サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 映像による帝国主義論【2】/【キューバ】とハリウッドの関係

ついに雪解けを果たしたキューバと米国。昨年はハバナ市内でハリウッド映画の撮影が解禁されたが、実際のところ、キューバ国民はハリウッド映画に慣れ親しんでいた?

1712_Latin_200.jpg
『コマンダンテ COMANDANTE』(TCエンタテインメント)

 2015年に国交正常化が実現してから、ハリウッド映画の撮影が解禁され、昨年ハバマ市内で『ワイルド・スピード ICE BREAK』が実際に撮影された。

 ようやく、キューバ国民たちはハリウッド映画を観ることができるようになった……とは、いわれているものの、オリバー・ストーンが、フィデル・カストロをインタビューした映画『コマンダンテ』(03年)で、「『タイタニック』はビデオで観た。あれは大きなスクリーンで観るべき映画だ。スペクタクルとしては面白かった」と、キューバの最高指導者が発言しているように、実際のところ、これまでもキューバではハリウッドは普通に観られてきたようだ。

「経済封鎖はあったとはいっても、みんないわゆる海賊版でハリウッド映画を観ることはできました。私の友人は子どもの頃、テレビでディズニー映画や日本のアニメを観たと言っていましたよ」(寺島佐知子氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載