サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第125回/『サバービコン 仮面を被った街』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第125回

『サバービコン 仮面を被った街』――トランプが掲げるグレートなアメリカは誰のためのものか?

+お気に入りに追加

『サバービコン 仮面を被った街』

1805_P165_200.jpg

1950年代のアメリカで、実際に起こった事件をモチーフに製作された、ジョージ・クルーニー監督最新作。白人限定を謳い話題となった、閑静な住宅街の一家に強盗が押し入り、母親が惨殺された。不審に思った息子ニッキーは父親を疑い、街で唯一の黒人一家を中心に事態は思わぬ方向へ向かう――。
監督/ジョージ・クルーニー、出演/マット・デイモン ジュリアン・ムーアほか。5月4日全国公開。


 1959年、サバービコンという名のニュータウンの建売住宅に住む少年ニッキー・ロッジ。父は優秀なサラリーマン(マット・デイモン)。母(ジュリアン・ムーア)は体が不自由で、同居する双子の姉マーガレットが世話をしている。そのロッジ家がある晩、2人組の強盗に襲われ、母は惨殺される。

 ところが、ニッキーは次第に気づく。父がマーガレットとデキてしまったので、邪魔になった母を、殺し屋を雇って殺させたのではないか、と。

 映画『サバービコン 仮面を被った街』は、『ノーカントリー』のコーエン兄弟が80年代に書いたシナリオで、普通の気弱な男が殺し屋を雇うというプロットは、コーエン兄弟の監督デビュー作『ブラッド・シンプル』や『ファーゴ』と共通する。当初、ジョージ・クルーニーが出演する予定だったが、コーエン兄弟がこの映画を監督するのを辞めたため、クルーニー自らが監督することになった。

 ただ、『サバービコン』には、もうひとつのプロットがある。ロッジ家の隣にマイヤーズという一家が引っ越してくる。彼らを見て住民たちは驚く。黒人の家族だったからだ。サバービコンのセールスポイントは「白人だけの街」だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』