> アメリカの検索結果

アメリカ の検索結果

連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第70回

ギャングと犯罪のるつぼ アメリカの小さな戦場

――  アメリカ最悪の危険地帯であるサウス・セントラルを舞台に、メキシコ麻薬カルテルの秘密を知ってしまった2人の警官に迫り来る脅威との戦いを描く。撮影にはデジカムや車載カメラを採用し、よりリアルで臨場感のあ...

ギャングと犯罪のるつぼ アメリカの小さな戦場
第1特集
現代プロパガンダと音楽の危険な関係【2】

この曲が流れたら洗脳されてるかも? 独断で厳選! これが現代プロパガンダ音楽か!?

―― ──現代でも政治的意図で使用されるポップミュージック。ここでは、その中で政府が利用したポップチューン(!?)と思われるものをピックアップした。

この曲が流れたら洗脳されてるかも? 独断で厳選! これが現代プロパガンダ音楽か!?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第69回

原子力に代わるエネルギー シェール・ガス革命の陥穽

――  高すぎる石油価格のために航空会社は経営難にあえぎ、その石油産出量もすでにピークを越えて、あとは枯渇に向けて減少の一途。頼みの綱の原子力の安全神話も崩壊した今、シェール・ガス革命に世界の期待がかかって...

原子力に代わるエネルギー シェール・ガス革命の陥穽
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第68回

ひとりの黒人野球選手はただ差別に耐え続けた

―― 4月15日、メジャー・リーグの各球場で、選手たちがみんな背番号42のユニフォームを着た。1947年のこの日、メジャー・リーグで初めてアフリカ系の選手ジャッキー・ロビンソンが公式試合に出た。その50年後...

ひとりの黒人野球選手はただ差別に耐え続けた
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第67回

エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い

―― 「もう死ぬんだと思った」1985年、ウォール街で債券のトレーダーをしていたピーター・ステイリー(当時24歳)は、HIVポジティブと診断された。ゲイであることは秘密にしていたので、誰にも相談できなかった...

エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.08

マライアに踏まれたアイツは空の絶対王者!? タッチパネルで操作する米軍戦闘機の今

―― 軍事大国・アメリカが莫大なお金と時間をかけて開発する戦闘機。ここではあえて「戦闘機業界」と的を絞って、その最先端事情を追ってみたい。しかも、今回「戦闘機業界」を分析するのは、ブラックミュージックの専門...

マライアに踏まれたアイツは空の絶対王者!? タッチパネルで操作する米軍戦闘機の今
第1特集
海外セレブの投資マネー

ウィル・スミスもジャスティン・ビーバーも! シリコンバレーを支える海外セレブの投資マネー

―― アメリカ・シリコンバレーを中心に、いま世界のあちこちでスタートアップ企業が新しいウェブサービスをリリースしている。成功するもの、ダメになるものさまざまあるが、そうした新しいものを生み出す文化を支えてい...

ウィル・スミスもジャスティン・ビーバーも! シリコンバレーを支える海外セレブの投資マネー
第1特集
アメリカのショービズ界の裏側がわかる本【2】

未邦訳! 「bmr」編集長が選ぶ アメリカ出版界が生んだ奇跡のバカ本たち

―― ここでは、3つのジャンル、それぞれの一番脂っこいエピソードをご紹介しよう。新鮮なネタから裏メニューまで揃ってます! らっしゃ~い!!

未邦訳! 「bmr」編集長が選ぶ アメリカ出版界が生んだ奇跡のバカ本たち
第1特集
アメリカのショービズ界の裏側がわかる本【1】

同性愛、人種問題、オカルト団体…マヌケ大国アメリカの〈裏〉ショービズ界

―― アメリカのショービジネスは、日本と規模も違えば、そのマヌケ度のスケールもデカい! “聖と性の伝道師”ことR&Bのトップシンガー、R・ケリー自伝の必笑エピソードから、オカルト宗教団体による、あの有名俳優...

同性愛、人種問題、オカルト団体…マヌケ大国アメリカの〈裏〉ショービズ界
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第66回

軍隊内で広がるレイプ 黙殺され続けたその実態

―― 2005年、ミシガン州ベイシティの沿岸警備隊基地。アメリカの沿岸警備隊は、陸軍、海軍、空軍、海兵隊に次ぐ5番目の軍隊と呼ばれ、海外出兵もある。入隊して間もない19歳の女性隊員コリー・チオカは、夜中の3...

