サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第122回/『スリー・ビルボード』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第122回

『スリー・ビルボード』――3枚の立て看板と3人の愛憎が覆う予測不能な結末

+お気に入りに追加

『スリー・ビルボード』

1802_machiyama_200.jpg

米国ミズーリ州の片田舎エビングを走るロードサイドにポツリと並ぶ3枚の立て看板があった。ある日、その看板にメッセージが記される。娘を殺害されるも、進展しない捜査を批判する母親が広告主だった。やがて、看板を見つけた巡査、看板を作成した広告社、母親の元夫、さらには街の人々を巻き込む大事件が起こってしまう。
監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー/主演:フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソンほか。2月1日全国公開。


 アメリカの道路沿いには、ドライバーに見せるためのビルボード(立て看板)が立っている。それは商品や店の広告とは限らない。例えば我が家の近所オークランドには、「賞金1000万ドル」「アヤのために正義を!」と書かれ、大学の卒業式で微笑むアジア系の青年の写真があった。

 彼は日系人のアヤ・ナカノさん(22歳)。2013年にオークランドの路上に止まった自動車の中で、死体で発見された。警察によれば、別の車とぶつかって、相手の車の運転手に射殺されたらしい。犯人の手がかりはなく、遺族が費用を負担して、目撃者を求める広告を出したのだ。

 映画『スリー・ビルボード』は、アメリカの中央部にあるミズーリ州の片田舎の道路沿いにある3枚のビルボードをめぐる物語だ。

「レイプされて殺されたのに」「まだ犯人は逮捕されない」「どうして? ウィロビー署長」

 その広告を出したのは、地元のみやげ物屋を営む女性ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)。彼女の10代の娘は離婚した父親の家に歩いて行く途中で何者かに惨殺され、ガソリンをかけて焼かれた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』