サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 週刊誌【張り込み班】現場舞台裏
第1特集
雑誌低迷時代のスクープの作られ方【1】

綾野剛の股間はモザイク多め…山岸舞彩はあわやカーセックス!?【秘】張り込み現場舞台裏

+お気に入りに追加

――売り上げ落ち込む紙メディアだが、「週刊文春」「FRIDAY」をはじめとした写真を押さえたスクープはいまだ健在。日夜、張り込み班のたゆまぬ努力によって、それらは生み出されているのだ。ここでは、そんな各種週刊誌の張り込み班記者が集まり、スクープ写真の現場について語った。

harikomi1505s.jpg
『張り込み日記』(ナナロク社)

[参加者]
A…元週刊誌編集者
B…大手女性誌記者
C…写真誌カメラマン

A タレントや有名人の張り込みをして、スクープ写真をものにする「張り込み写真業界」なんて、数十人しかいない狭い世界だから……バレないかな?

B 身元がバレないように、お互い言葉を濁しつつやりましょう(苦笑)。

A まずは、苦労話からかな。普通の人は張り込み班の実態なんて全然知らないよね。俺らはタレントが出てくるまで30時間車の中で待っているなんていうこともザラだし、飲み会の最中でも、夜中に寝ていても、ネタ元からの電話は絶対に逃せない。その電話を取れるか取れないかだけで、1週間の仕事が決まるからね。

C 最近は張り込み班の「高齢化問題」が深刻になってきている。記者でもカメラマンでも30代ならまだ若手扱い。読者の年齢層も上がっているし、みんな老体に鞭を打って頑張ってるね。

B 彼らはスクープ写真が花盛りだったころからの人も多いから、イケイケだよ。普通、張り込みしているときは記者とカメラマンが2人でずっと一緒に動いているから、男女のペアだと、現場でデキちゃうこともあるよね。僕は残念ながら、そういうのはないけど……。

C あるカメラマンは、張り込みの現場でカーセックスするって有名(笑)。素行はひどいんだけれども、腕がいいから仕事がくるんだ。

B でも、張り込み写真の世界でも、うまいカメラマンと下手なカメラマンには大きな差があるね。うまい人は、しっかりとポジションを取って、芸能人がここを歩くだろうという読みを働かせつつ、誌面に載せたときのイメージも考えて写真を撮れる。熱愛スクープだからといって、写真ならどんなものでもいいわけじゃないんだ。しっかり顔が撮れているか、カメラに顔が向いているかは重要だから、タレントの行動が捉えられないカメラマンは話にならない。

A 張り込みは体力勝負だからね。熱愛写真も撮るのが大変だよね。みんなネタがないネタがないって、ぼやいてるよ。

C 特に最近は芸能事務所の教育が行き届いているせいか、タレントもなかなか隙を見せなくなってしまい、写真を撮るのも大変な世の中になった。彼らが住んでいるのも、セキュリティがガッチガチのタワーマンションばかりだから、ますますやりにくいよね。駐車場が地下にあったりすると、車から降りるところをキャッチするのも至難の業だ。

B かつては、車のナンバーさえわかれば、陸運局で照会して持ち主の名前を割り出せたけど、プライバシー保護の関係で6年くらい前からできなくなったのも、張り込み班にとっては痛い。別の取材とかでテレビ局に入ったら、誰かいないかできるだけチェックするし、街中でも芸能人が乗っていそうな車があれば観察をしてるよ。スモークを張った上にカーテンを引いている車は、ほぼ間違いなく何かあると思って見ている。

C 熱愛スクープだったら、とにかくツー(ツーショット)を撮らないと話にならなかった。ツーだったらすぐに載せられるけど、ピン(1人)なら、もう一週間様子を見てから、ということもしばしば。大物だったらピンの写真を集めただけでも記事にできるけど、タレントのバリューがないとピンでは厳しい。カメラマンとしては、ツーの写真が撮れた時の爽快感はたまらないね。

B そういう意味では、最近だと、北川景子とDAIGOが六本木の書店でキスをしている写真【1】はよかったね。あの書店は芸能人御用達として有名で、過去にも浅野忠信をはじめいろいろな人が写真を押さえられているから、必ずどこかの媒体が張り込んでいるんだ。写真を見たけど、あんなところでイチャイチャしてるなんて「撮ってください」と言っているようなものだよ。

C 逆に、ダウンタウンの浜田雅功がグラビアタレントの吉川麻衣子と不倫密会している写真【2】は、記者が何年も追いかけてようやく撮影できた一枚。彼の周囲をずっと定点観測していて、ようやく苦労が結実したらしいね。

