サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第127回/『ウインド・リバー』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第127回

『ウインド・リバー』――先住民保留地の惨殺事件が暴くアメリカの闇とは?

+お気に入りに追加

『ウインド・リバー』

1807_P141_img001_200.jpg

ネイティブ・アメリカンの保留地として知られる、雪深い山岳地帯ワイオミング州のウインド・リバー。そこで、ネイティブ・アメリカンの少女の死体が見つかった。現場に派遣されたFBI新米捜査官のジェーンは、検死の結果、生前、何者かに暴行されたことが判明するも、直接の死因は肺出血であることから満足に捜査もできない。そこで地場に詳しいコリーに協力を求め、共に被害者の父親に会いに行く――。
監督・脚本/テイラー・シェリダン、出演/ジェレミー・レナーほか。7月27日全国公開。


 零下20度以下の極寒では、 冷気を一気に吸い込むと肺が凍結し、死に至る。

 映画『ウインド・リバー』の主人公コリー(ジェレミー・レナー)は、見渡す限り真っ白な大雪原に倒れている少女の死体を発見する。コリーは、ワイオミング州ウインド・リバー先住民保留地に勤務する米国魚類野生生物局員。死んでいたのは先住民の少女で、レイプされた痕跡があった。裸足の足は凍傷で、何者かに犯され、雪の中を逃げてきたらしい。

 ウインド・リバー先住民保留地は、ワイオミング州のイエローストーン国立公園の南に実在する。鹿児島県ほどの面積に、2万6000人のアラパホ族とショショーニ族が暮らしている。

 保留地は連邦政府の管轄なので、FBI捜査官バナー(エリザベス・オルセン)が派遣される。しかし、肺の凍結が死因で、殺人ではないからFBIは手を引く。殺人は連邦法違反だが、レイプは州法違反だから。でも、州の司法は保留地には及ばない。

「実際、非先住民が先住民をレイプしても、ほとんど起訴されない」。テイラー・シェリダン監督は言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報