サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > デキレース【日本レコード大賞】への苦言

――昨年で第56回目を迎えた"便宜上"日本最大の音楽賞「輝く! 日本レコード大賞」。視聴率の低下、歌い手の授賞式はおろか、ノミネートまで辞退──。視聴者だけでなく、業界も無関心の音楽の式典を、関心を寄せてもらう音楽賞にするためにも、本誌が一肌脱ぐことを決意!

1503_award_05.jpg
昨年の最優秀新人賞を受賞した西内まりや。業界からは「完膚なきまでの出来レース」と太鼓判を押されて、なんだか気の毒。

 日本の年の瀬の風物詩「輝く!日本レコード大賞」(TBS/以下、レコ大)の存在価値が年々薄れ、世間を無視した音楽業界内の”出来レース”になっていることは、たびたび本誌でも報じてきた。無論、昨年末のレコ大も例年にならい、最優秀新人賞にはエイベックスとライジングが社運をかけたアーティスト(兼・女優)の西内まりやが輝き、EXILEの弟分である三代目 J Soul Brothersが大賞を受賞した。しかも、本誌前月号にて既報の通り、それが発表された同時刻にスポニチが彼らの大賞受賞を知らせるニュースをヤフーに配信、「すでに一部の新聞社は三代目JSBの受賞を知っていた」とヤフトピのコメント欄は荒れに荒れた。もはや、レコ大は出来レースであることを隠す業界の思惑すら面倒がっている状況だ。

 ということで、レコ大に関しては、ある種の愛を持つ本誌が「輝く! サイゾーが選ぶ”本当の”日本レコード大賞」を選出してみた(上図参照)。音楽に対し、利権より愛を持つピュアな音楽関係者の意見を参考にすると、こうもガラッと変わるものなのだ。数年前より業界内から冷めた声しか漏れてこないレコ大への評価だが、本稿を機にレコ大事務局は”本当に輝ける音楽の祭典”を目指していただきたい。早速、冷めた業界関係者の声が届いているので紹介しよう。

「レコ大同様、年末の主要音楽祭である紅白に所属アーティストの出場を打診されたことがありますが、社の方針もあってお断りしました。紅白に出場したことによって、翌年初週の売り上げにつながるという話は理解していますが、今の10~20代、特にクリエイター気質のアーティストにとって、紅白出場の意義というのは必要じゃないんです。ましてやレコ大なんて”ノミネート作品に名を連ねるのも恥ずかしい”というイメージを持っているくらいです。ただ、”テレビに出て有名になりたい!”という新人にとっては、紅白もレコ大も良い舞台ではあると思いますけどね」(大手芸能事務所幹部)

 お次は、レコ大の存在意義の低さを指摘するレコード会社ディレクターの話。

「レコ大で大賞に選ばれることを名誉と思っている人は”まだCDは売れる”と盲信している40代以上の音楽・芸能業界関係者、そして惰性で風物詩を”ながら見”している視聴者だけかと思います。レコード会社の上役がレコ大関係者に接待をすればノミネートしてもらえるという話を聞きますが、そこに予算を割くくらいなら、お金を払ってでも雑誌の表紙を飾ったほうがファンから喜んでもらえる。iTunesのランキングや、YouTubeの再生回数が多いほど、ネットを中心に情報が拡散されるので、そういった時代に見合った成果のほうがプロモーションツールとして機能するんですよ」

 とはいえ、ご存じのように、レコ大は”芸能界のドン”こと、バーニングプロダクションの周防郁雄社長をはじめとする一部の権力者主導で行われているため、業界関係者であれば、そのパワーバランスを確認すべく、行く末を見守らざるを得ない。楽曲やアーティスト云々ではなく、業界内の関係性の縮図であり、誰も触れることのできない聖域的な催しともいえるのだ。しかも、ノミネートの選出や大賞受賞作品の投票は記名で行われるため、新聞社をはじめ、音楽プロデューサー・評論家といった投票権を持つ審査員らは、権力者の意に沿わなければいけないという、がんじがらめの性質も持ち合わせている(※詳しくは下の音楽評論家インタビューを参照)。

