サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ネトウヨ芸能人】の危ない系譜

――"ネトウヨ"というワードがすっかり浸透し、ネット上には中国・韓国をヘイトする言葉であふれているわけだが、近年、芸能人がツイッターやブログなどで保守的・ 愛国的・排外的な発言をし、炎上するケースが増えているように思う。そんな彼らを、ここでは"ネトウヨ芸能人"と呼び、そのルーツと変遷を探ってみたい。

netouyo1503s.jpg
『ネトウヨ化する日本』(角川EPUB選書)

 テロ組織・ISILが日本人を拘束、2億ドルの身代金を要求した末に殺害した事件が世界中を震撼させた。しかし、海外の人々が驚いたのは、ISILの残虐さだけでなく、人質を取られた当の日本国民の冷酷さに対してでもあった。CNNやロイターといった欧米のメディアは、日本のソーシャルメディアに散見される「人質2人は危険地帯とわかっていて足を運んだのだから、拘束されても仕方がない。身代金を払う必要はない」といったいわゆる"自己責任論"を日本独特の反応だと分析。また、イギリスのBBCは、デヴィ夫人が自身のブログで、人質のひとりである故・後藤健二の拘束が判明した際、「大・大・大・大迷惑」「いっそ 自決してほしい」と書いたこと、そして、そのエントリーにフェイスブックで1万1000以上(2月10日現在は2万以上)の"いいね!"が付いたことに驚きを隠せない調子で報じた。

 ところで、BBCはデヴィを「極端な意見で知られるテレビタレント」と紹介したが、確かに彼女の意見は"極端"ではあるものの一定の支持を得ているし、人質を揶揄した著名人は彼女ひとりではない。ツイッターでは、タレントのフィフィが「(自分なら)舌噛んで死ぬ」とつぶやき、政治活動家の田母神俊雄は、後藤と、彼の解放を求めて記者会見した母親の名字が違ったことについて「ネットでは在日の方で通名を使っているからだという情報が流れています」「マスコミにも後藤健二さんの経歴なども調べて流して欲しい」などとヘイトスピーチを展開した。

 そこで、田母神が「ネットでは~という情報が流れています」と書いていることは重要で、実際にそうした情報を流していたのは信用に値するメディアやジャーナリストではなく、いわゆる"ネット右翼=ネトウヨ"と呼ばれるネットを拠点とする排外的ナショナリストにすぎない。いわば、デヴィやフィフィ、田母神は、それらネトウヨの偏見を代弁したり拡散したりする広告塔="ネトウヨ芸能人"なのだ。そのような存在はいつ頃から出現し始めたのか。

右傾化した窪塚洋介がネトウヨ芸能人の先駆!?

 ネトウヨが勢力を拡大したのは2002年だといわれる。背景には、日本経済の弱体化に、北朝鮮拉致被害者の帰国、日韓ワールドカップなど、ナショナリズムを煽る事象が重なったことがあるが、同年、そういった潮流を象徴するような映画『凶気の桜』が話題を集めた。原作はヒキタクニオが00年に上梓した小説で、それに感銘を受けた俳優の窪塚洋介が各所に働きかけ、映画化が実現。そのストーリーは、窪塚演じる若きナショナリストが、渋谷でアメリカかぶれのチーマーを狩っているうちに、ヤクザの抗争に巻き込まれるというもの。未見の人は他愛もない作品を想像するだろうし、実際、映画『凶気の桜』の観客層はイケメン俳優や、ラッパーのKダブシャインが手がけた音楽が目当てのティーンエイジャー中心だったが、だからこそ大人たちは、同作の子どもじみた雰囲気に入り混じる素朴なナショナリズムに、まだ形になっていない新勢力の萌芽を感じ、不穏な印象を持ったのだろう。つまり、窪塚洋介こそ時代の無意識を代弁したプレ・ネトウヨ芸能人だったのだ。

 彼は『凶気の桜』の公開記念イベントで、以前はノンポリだったが、01年に映画『GO』で在日韓国人の主人公を演じ、日本人としてのアイデンティティについて考え始めたと語っている。「なんか、"そうか、オレ日本人じゃん"みたいな。オレが生まれて育ってここにいる。ここは日本。だから、やっぱそういうことは無視できないし。オレらだからやれることがある」と。そして、そんな自分探しならぬ自国探しの過程で出会ったのが原作『凶気の桜』と、Kダブシャインだ。また、両者に共通していたのが反米思想。窪塚は言う。「2002年のアメポン【引用者注:『凶気の桜』に出てくる言葉で、アメリカナイズされた日本のこと】が生んだネオトージョー【引用者注:主人公が率いる愚連隊の名前】っていうか、こういうヤツらがいても全然おかしくない時代だし、なんか自分が今立ってる場所とか考えるキッカケになるといいなと思います」。

