サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > メディアで増殖を続ける【タブー】が意味するものとは?
第1特集
現代日本人が欲する禁忌メディア

ニッポン人は「禁忌」が大好き!? メディアで絶賛増殖中! 最新版「タブー」の定義

+お気に入りに追加

――書籍のタイトルや雑誌メディアにおける「タブー」という語の使用状況の推移、そして著名ジャーナリストが考える「タブー」等々をリサーチすることにより、現代日本人にとっての「タブー」をあぶり出す!

1311_扉.jpg
(写真/梅川良満)
1311_donyu_01.jpg

タイトルに「タブー」と付く書籍の冊数…
2001年からの10年間で
364冊
■21世紀に入り、芸能、セックス、裏社会ネタが書籍に氾濫
2000年前後を境に、「タブー」と付く書籍の発行が急激に増加。出版社別に見ると全907件のうち宝島社が77件、ミリオン出版が59件で他の出版社に比べ群を抜いている。宝島社はムック「別冊宝島」の「誰も書けなかった日本のタブー」シリーズのほか、パチンコ業界、プロ野球、刑務所、日本史などに関するタブー本がある。ミリオン出版は、「BLACKザ・タブー」シリーズを中心に芸能界、セックス、裏社会に関するタブー本を多く出版している。


1311_donyu_02.jpg

タイトルに「タブー」が含まれる雑誌記事の数…
2012年からだけで
61冊
■雑誌でも00年代以降「タブー」がインフレ傾向
「タブー」という語がタイトルに含まれる雑誌記事も、90年代後半から少しずつ増え、00年代に一気に増加。12年の件数は10年前の02年の2.4倍に上る。かつては「タブーに挑戦! テレビが100倍楽しくなる芸能界『禿』紳士録」(「週刊現代」95年6月24日号)という企画が記事として成り立つような牧歌的な雰囲気だった。記事中、カツラ疑惑のあるタレントをイニシャルで表記しているが、今はその程度のネタならネットでいくらでも出回っている。


1311_donyu_03.jpg

媒体別、タイトルに「タブー」が含まれる記事の掲載件数…
月刊サイゾーはなんと
473件
■かつての「タブー」もいまでは一般常識に
「週刊プレイボーイ」の件数が多いのは、「タブーなきサッカー批評! セルジオ越後の一蹴両断!」という320回を超える長寿連載があるから。かつてタブーを暴く雑誌として知られた「噂の眞相」は92年9月号で「ジャニーズ事務所のタブー」としてジャニー喜多川氏の素顔写真を掲載。だがその後、小誌や他のメディアもジャニー氏の写真を掲載し、11年にジャニー氏自らポートレイトを解禁した。かつてはタブーでも今はそうではないということは、よくある話。


1311_donyu_04.jpg

「タブー」とAND検索したときにヒット数が多かった主な語…
日本+タブーで
1139件
■AKBタブーはメディアの創作物!?
芸能界のタブーが、需要も供給も多いようだ。「70年代は「菊タブー」(皇室タブー)、「鶴タブー」(創価学会タブー)、「電通タブー」が厳然としてありました。菊タブーは今もありますが、鶴も電通も昔ほどの力はなくなり、タブー感はだいぶ薄れています。その代わり最近は、メディアが自らタブーを作り出しているように思います。典型的なのはジャニーズやAKBタブー。『事務所がうるさいから、グラビアを掲載させてもらうためには仕方ないから』と自主規制してしまうことで、多くをタブーにしてしまっていいる」と元木氏。




「タブー」を扱った記事は、00年前後から急増している。その頃を境に、メディアを取り巻く環境は大きく変化した。「FRIDAY」「週刊現代」(講談社)などの編集長を歴任し、数々のタブーに挑戦してきた元木昌彦氏は次のように語る。

「00年以降、メディアの名誉毀損裁判の賠償金額が高騰しました。たとえば01年、清原和博氏が『週刊ポスト』(小学館)を名誉毀損で訴えた裁判では、東京地裁は1000万円もの賠償を命じました。控訴審で600万円に減額されましたが、それでも以前の数十万~100万円程度に比べて高額です。07年に『週刊現代』が大相撲の八百長問題を報じ、当時の横綱・朝青龍を含む力士30人と日本相撲協会から訴えられた裁判では、高裁で3960万円の賠償金が確定しました(後に週刊現代が北の湖元理事長らを詐欺罪で警視庁に告訴)。さらに、03年には個人情報保護法が成立する(05年に全面施行)など、雑誌にとって厳しい状況になりました」

 その一方で、インターネットの人口普及率は、01年の46.3%から02年には57.8%と増加。99年に開設された巨大掲示板「2ちゃんねる」の利用者数は03年には770万人(推定)となる。こうした数字は、人々がより過激な情報を求めるようになったことの証左なのかもしれない。こうした状況に呼応してか、「タブーを暴いてほしい」という読者の声の高まりと、表現の自由を規制する動きとの板挟みの中で、00年以降タブーを扱う記事は増加したのである。

 だが、いつの時代もタブーに挑戦することが危険であることに変わりはない。

「95年、オウム真理教事件で逮捕された麻原彰晃の供述調書を『週刊現代』に全文掲載した際は、メンツをつぶされた東京地検が麻原に私を告訴させ、講談社の経理にガサ入れしようとしたり私を逮捕しようとしたりした。最終的に仕方なく供述書のコピーを渡しましたが、検察はどんな汚い手も使ってくることを知りました。危険な目に遭っても、新聞やテレビができないことをするのが雑誌の役割。新聞社も麻原の調書を入手していたようですが、掲載できっこない。掲載すれば記者クラブ除名どころじゃ済まないですから」(元木氏)

 本特集でも、芸能界、スポーツ界、在日朝鮮人、被差別部落、そして暴力団など各分野のタブーを紹介している。ここで掲載することにより、明日にはもうタブーがタブーでなくなっているかもしれない。そうやってタブーに挑戦し、風穴を開けることこそが、雑誌の使命なのである。

(文/安楽由紀子)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