サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > アメリカ映画差別描写の最前線【2】/【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
第1特集
アメリカ映画差別描写の最前線【2】

丸屋九兵衛、かく語りき……LGBT描写を可にした『ムーンライト』の功績

+お気に入りに追加
1712_column_moonlight__mono_200.jpg
日本でも公開され、大きな話題を呼んだ『ムーンライト』。第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞に輝いた。(16年公開)

「映画の中で描かれる有色人種の差別表現は、時代と共に、そこまで重苦しくなく、ファニーになってきている側面があります。特に90年代以降のブラックムービーにおける差別表現は、そもそも黒人コミュニティ内で完結する“フッドもの”が増えたので、ほとんど描かれない。しかし、“同性愛”をテーマにしたブラックムービーというのは、黒人の文化的背景からも最大のタブーでしたが、LGBTを題材にした『ムーンライト』で大きな変化が起きました。

 同作の試写会で、どこかの映画評論家が『この映画の主人公は黒人である必要はない』と語っていたんですが、バカかと。黒人社会内でゲイがどれほど迫害されてきたかを知らないんです。LGBT映画とは言いましたが、ジャンル分けをするための言葉であり、私としては簡単に“ゲイ映画”と呼べない。なぜなら、主人公は正確な意味で“ゲイ”ではないから。主人公にその兆候や傾向はありますが、ゲイというのはコミュニティに属してこそ、ゲイなんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』