がない! ジャンプ五代目編集長・堀江信彦がマンガ騒動を分析!

―― 『シティーハンター』『北斗の拳』を世に送り出し、編集長時代には653万という驚異...

紙だけでは先がない! ジャンプ五代目編集長・堀江信彦がマンガ騒動を分析!
第1特集
「ブラよろ」佐藤秀峰、「ガッシュ」雷句誠......掟破りのマンガ家続出で激変!

原稿料暴露、編集者との確執......今、マンガ界は崩壊寸前!?【1】

―― 右が講談社の『ブラックジャックによろしく』。左が小学館の『新ブラックジャックによ...

原稿料暴露、編集者との確執......今、マンガ界は崩壊寸前!?【1】
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』