サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ラップ・フランセ】の過激表現

――風刺週刊紙「シャルリー・エブド」を襲撃したイスラム過激派の一人は、かつてラッパーとして活動していたという。その事実を不可解に思うかもしれないが、フランスにはムスリム系移民らによって育まれた"ラップ・フランセ"というヒップホップ・カルチャーがあるのだ。

1503_islam_13.jpg
【1】映画『憎しみ』のDVD(ジェネオン)【2】『憎しみ』の音楽版『LA HAIN E』(Delabel)【3】Monsieur R「FranSSe」のPV

 フランスで起きたイスラム過激派によるテロ事件。風刺週刊紙「シャルリー・エブド」を襲撃したのはアルジェリア系移民2世の兄弟だ。概論部で述べられているように過酷な少年期を過ごし、弟は一時期ラッパーとしても活動していたというが、実はフランスには"ラップ・フランセ"と呼ばれる国産のヒップホップ文化がある。まずは、その成り立ちを説明しよう。

 戦後の高度成長期、フランスは労働力不足を解消すべく北アフリカや西アフリカなどから大勢の移民を受け入れ、彼らが住む大型団地(シテ)が大都市郊外(バンリュー)に多く建設された。だが、73年の石油危機以降、経済が停滞し、移民の多くが失業。バンリューは不法労働や薬物売買が横行し、スラム化した。そんな場所の移民2世・3世らによってラップ・フランセは育まれたのだ。音楽ライターの鈴木孝弥氏は、こう話す。

「ラップ・フランセは80年代に発展し始めたのですが、ヒップホップが生まれたニューヨークのゲットーとバンリューの環境は通じる部分があるでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』