サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第126回/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第126回

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』――性差別は終わらない? 正義のラケットで女性憎悪を打ち砕け!

+お気に入りに追加

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

1806_P141_001_200.jpg

時は1970年代。60年代の公民権運動の流れを受け、女性解放の波がアメリカを覆っていた。そんな中、女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングは、女子大会の賞金額が男子のそれに比べ、遥かに低いことに異議を唱えていた。やがて彼女は、女子だけのテニス協会を設立、ツアーを開始。そこに男性優位主義者の老年チャンプが試合を挑むことになるが……。監督/ヴァレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン、出演/エマ・ストーンほか。7月6日全国公開。


 英語の書類のSEXの欄に「好き」と書いてしまった、というジョークは昔からあるが、この場合のSEXは「性別」。映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』も、性別、つまり「男と女の戦い」という意味で、1973年に行われたプロ・テニスの男女チャンピオンの対決を描く実録映画だ。

 男子代表は、ボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)。見た目こそ「浪花のモーツァルト」ことキダ・タロー先生そっくりだが、21歳でウィンブルドンに優勝したのを皮切りに、生涯に3回の世界選手権を獲得したテニス界最強の男。50代に入って引退していたが、突然「この歳になっても女子のチャンピオンなんかに負けはしない」と言い出し、当時の全米プロ女子チャンピオン、マーガレット・コートに挑戦した。

 試合は母の日に行われ、リッグスは圧倒的なパワーでコートを打ちのめし、「母の日の大虐殺」と呼ばれた。

 なぜ、リッグスは女性を叩き潰したかったのか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』