 ここでは、自分/自国探しの末に見つけたアイデンティティを補強するために、アメリカという敵が設定されているが、この点が窪塚と後のネトウヨとを分かつ原因になる。自分/自国探しの延長としてのナショナリズム、というところまでは一緒だ。だが00年代初頭、ラップでも聴いていない限り、ほとんどの日本人にはアメリカは空気のような存在で、外部に"敵"を求めるなら、存在感を増していた中国、あるいは韓国のほうが手頃だった。かくして、ネトウヨは嫌中・嫌韓、在日外国人に対する排外主義に向かう。一方、窪塚はアメリカの背後のさらに大きな”敵”を求めるように、「東日本大震災は人工地震」「ワクチンにはがんウイルスが混入」といった陰謀論を唱え始める。その意味では、彼はネトウヨ芸能人というより、震災以降、雨後の筍のごとく登場した山本太郎のようなトンデモ芸能人の先駆けだったのかもしれない。

やしきたかじんとネトウヨ人脈のかかわり

 そして、現在に続くネトウヨ芸能人の躍進の舞台となったのが、やはり02年開始の『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)だ。関西の視聴率男・やしきたかじんが司会の同番組は、"関西版『TVタックル』"と呼ばれる討論バラエティだが、ポリティカル・コレクトネスに対する意識が高まり、東京制作の番組が過激さを失い、ネットにお株を奪われる中で、良く言えばタブーを恐れず、悪く言えばデマを垂れ流した。例えば、13年10月20日放送回では、旧皇族の玄孫を売りにするタレント・竹田恒泰が、ネトウヨによる代表的な市民運動団体・在日特権を許さない市民の会(通称・在特会)が繰り返すヘイトスピーチについて、「在特会のおかげで、通名によって犯罪歴を消すことができる在日特権が明らかになった」などと発言。複数の在日韓国人団体から抗議を受け、番組は謝罪した。

 とはいえ、『そこまで言って委員会』がネトウヨを偏重しているわけではなく、パネラーにはリベラルやマイノリティも均等に配分。それでも番組では、自身のフェイスブックでネトウヨ・サイト「保守速報」をシェアする総理大臣・安倍晋三を優待、その縁もあって14年に急逝したたかじんの「偲ぶ会」は安倍が発起人を務めたり、番組に出演していたネトウヨ放送作家・百田尚樹がたかじんの晩年の評伝『殉愛』を手がけたりと、たかじんとネトウヨ人脈のかかわりは深い。また、ネットにアップされている番組についてのコメントを見ると、実際、ネトウヨ層にウケていることがわかるだろう。

 ただし、角岡伸彦氏の著作『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館)によると、たかじんは在日朝鮮人と日本人のハーフである。それは多くの人が知ってはいたが、結局、本人は公にすることなく死んでいった。同書では、たかじんの故郷・大阪西成に住む在日韓国人男性の発言「『僕の半分の血は朝鮮人や』という言葉が一言でもあったら、あの人の株はもっと上がってたんよ。あれだけいろんなことを言うてた人が、一番大切なことを言えんかった。ちゃんちゃらおかしい。でも言えんかったのは、日本社会の病理でもあるんですわ」を引用。彼がルーツに対するコンプレックスから保守化したかどうかはわからない。それでも、「僕自身は右寄りとは意識してないですよ。ただ気がつくとね、正論が右に寄っとんねん」(「Quick Japan」09年10月号、太田出版)という発言にも表れているように、『そこまで言って委員会』が、現代日本の、無自覚に右に寄っていく中で、排外主義を支えてしまっている病理を象徴する番組であるのは間違いないだろう。

 正確に言うと、窪塚が自身の意識を変えたバイブルとして小林よしのりの『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』(98年/幻冬舎)を挙げていたことからもわかるように、ネトウヨやその代弁者であるネトウヨ芸能人が出現する下地をつくったのは、小林や新しい歴史教科書をつくる会が90年代に押し進めた歴史修正主義だ。近年、小林はそれを踏まえて、「愛国心・ナショナリズムは、ネトウヨにとって差別を正当化するための言い訳・隠れ蓑に過ぎない」「心の空洞を埋めるゲームとして、在日を罵倒しているだけ」(14年11月19日のブログより)とネトウヨ批判を行う。ほかにも、保守派が「ネトウヨは真の保守ではない」と主張する是正の動きは各所で起こっている。だが、ネトウヨ芸能人という鏡を覗き込むと、ネトウヨだけでなく、市井の人々が映り込んでいることに気づき、途方に暮れるだろう。ひょっとして、あなたもその鏡に映っていないだろうか?

(文/磯部 涼)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