 ちなみに無記名投票を実施した94年、バーニング所属で大賞受賞が確実視されていた藤あや子が落選し、Mr.Childrenが大賞に輝くという、バーニング側にとっては予想だにしないハプニングが発生したことも本誌前号にて既報の通り。この時、Mr.Childrenは受賞したものの式には欠席し(大賞受賞者はレコ大出演が前提)、なんともお粗末な放送となってしまったわけだが、その結果、出来レース演出に拍車がかかってしまったのも否めない。また、過去に受賞歴を持つアーティストの担当者いわく、鶴の一声で決まる受賞作の選出にはアーティスト自身が戸惑うことすらあったという。

「私が過去に担当していたアーティストが、ある賞を受賞したとき、『なんで受賞できたの?』と不思議がっていました。確かに、売り上げもそんなによくなかったし、ジャニーズのような国民的アイドルでもなかったので、当事者が不思議がるのも仕方ないですよね。でも、キャリアを積むうちに『ああ、なるほどね』と理解していたようでした」(メジャーレーベル関係者)

 こうした事情もあってか、受賞やノミネートそのものを辞退するアーティストが増えてきているのも、近年のレコ大の悩ましい問題点である。

抜本的改革を起こし名誉ある音楽の祭典に

1503_award_06.jpg
昨年の大賞は三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.」が受賞。大賞受賞者が感極まって大粒の涙を流し、視聴者ももらい泣き……なんていうのも、今や昔の話。なんだか気の毒。

 そもそも1959年に始まったレコ大は、日本作曲家協会の初代会長・古賀政男らがアメリカで前年に開設されたグラミー賞のような音楽賞を日本にも導入したいという思いから作られたもの。グラミーといえば、音楽にまつわる文化やマーケットの発展を目指すアメリカの組織「NARAS」が主催し、組織に属する数千人の会員が受賞作決定に大きく関与している。ひるがえって日本のレコ大は、前述のような”聖域”と成り果てており、「日本でもグラミー賞を」という目的は、一切無視されているといっても過言ではない。”国民的音楽の祭典”の看板を下ろしたレコ大に不足しているものとは?

「レコ大は、言ってしまえば大手芸能事務所の公開忘年会のようなもの。西内まりやも三代目JSBも、その忘年会にお呼ばれして、パフォーマンスを行っておひねりをいただいただけですよ。ましてや視聴率を取れるジャニーズは出演はおろか、ノミネートまで辞退していますし、今や”受賞してもなんの影響を持たない音楽賞”と揶揄されるくらいですから、視聴率回復以前に、抜本的改革が必要だと思います」(メジャーレーベル関係者)

 また、現場に足を運んだ経験のあるレーベル関係者は、レコ大にはグラミー賞のようなきらびやかで威厳ある雰囲気は皆無だという。

「私が初めて音楽賞の授賞式に参加したのは、MTVジャパン主催の『VMAJ』の現場だったんですが、楽屋裏は独特の緊張感がありました。そのときはマライア・キャリーが来日していて、”写真は右側からだけ撮影しろ!”などの指令が飛び交っていたり、『音楽祭にかかわれているんだな』と実感しましたが、レコ大の現場は若干ユルいといいますか、緊張感はあまりない。本番通りのリハーサルをきっちり行うので、放送が始まると(時間が)押してしまわないよう慌ただしい雰囲気はありますが……それはテレビ局の優秀なスタッフのおかげであって、受賞作品とはあまり関係ありませんよね(苦笑)。ちなみに昨年の授賞式のケータリングは、おにぎり(天むす)、サンドイッチ(カツサンド)、味噌汁で、弁当も出ましたが、質は良かったです」

 投票権を持つ者が何千人と存在し、集計は監査法人が担うグラミー賞。一方、内々の話し合いで決まるレコ大は、集計方法どころか公平性すら異なる。テレビ局のスタッフやケータリング同様、質を向上させねばならないのは、もはや明白だ。レコ大の現状を知る関係者が続ける。