B フリーアナウンサーの山岸舞彩がホッケー選手とイチャイチャしている写真【3】は、別のネタを狙って張って駐車場で待機していたら、たまたま山岸舞彩の乗っている車が真ん前に止まってイチャコラを始めたらしい。彼女も勘がいいから気づかれて移動してしまったそうだけど、ばれなかったらそのままセックスをおっ始めていたんじゃないかっていうくらいエロい雰囲気が漂っていたって聞いたよ。

C でも、そういう脇の甘いタレントは例外で、最近はみんなすごく警戒するようになっている。綾野剛が女遊びが激しいのは有名なのに、最近は全然写真が撮られないね。さまざまな手を使って追いかけているんだけど、いつも逃げられちゃうんだ。

B 綾野は「FRIDAY」(講談社)がいくつか撮っていたよ。立ちション現場を押さえた写真では、モザイクがかかっていたんだけど、実物よりもだいぶ盛ってかけられていたらしい(笑)。

A なんの配慮だ(笑)。あと、誰もが熱愛スクープを押さえたいのはやっぱりジャニーズタレント。話題になるし、売れるからね。でもなかなかガードが堅くて厳しいよね。

B ちょっと前までは、V6の岡田准一と蒼井優みたいな写真【4】を押さえられたんだけど厳しくなりつつあるかな。

C 去年はTOKIOの城島茂が美女をお持ち帰りしたというスキャンダルが報じられたけれど、あれは業界では誰もが知っている話。城島はいつでも撮れるから面白くないし、みんな知ってるからもうバリューがないと思っていたら、意外と読者は知らなかったようだ。

A 若手だと、HKT48の村重杏奈とジャニーズJr.の阿部顕嵐のツーショット【5】や、Hey!Say!JUMPの薮宏太が同棲中というスクープもあった。本人たちは、おそらく自分たちはまだ写真に撮られるレベルじゃないと、高をくくっていたんじゃないかな?

C まぁとにかく、今はネタを撮るのが大変だよ。昔は、広末涼子がタクシーを飛ばして千葉まで無賃乗車した写真【6】なんて伝説的な一枚も撮れたけど。「FRIDAY」は写真週刊誌の代名詞だけあってやっぱりいい写真が多い。

B 「FRIDAY」の車を追いかけると何かあるから、フリーの記者なんかはコバンザメのように後ろをついていったりすることもあるよ。「FRIDAY」は金があるから、確実なネタをつかむと数人のカメラマンを張り込みさせられるんだ。うちをはじめ女性誌は、写真がメインじゃないこともあるから、どこも張り込みの人数が少なくて、どんなにがんばってもひとりしかつけられない。

C 一方で、同じく写真週刊誌の代名詞だった「FLASH」(光文社)は、企画記事のほうに方向転換してしまった。

A 張り込みは人員をいかに割けるか、が勝負だからね。「FLASH」は売り上げが落ちてお金をかけられなくなったのもあって、写真も芸能人のグラビア写真のほうに舵を切ってしまったからね。

B 芸能人の熱愛ネタも文章ものが多くて、もはや写真誌のプライドは感じられない。売り上げもそうとう悪いみたい。

C それは苦しいね。一方で、売れてる週刊誌といえば、スクープを飛ばしまくってる「週刊文春」(文藝春秋)は、取材力は言わずもがなだけども、写真はいまいちなのもあるね。現場がかぶることもたまにあるけど、そんなバレバレのところに車を止めて大丈夫? っていう時もしばしば。最近は写真誌の編集部から記者を引き抜いたりしているようだ。

A でもそれで、かえって距離を詰めた写真が撮れていることもあるんだけどね。

B 「週刊新潮」(新潮社)は、政治家のスクープ写真がさすがだよ。自民党の中川郁子議員と門博文議員のキス写真や、「共産党のアイドル議員」として有名な吉良佳子参院議員の路上キス写真も新潮だった。

A 政治家ではないけど、元理研の小保方晴子氏が雲隠れをしていたのをつかまえて激写【7】したのも新潮だったね。マスクで顔を覆った小保方氏を発見したのは、女性記者だったという話だよ。アイメイクでわかったんだって。あの時は、小保方騒動がいちばんピークの時で、各誌がそれなりの人数を投入していたから、悔しかったな。

B 女性誌といえば、皇室系の写真も大変そうだよね。皇室担当の記者って、皇宮警察に顔バレしていてトイレにまでついてこられるらしい。それを逆手に取って、記者が引きつけておいて、カメラマンが写真を撮るなんていう連携プレイもあるらしいよ。

C とにかく警備が厳しいから、崖によじ登るなんてこともあるらしい。写真が出たあと、宮内庁からどうやって撮ったか、問い合わせがきたりもするそうだ。

A それから、高嶋政伸と美元の離婚訴訟では、裁判資料として美元の浮気を撮影した「女性自身」(光文社)が裁判所に提出されていた。写真誌に携わる人間としては、張り込み写真が法廷で使われるなんてうれしい限りだね(笑)。

