サイゾーpremium  > 特集2  > 防弾少年団がアメリカを制する日【3】/数字で見る【K-POP】世界進出

――以前からK-POPはアジアや欧米各地に進出してきたが、そもそもなぜ世界を目指すのか? そうした挑戦の積み重ねがあったからこそ、BTSはアメリカで成功したのか? MBA(経営学修士)ホルダーで、韓国発のマンガアプリ・ビジネスなどに詳しいライターの飯田一史氏が、“数字”からK-POP世界進出の実態を読み解く!

1811_P116-125_img001_300.jpg
2012年に米ビルボードチャート「ホット100」で2位を獲得したPSY「江南スタイル」のMV。

 BTSが米ビルボード・チャートを席巻したわけだが、K-POPの世界進出は今に始まった話ではない。そこで、“数字”から世界戦略の変遷と最新動向を改めて分析しよう。そうすることで、BTSの米国ヒットの要因や実態が見えてくるかもしれない。

 その前に、韓国国内の音楽市場(音盤・音源・演奏権など)はどれほどなのか? 2017年の場合、国際レコード・ビデオ製作者連盟(IFPI)の調査によれば約494億円(世界6位)。また、韓国コンテンツ振興院は16年の音楽公演業売上を約9299億ウォン(約920億円)と発表。「朝鮮日報」15年10月24日付の「EXOに見る『アイドル経済学』」などからライブチケットとグッズの売上比を類推すると3:2程度、つまり物販市場は推定613億円。これらを合算すると、国内市場は2027億円となる。

 では、輸出はどうか? 韓国の文化体育観光部発表では17年の「音楽」輸出額は4・43億ドル(約393億円)。海外でのライブ動員数の統計はないが、北海道大学大学院准教授・ 金成玟氏の著書『K-POP 新感覚のメディア』(岩波新書)で引かれる「日経スタイル」調べのまとめによると、12年以降、毎年日本だけで300万~400万人の動員がある。チケット単価は1万円前後だから、その売り上げが300億~400億円。先の売上比を応用すれば物販が200億~300億円程度。年やジャンルによるが、韓流コンテンツの輸出先として日本は半分~8割を占めるとされるから、全世界のライブとグッズは625億~1400億円。つまり、海外売上は合計で約1000億円~2500億円となる。

 以上、国内と国外の売り上げを合算すると、K-POP市場は推計3000億~4500億円。対して17年の日本の音楽市場は、IFPI調査では2417億円であり、これにライブ売り上げの3466億円(ぴあ総研調べ)を足せば5883億円。さらにグッズなどを含めれば、1兆円弱はあるだろう。そこからK-POPや洋楽を差し引いた「日本での邦楽(J-POP)市場」の売り上げは、K-POPの全世界売上より大きい。K-POPの現状は、その程度なのだ。

 なお、「韓国国内の市場規模が小さいからこそ、世界を目指す」といわれてきたが、これは“事実”というより、当事者たちが自らを駆り立てる“信念”だろう。この理屈では、内需が世界最大の米国が世界最大のコンテンツ輸出国でもあることの説明がつかないし、北朝鮮の音楽は中国やロシア市場に攻め込んでいなければおかしい。かように、日韓二国間比較ではもっともらしく聞こえるが、第三項を入れた途端に破綻する理論なのだ。

日本よりもはるかに小さいアメリカでの売り上げ

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』