サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第132回/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第132回

『ボーイ・イレイスド』聖書原理主義者はゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?

+お気に入りに追加

『ボーイ・イレイスド』

1812_machiyama_200.jpg

聖書原理主義者が多数住むバイブル・ベルトのテネシー州メンフィス。主人公のジャレッドは牧師の父親の下で聖書教育を受けていたが、大学入学を機に、同性愛者であることに気づく。だが、聖書で同性愛は禁じられており、ジャレットはゲイの矯正施設に参加するが……。
監督:ジョエル・エドガートン、出演:ルーカス・ヘッジス、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンほか。日本公開未定。

 ジャレッド・イーモンス(ルーカス・ヘッジス)は、テネシー州メンフィス生まれの19歳。そこはバイブル・ベルト、聖書原理主義者が多く住む地域で、ジャレッドの父マーシャル(ラッセル・クロウ)も自動車のセールスマンをしながら、バプティストの牧師になった。

 ジャレッドは大学で、寮のルームメイトの男性と性的関係を持った。同性愛は聖書で禁じられていた。悩んだ末にジャレッドは、自分が同性愛者だと両親に告白した。

「どうしてか、わからない。ごめんなさい」

「父さんは、お前が幸福に生きることをなによりも望んでいる。しかし、神は男と女で子どもを産むように作ったと私は信じる。それに反する者と同じ屋根の下に暮らすことはできない」

 父マーシャルは、同僚の牧師たちの勧めで、彼をラブ・イン・アクションの合宿に参加させた。ゲイ・コンバージョン(改宗)・セラピーと呼ばれる、ゲイの矯正キャンプである。アメリカでこのセラピーを体験した者は70万人に及ぶという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』