サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 大麻合法化と処方ドラッグ問題【1】/米国の【大麻解禁】と処方薬汚染

――アメリカで大麻を合法化する州が相次いでいることは、日本でもしばしば報じられる。一方で、オキシコンチンやフェンタニルといった鎮痛薬、ザナックスと呼ばれる抗不安薬の乱用が社会問題化している。こうした“処方ドラッグ”の蔓延と大麻解禁が同時に進行するかの国は今、どうなってるの!?

1902_P074-077_img001_320.jpg
米LAの個人宅で栽培されている大麻草。もちろん合法!

 近年、アメリカで医療用・嗜好用の大麻の合法化が進んでいる。特に2016年11月の大統領選挙に合わせて行われた住民投票で、カリフォルニア州を含む4つの州で新たに嗜好用大麻の合法化が可決されたことは大きく報じられた。また18年11月の中間選挙でも、ミズーリ州とユタ州で医療用大麻が、ミシガン州で嗜好用大麻がそれぞれ住民投票の結果、合法化。これにより19年1月現在、アメリカ50州のうち首都ワシントンD.C.と33州で医療用大麻が、10州で嗜好用大麻が合法化されている。

 他方で、アメリカでは10年代後半よりオピオイド系鎮痛薬への依存症が社会問題化している。オピオイドとは、ケシの実(アヘン)から生成される麻薬性鎮痛薬やその関連合成鎮痛薬などの総称である。日本ではモルヒネがよく知られているが、アメリカではこのモルヒネの1・5倍の鎮痛作用があるオキシコドンや、モルヒネの50~100倍の鎮痛作用があるフェンタニル【1】などの合成オピオイドの依存者が急増し、1日平均150人以上が過剰摂取で死亡しているとされる。これを受け、17年10月にはトランプ大統領が“オピオイド・クライシス”を公衆衛生上の非常事態と宣言した。

 かつて非合法だった大麻の合法化が進む裏で、医師によって合法的に出された“処方ドラッグ”であるオピオイド系鎮痛薬への依存が蔓延しているわけだが、両者の動きをどうとらえるべきか。

 まず、アメリカでの嗜好用大麻合法化について、『大麻解禁の真実』(宝島社)を著したジャーナリストの矢部武氏によれば、その背景には主に3つの要因があるという。

「ひとつは、医療用大麻の普及です。アメリカでは1996年にカリフォルニア州で初めて医療用大麻が合法化され、以降その効果が広く知られるようになりました。その過程で、大麻の健康被害が思ったより小さいことが明らかになったのが2つの目の要因です。そして3つ目が、大麻を取り締まるための社会的、経済的コストが大きすぎること。アメリカでは年間60万~70万人が大麻の所持や使用で逮捕されているのですが、彼らを刑務所に収容するにも費用がかかるし、逮捕された人数分の労働力や税収も失われてしまう。また、逮捕者の圧倒的多数が黒人であるため、人種間の不平等を生んでもいます」

 一方で、「大麻はゲートウェイ・ドラッグである」として合法化に反対する動きも根強くある。要は、大麻のようなソフト・ドラッグが、ヘロインやコカインなどのハード・ドラッグの入口になるのではないかというわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』