C 写真スクープは、その一枚が動かぬ証拠になるからね。絶大な説得力を持つこの仕事は、これからも大事なジャーナリズムといえるだろうね。

(構成/萩原雄太・かもめマシーン)

1505_harikomi_01.jpg

【1】女性セブン[15年3月26日号]
北川景子×DAIGO 堂々すぎる書店チュー!
真剣交際が報じられている北川景子とDAIGO。その2人が六本木の書店内でギュッとハグしたり、マスク越しに熱いキスをする姿を女性セブンがスクープ。周囲の目線も気にせずラブラブな姿を見せつける2人の交際は、ゴールイン間近の証だろう。普段は辛口の女性誌だが、予想の斜め上を行くあっけらかんとした様子には揶揄をする言葉も見つからないのか、祝辞を送っている。


1505_harikomi_02.jpg

【2】FRIDAY [14年6月27日号]
浜田雅功 浜田の不倫で小川菜摘の株が急上昇!
スキャンダルとはほぼ無縁だったダウンタウン・浜田雅功によるグラビアアイドルとの不倫関係をスクープしたこの記事。同じ車に乗り、浜田が事務所として使用している目黒区内の超高級マンションに入っていく姿が写真に収められている。この事実をつかんだ取材班は、浜田の妻、小川菜摘を直撃。吉川との関係を取材班から告げられると「全然いいんじゃないですか。芸の肥やしになれば。彼が女性にモテなくなったら芸人として終わり、モテてる彼が格好いいと思っています」と芸人の妻として満点の回答をし、イメージを急上昇させている。


1505_harikomi_03.jpg

【3】週刊文春 [14年6月12日号]
山岸舞彩 キャスターの肉食系密会
アイスホッケープレイヤーとの密会がスクープされたフリーアナウンサーの山岸舞彩。肉食系キャスターとして知られる彼女は、番組終了後、彼氏とファミレスの駐車場で密会し、およそ1時間におよんで絡みつくような抱擁と熱烈なキスを行っていた。相手の菊池秀治は上海のチームに所属しており、この時はちょうど一時帰国の最中。きっと、山岸の中に溜まっていたものが爆発してしまったのだろう。


1505_harikomi_04.jpg

【4】FRIDAY [08年9月12日号]
岡田准一×蒼井優 ジャニーズの“ツー”は値千金
V6の岡田准一と女優の蒼井優という誰もが羨むビッグカップルがツーショット写真を撮られ、世間を騒然とさせた。相合い傘をしながら、近所のスーパーへと買い物に行く普段着の様子を激写された2人。店内では別々に行動し、買い物が終わってから合流するという手の込んだデートの内容まで明らかになった。しかし、その後2人の破局が報じられ、蒼井はさまざまな男性との浮き名を流すことに……。


1505_harikomi_05.jpg

【5】週刊文春 [14年6月19日号]
村重杏奈(HKT48)×阿部顕嵐(ジャニーズJr.) 恋愛禁止もなんのその!
48グループのスキャンダル奪取に血道を上げる週刊文春によるスクープ。HKT48メンバーの中でも指原莉乃がいちばんのお気に入りとして可愛がっている村重杏奈が、ジャニーズJr.との熱愛をすっぱ抜かれた。お相手は、Sexy Zoneとの共演やドラマ出演などJr.の中でも筆頭の人気を誇る阿部顕嵐。その報道に、双方のファンからは悲鳴にも似たリアクションが……。


1505_harikomi_06.jpg

【6】FRIDAY [01年1月20日号]
広末涼子 広末涼子、奇行の果て……
当時「プッツン女優」として、撮影ドタキャンや突然の号泣といった問題行動を繰り広げていた広末。彼女を張っていたFRIDAYでは、当時交際していた金子賢との密会をスクープ……と思いきや、広末が不可解な行動に。タクシーに乗車した彼女はなぜか千葉の外房に向い、タクシー代を持っておらず、食堂の店員にお金を借りたりと意味不明な行動を連発していた。


1505_harikomi_07.jpg

【7】週刊新潮 [14年4月10日号]
小保方晴子 「雲隠れ」の小保方氏を激写!
STAP細胞の捏造報道がピークを迎えたものの、肝心の小保方晴子博士は会見にも出席せずに「海外逃亡」の噂が流れていた。そんな折に、週刊新潮が神戸で彼女を張り込み直撃取材を敢行! マスクで顔を隠しながらも、ヴィヴィアンウェストウッドの派手なトートバックを持った彼女を直撃すると、「STAP細胞に捏造はない」「大きな力が働いている」と記者に回答し「私が死んでも、STAPの現象は起こります」と言い放っていた。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