軍隊内で広がるレイプ 黙殺され続けたその実態
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第65回

黒人の人権派が大激怒!? 奴隷制犠牲者の復讐劇

―― クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は、南北戦争前の南部を舞台に、黒人奴隷のジャンゴがガンマンとなって、残酷な奴隷所有者キャンディと対決する「西部劇」ならぬ「南部劇」だ...

黒人の人権派が大激怒!? 奴隷制犠牲者の復讐劇
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第64回

ひとりを殺すための犠牲 失われたアメリカの正義

―― 2011年5月2日深夜、パキスタンのアボッターバードに、米国海軍特殊部隊を載せたヘリコプターが突如飛来した。01年9月11日の同時多発テロ首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンを急襲するためだ。作戦決行...

ひとりを殺すための犠牲 失われたアメリカの正義
第1特集
"iPSホラ吹き男"森口尚史が怒りの宣戦布告!

"iPS細胞お騒がせ男"森口尚史が騒動の裏を暴露「真実を言うと私は米軍に葬られるかもしれない」

―― 12年10月、読売新聞により「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を6例実施した」と大々的に報じられた森口氏。ところがすぐに多くの疑義が提起され、同新聞は「森口氏の説明は虚偽」とし、一連の記事を誤報...

連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第63回

未来を見据えた選択のため権謀術数も辞さない指導者

―― スティーヴン・スピルバーグがエイブラハム・リンカーンの映画を作ろうとしている」と報じられたのは2000年頃だった。偉大な大統領の生涯と南北戦争を描く超大作になる、と言われていたが、12年越しに完成した...

未来を見据えた選択のため権謀術数も辞さない指導者
第1特集
密接につながる宗教と政治【4】

フランスではスカーフを着けただけで罰金! 今、語られるべき「政教分離」の各国最新事情

――  本文でも見てきた通り、宗教と政治のつながりがタブーとなっているその前提には、近代以降の社会で確立した政教分離という思想がある。ここでは、そんな政教分離の原則について各国の最新事情を見ていこう。

フランスではスカーフを着けただけで罰金! 今、語られるべき「政教分離」の各国最新事情
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第62回

パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実

―― 2009年1月15日、筆者がニューヨークでの取材を終えて、自宅のあるカリフォルニアに帰るため、バスでラガーディア空港に着くと、空港は騒然とし、テレビの前に人々が集まっていた。先ほど、この空港から飛び立...

パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実
第1特集
国粋マンガだけじゃない! 戦時下のマンガ史【2】

スーパーマン、アイアンマン……“正義の味方“に見るアメコミと愛国の関係

―― アメリカでも何かしらナショナリスティックな内容のマンガは描かれてきたのか? スーパーヒーローのコミックを中心に、同国におけるマンガと愛国のかかわりを追いたい。

スーパーマン、アイアンマン……“正義の味方“に見るアメコミと愛国の関係
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第61回

命令ならばレイプまがいも権威への従属が招く暴挙

―― ある日、田舎のファストフード店に警察を名乗る男から一本の電話が入った。警官は、女性店員に窃盗の疑いがかかっていると言い、上司に身体検査を命じる。しかし、この電話はアメリカで10年にもわたって起こってい...

命令ならばレイプまがいも権威への従属が招く暴挙
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第60回

暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口

―― 「フリーダム! ジーザス! アメリカ!」 それがノース・カロライナ州下院議員キャム・ブレディ(ウィル・フェレル)の決まり文句だ。「そう言えば有権者は喜ぶんだよ」南部では共和党の人気は安泰だ。

暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口
第1特集
世界最大の"ユダヤタブー"はなぜ生まれたのか?

陰謀論か、真実か? ロビー活動から金融支配まで“ユダヤタブー”誕生の真実

―― 世界最大のタブーとして、しばしば挙がる“ユダヤタブー”。その背景にあるのは「世界の経済と金融を動かすのはユダヤマネー」という陰謀論に端を発するが、その真相はいかなるものなのだろうか?

