サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ネトウヨ芸能人】の危ない系譜

――"ネトウヨ"というワードがすっかり浸透し、ネット上には中国・韓国をヘイトする言葉であふれているわけだが、近年、芸能人がツイッターやブログなどで保守的・ 愛国的・排外的な発言をし、炎上するケースが増えているように思う。そんな彼らを、ここでは"ネトウヨ芸能人"と呼び、そのルーツと変遷を探ってみたい。

netouyo1503s.jpg
『ネトウヨ化する日本』(角川EPUB選書)

 テロ組織・ISILが日本人を拘束、2億ドルの身代金を要求した末に殺害した事件が世界中を震撼させた。しかし、海外の人々が驚いたのは、ISILの残虐さだけでなく、人質を取られた当の日本国民の冷酷さに対してでもあった。CNNやロイターといった欧米のメディアは、日本のソーシャルメディアに散見される「人質2人は危険地帯とわかっていて足を運んだのだから、拘束されても仕方がない。身代金を払う必要はない」といったいわゆる"自己責任論"を日本独特の反応だと分析。また、イギリスのBBCは、デヴィ夫人が自身のブログで、人質のひとりである故・後藤健二の拘束が判明した際、「大・大・大・大迷惑」「いっそ 自決してほしい」と書いたこと、そして、そのエントリーにフェイスブックで1万1000以上(2月10日現在は2万以上)の"いいね!"が付いたことに驚きを隠せない調子で報じた。

 ところで、BBCはデヴィを「極端な意見で知られるテレビタレント」と紹介したが、確かに彼女の意見は"極端"ではあるものの一定の支持を得ているし、人質を揶揄した著名人は彼女ひとりではない。ツイッターでは、タレントのフィフィが「(自分なら)舌噛んで死ぬ」とつぶやき、政治活動家の田母神俊雄は、後藤と、彼の解放を求めて記者会見した母親の名字が違ったことについて「ネットでは在日の方で通名を使っているからだという情報が流れています」「マスコミにも後藤健二さんの経歴なども調べて流して欲しい」などとヘイトスピーチを展開した。

 そこで、田母神が「ネットでは~という情報が流れています」と書いていることは重要で、実際にそうした情報を流していたのは信用に値するメディアやジャーナリストではなく、いわゆる"ネット右翼=ネトウヨ"と呼ばれるネットを拠点とする排外的ナショナリストにすぎない。いわば、デヴィやフィフィ、田母神は、それらネトウヨの偏見を代弁したり拡散したりする広告塔="ネトウヨ芸能人"なのだ。そのような存在はいつ頃から出現し始めたのか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』