サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > スーツと政治の危険な関係【2】/メラニア夫人への衣装提供拒否の裏側
第1特集
スーツと政治の危険な関係【2】

トム・フォードが三行半を叩きつけた? メラニア夫人への衣装提供拒否の裏側

+お気に入りに追加

 オバマ夫人は無名デザイナーたちのドレスを身に着けては、そのデザイナーをブレイクさせ、「ファッション業界の救世主」とまで持て囃されたが、現在のメラニア夫人をめぐってはファッション業界が分断されてしまう恐れがあるという。

1711_P_79_230.jpg
ファッション業界からの評判が対照的なファーストレディ。(写真:UPI/アフロ)

 時として大統領よりも話題を集めるファーストレディのファッション。しかし、現ファーストレディのメラニア夫人をめぐってはソフィ・テアレットの公開書簡をきっかけに、トム・フォードやマーク・ジェイコブスなど、そうそうたるデザイナーたちが彼女に衣装を提供することを拒んでいるのだ。

 暴言を繰り返すトランプ本人ならまだしも、なぜデザイナーたちはメラニア夫人へも拒否感を示すのだろうか?現地のセレブリティ事情に詳しいライターの山縣みどり氏は、こう語る。

「メラニアは元モデルといってもカタログや下着広告のモデルですし、表情に乏しいというか、彼女の人柄がまったく伝わらないのが怖いですよね。トランプの恋人として初めてメディアが取り上げ始めたときから、今まで彼女が積極的にインタビューに応えたりしてないので、何を考えているのかまったくわかりません。私も長らくゴシップを追っていますが、彼女の肉声を聞いたのは昨年の選挙戦が初めてかも」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』