陰謀論か、真実か? ロビー活動から金融支配まで“ユダヤタブー”誕生の真実
第1特集
歴史学者もお手上げ!? 「陰謀論」の本当の"ヤバさ"【2】

真珠湾攻撃に田中角栄の失脚、世界経済を牛耳るユダヤ……有名陰謀論を検証してみた!

―― 「ユダヤは世界経済を支配している」から「K-POPの流行は韓国政府・産業界の陰謀だ」まで、世にあまねく広がる「陰謀論」をマジメに信じるのでもなく「トンデモ」と面白がるのでもなく、歴史学との関係からまっ...

真珠湾攻撃に田中角栄の失脚、世界経済を牛耳るユダヤ……有名陰謀論を検証してみた!
第1特集
歴史学者もお手上げ!? 「陰謀論」の本当の"ヤバさ"【1】

K-POP流行は韓国の陰謀!? 「歴史のタブー」に潜む「陰謀論」の本当のキケンさ

―― 世界はフリーメーソンとイルミナティとユダヤによって支配されている」「9・11アメリカ同時多発テロはアメリカ政府の自作自演だった」などなど、時代を問わず、また洋の東西を問わず流布してきたさまざまな陰謀論...

K-POP流行は韓国の陰謀!? 「歴史のタブー」に潜む「陰謀論」の本当のキケンさ
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第59回

食事はマクドナルドに!?落ちゆく“裸の”女王様

―― 「広いお部屋ですねー」これから内装する4LDKほどの部屋に案内された男は言った。「奥さんのお部屋ですか?」「まさか」ジャッキー・シーゲルは笑った。「ここはクローゼットのひとつよ」フロリダの高級住宅地に...

食事はマクドナルドに!?落ちゆく“裸の”女王様
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第58回

ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義

―― テキサス州カーセイジは人口6800人。住民の多くが白人の中産階級の高齢者で、日曜日には誰もが教会に集まる静かな田舎町だ。「アメリカの最も住みやすい町」にランキングされたこともある。

ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義
第1特集
日本は韓国の10倍!高騰を続ける五輪放映権料の呪縛

もはや広告ではペイできない? 325億円にまで高騰する日本の放映権料 不良債権化する五輪放送

―― アメリカに次ぐ高額な五輪放映料を支払ってきた日本のテレビ局だが、昨今のメディア不況において、その膨大な金額が各局に重くのしかかっているという。採算が取れないと言われる五輪放映料は、果たして適正なのだろ...

もはや広告ではペイできない? 325億円にまで高騰する日本の放映権料 不良債権化する五輪放送
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第57回

おバカな独裁者が問いかける民主主義

―― 今年2月のアカデミー賞授賞式。開場前のレッドカーペットに、勲章をいっぱいつけた軍服を着て、オサマ・ビン・ラディンみたいな長い髭を生やした男が現れた。独裁者に扮したサシャ・バロン・コーエンだ!

おバカな独裁者が問いかける民主主義
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第56回

教師も法も役に立たない“イジメ”という現実

―― フィッシュ・フェイス。オハイオ州に住む12歳の少年アレックスは、学校でそう呼ばれている。顔が魚に似ているからだ。彼は未熟児として生まれ、軽度の自閉症でもある。中学への通学バスは彼にとって地獄だった。イ...

教師も法も役に立たない“イジメ”という現実
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第55回

戦争が人間を変える傷痍軍人の癒えない傷

―― フォトジャーナリストのダンファン・デニスは、アメリカ海兵隊と共に、アフガニスタンの戦地へと赴いた。彼はそこで、兵士のネイサン・ハリスと出会う。戦地で被弾したネイサンは故郷へと戻るのだが、平和な日常の中...

戦争が人間を変える傷痍軍人の癒えない傷
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第54回

人は人を正しく裁くことができるのか? 悪魔崇拝で、死刑に!?現代に甦った魔女裁判

―― 雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズ...

人は人を正しく裁くことができるのか? 悪魔崇拝で、死刑に!?現代に甦った魔女裁判
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第53回

巨匠イーストウッドがFBIの闇に迫る ディカプリオが演じるゲイで女装癖のFBI長官

―― 雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズ...

