サイゾーpremium  > 特集2  > 防弾少年団がアメリカを制する日【4】/BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

――BTSがアメリカでブレイクした背景を探るとき、見過ごせないのは“アジア系アメリカ人”の存在である――。そう話すのは、ブラック・ミュージック専門サイト「bmr」編集長で、本誌連載陣のひとりでもある丸屋九兵衛氏だ。一体、どういうことなのか? BTSを絶賛してやまない氏が、語り倒す!

1811_P116-125_img001_1_300.jpg
日本でも公開中の映画『クレイジー・リッチ!』。原題は『Crazy Rich Asians』なのに……。

 2018年8月15日に映画『クレイジー・リッチ!』【1】(原題は『Crazy Rich Asians』)が全米公開されて大ヒットを記録し、9月28日より日本でも公開されています。ハリウッド・メジャー作品としては『ジョイ・ラック・クラブ』【2】以来25年ぶりに、“Asian”をメイン・キャストに起用して製作された映画です。

 ここでひとつ注意が必要なのですが、アメリカ人が“Asian”という場合、アジア人のことも、アジア系アメリカ人のことも指すので、どう訳すかはコンテクストによります。いずれにせよ、私は『クレイジー・リッチ!』の成功と、BTSがアメリカでブレイクしたことは無関係ではないと考えているんです。

 この『クレイジー・リッチ!』の日本公開直前に、私は「アジア系アメリカ人が歩んだ道」というテーマのトーク・ライブを行いました。そのことをツイッターでつぶやいた際、アメリカ在住のBTSファンから「BTSのおかげでアメリカにおけるAsianの地位が向上した」「自分がAsianであることが誇らしいという感情を抱けるようになった」といったリプライをもらったんですね。これは非常に示唆的な反応です。

 まずは、アメリカにおけるアジア系アメリカ人の連帯について説明しましょう。1994年から2004年まで刊行された「YOLK」【3】という、アジア系アメリカ人によるアジア系アメリカ人のための雑誌があり、例えばある号では、まだ無名に近かった頃のジョン・チョウ【4】が表紙を飾っています。彼は韓国系アメリカ人の俳優で、ブレイク後は09年に公開されたJ・J・エイブラムス監督版の『スター・トレック』にヒカル・スールー役で出演していますが、スールーというキャラクターは日系とフィリピン系のハーフであり、オリジナルの『スター・トレック』シリーズ(66~91年)ではジョージ・タケイという日系アメリカ人が演じていました。

 よって、エイブラムス監督はスールー役に韓国系であるジョン・チョウをキャスティングすることの可否をジョージ・タケイ【5】に相談したところ、「まったく問題ない」という答えが返ってきたそうです。「なぜなら、スールーはAll Asianの代表だからだ」と。要するにアメリカでは、日系も韓国系も中華系もフィリピン系も、みんなまとめて“アジア系アメリカ人”というひと塊の存在であるということを、このエピソードは象徴しているわけです。

“イケてない連中”は ダンスがうまかった

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』