サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 大麻合法化と処方ドラッグ問題【1】/米国の【大麻解禁】と処方薬汚染

――アメリカで大麻を合法化する州が相次いでいることは、日本でもしばしば報じられる。一方で、オキシコンチンやフェンタニルといった鎮痛薬、ザナックスと呼ばれる抗不安薬の乱用が社会問題化している。こうした“処方ドラッグ”の蔓延と大麻解禁が同時に進行するかの国は今、どうなってるの!?

1902_P074-077_img001_320.jpg
米LAの個人宅で栽培されている大麻草。もちろん合法!

 近年、アメリカで医療用・嗜好用の大麻の合法化が進んでいる。特に2016年11月の大統領選挙に合わせて行われた住民投票で、カリフォルニア州を含む4つの州で新たに嗜好用大麻の合法化が可決されたことは大きく報じられた。また18年11月の中間選挙でも、ミズーリ州とユタ州で医療用大麻が、ミシガン州で嗜好用大麻がそれぞれ住民投票の結果、合法化。これにより19年1月現在、アメリカ50州のうち首都ワシントンD.C.と33州で医療用大麻が、10州で嗜好用大麻が合法化されている。

 他方で、アメリカでは10年代後半よりオピオイド系鎮痛薬への依存症が社会問題化している。オピオイドとは、ケシの実(アヘン)から生成される麻薬性鎮痛薬やその関連合成鎮痛薬などの総称である。日本ではモルヒネがよく知られているが、アメリカではこのモルヒネの1・5倍の鎮痛作用があるオキシコドンや、モルヒネの50~100倍の鎮痛作用があるフェンタニル【1】などの合成オピオイドの依存者が急増し、1日平均150人以上が過剰摂取で死亡しているとされる。これを受け、17年10月にはトランプ大統領が“オピオイド・クライシス”を公衆衛生上の非常事態と宣言した。

 かつて非合法だった大麻の合法化が進む裏で、医師によって合法的に出された“処方ドラッグ”であるオピオイド系鎮痛薬への依存が蔓延しているわけだが、両者の動きをどうとらえるべきか。

 まず、アメリカでの嗜好用大麻合法化について、『大麻解禁の真実』(宝島社)を著したジャーナリストの矢部武氏によれば、その背景には主に3つの要因があるという。

「ひとつは、医療用大麻の普及です。アメリカでは1996年にカリフォルニア州で初めて医療用大麻が合法化され、以降その効果が広く知られるようになりました。その過程で、大麻の健康被害が思ったより小さいことが明らかになったのが2つの目の要因です。そして3つ目が、大麻を取り締まるための社会的、経済的コストが大きすぎること。アメリカでは年間60万~70万人が大麻の所持や使用で逮捕されているのですが、彼らを刑務所に収容するにも費用がかかるし、逮捕された人数分の労働力や税収も失われてしまう。また、逮捕者の圧倒的多数が黒人であるため、人種間の不平等を生んでもいます」

 一方で、「大麻はゲートウェイ・ドラッグである」として合法化に反対する動きも根強くある。要は、大麻のようなソフト・ドラッグが、ヘロインやコカインなどのハード・ドラッグの入口になるのではないかというわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』