 巨匠イーストウッドがFBIの闇に迫る ディカプリオが演じるゲイで女装癖のFBI長官
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第52回

ウォール街が崩れ去るその裏で金融崩壊を引き起こした証券マンたちの葛藤

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

ウォール街が崩れ去るその裏で金融崩壊を引き起こした証券マンたちの葛藤
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第51回

セレブな奥さまの本性があらわに......「白人女性たちが加担した人種差別の象徴たる女中」

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

 セレブな奥さまの本性があらわに......「白人女性たちが加担した人種差別の象徴たる女中」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第50回

猿と人間の間に横たわる違いとは? 人間として育った猿が投げかける答えなき問い

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

猿と人間の間に横たわる違いとは? 人間として育った猿が投げかける答えなき問い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第49回

アメリカの闇がまざまざと 忘れられた棄民たちヒルビリーの神話

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

アメリカの闇がまざまざと 忘れられた棄民たちヒルビリーの神話
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第48回

愛の三日間には何があった!? レイプか愛の逃避行か 世間を騒がす女の半生

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

愛の三日間には何があった!? レイプか愛の逃避行か 世間を騒がす女の半生
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第47回

カウボーイ外交は何を生み出した? 暴力的支配の果てに馬が映し出す己の姿

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

カウボーイ外交は何を生み出した? 暴力的支配の果てに馬が映し出す己の姿
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第46回

女たちが見つめたアメリカの歴史 西部開拓時代から続くアメリカの愚かな先導者

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

女たちが見つめたアメリカの歴史 西部開拓時代から続くアメリカの愚かな先導者
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第45回

男が箱庭を作り続ける理由とは? アウトサイダーを癒やす箱庭とハイヒール

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

男が箱庭を作り続ける理由とは? アウトサイダーを癒やす箱庭とハイヒール
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第44回

素朴な田舎者に宿る古き良きアメリカの魂

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

素朴な田舎者に宿る古き良きアメリカの魂
第1特集
成田と羽田、生き残るのはどっちだ?【4】

世界基準では、これが先端のジョーシキ! 日本がマネできない世界の国際ハブ空港のシノギ

―― ――航空会社が国と国の間に路線を自由に開設できるようになりつつある今、なんの策も...

世界基準では、これが先端のジョーシキ! 日本がマネできない世界の国際ハブ空港のシノギ
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第43回

会社人間とアメリカが夢見る再建への道

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

 会社人間とアメリカが夢見る再建への道
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第42回

ウォール街の保安官を"ハメた"のは誰だ!?

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

ウォール街の保安官を
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第41回

アメリカを賢くする! スーパーマンの狙い

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

アメリカを賢くする! スーパーマンの狙い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第40回

Facebook創業者は裏切り者か英雄か?

―― 雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズ...

Facebook創業者は裏切り者か英雄か?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第39回

経営者、経済学者、官僚 金融業界の犯罪者たち

―― 『INSIDE JOB』  08年に起こった世界的な金融危機──世界各国では、数...

経営者、経済学者、官僚 金融業界の犯罪者たち
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第37回

アメリカ軍部が隠蔽した英雄の死と味方の誤射

―― 『THE TILLMAN STORY』  02年、9.11の悲劇を受けて、NFL...

アメリカ軍部が隠蔽した英雄の死と味方の誤射
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第36回

虚言か陰謀か? 資本主義とオイルビジネスの崩壊

―― 【今月の映画】 『COLLAPSE』 CIAと麻薬製造の関係を調査するクリス・ス...

虚言か陰謀か? 資本主義とオイルビジネスの崩壊
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第35回

ベトナムの二の舞か? アフガン戦争の真実

―― 【今月の映画】 『RESTREPO』 アフガニスタンの中でも最悪とされる戦闘に従...

ベトナムの二の舞か? アフガン戦争の真実
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第34回

ダニによる奇病なのか? 米医師会が揺れる大論争

―― 【今月の映画】 『UNDER OUR SKIN』 アメリカの医師会に疑問をなげか...

ダニによる奇病なのか? 米医師会が揺れる大論争
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第33回

明るくもアナーキーな白人一家が抱える闇

―― 【今月の映画】 『The Wild and Wonderful Whites o...

明るくもアナーキーな白人一家が抱える闇
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載