「受賞作は早ければ11月後半には決定しているので、放送ギリギリまで選考を重ねたという誠実さに欠ける。投票している新聞記者、音楽プロデューサー・評論家も名は伏せられているし、大賞受賞に賭けている各レコード会社の課長レベルの人間が、いかにその投票権を持つ人間を囲い込むか? が鍵になっているだけ。何年経ってもその投票形式に変化は起きていません」(音楽業界関係者)

 グラミー賞に参加経験のあるレコード会社スタッフは、「授賞式の荘厳さ、緊張感、アーティストのパフォーマンス、どれをとっても圧巻の一言。レコ大と比較するのはグラミーに失礼」とまで言う。確かに、人口数やアーティストの絶対数で考えれば、比較することはナンセンスかもしれない。しかし、細分化著しいJ-POPにおいて、ユーザーのニーズに合わせた部門賞を設けることは、そこまで困難ではないはず。そこに目を向けられないのは、凝り固まった”レコ大の歴史”を無駄に重んじるレコ大事務局の怠慢といっていいだろう。

 設立当初に目指した気持ちを奮い起こし、ネットの発達によって音楽コンテンツのあり方に大きな変化がもたらされている今だからこそ、レコ大には改革の動きが求められている。

(文/田口瑠乙)

謝礼で投票も意のままに操作!?
投票権の裏事情を知る音楽評論家が独白

出来レースと言われ続けるレコ大だが、果たして、その投票はどのように行われているのか? その驚くべき旧態依然の”手法”を暴露してくれた。

 上ではレコ大の歴史や授賞式の改革を提案してきたが、ここでは実際に”審査員が持つ投票権”について詳しく知る音楽評論家に、その内情を聞いた。

 毎年、授賞式にはバーニングとの蜜月関係を結んでいる芸能事務所所属のアーティストの顔が並ぶレコ大だが、”建前上”は、公平性が保たれる合議制によって受賞者やノミネート作品が決定されるという。

「基本的にはスポーツ紙の記者やテレビ局の芸能担当、音楽プロデューサー・評論家から15人程度の審査員が選ばれ、毎年11月からノミネート作品の選考に入ります。昨年は高倉健さんが亡くなったこともあり、審査期間は若干延びたようですが、投票権を持つ者同士が数回の話し合いの場を設けて、12月下旬に最終投票が行われるという形です。西内まりやの受賞然り、近年はもっと早い段階から決まっているとも言われたりしています。

 そもそも合議制とはいえ、会議を主導する長老格のスタッフが、言葉には出さないものの、”大賞はこれで”と誘導してくるので、その空気感に逆らいづらいと聞きます。実際に裏金が動いている雰囲気は否めませんが、この10年くらいは投票権を持つ新聞記者が会議に出席したら、5万円の謝礼が支払われているといわれています。大賞を決定するまでの会議は計4~5回ほど行われるので、最低でも20万円近くの謝礼は受け取っていることになる。

 昨年はネットを中心に話題となった小林幸子を押す声もあがったそうで、新聞記者に至っては、そうしたレコ大の偏った選出・審査に”正義感”を見せた者もいたとか。しかし、長老格たちの反応はヒドく冷めたものだったようです。悪い噂ばかりが先行する音楽賞なんですから、長老たちもその意見に耳を傾けるべきなんですけどね。

 一方、決して収入が安定しているとはいえない音楽プロデューサー・評論家に関しては、新聞記者よりも多くの謝礼を手にしている可能性は大きい。長老の意見に素直に応じれば、謝礼に箔が付くわけですから。しかし、第47回(05年)の審査委員長を務めた阿子島たけし氏の謎の焼死事件以降、ピリピリとした空気があるのは事実で、それ以前と以降では、動くお金の額面も大きく変わったのではないでしょうか。とはいえ、腐ってもレコ大。新人や演歌歌手にとって”レコ大受賞”の看板は地方営業など大きな影響力を持ちます。プロモーションとしてはかなり費用対効果が高い授賞式ですが、ノミネートや受賞作品の選出をオープンにしない限り、今後もレコ大が変わることはないでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