サイゾーpremium  > 特集  > IT  > プロパガンダCMからわかるアメリカ大統領選【1】/【トランプ】の中傷動画戦略を研究
第1特集
プロパガンダCMからわかるアメリカ大統領選【1】

選挙期間中は毎日ネガティブキャンペーン!? 200億円で対抗馬を貶める! トランプ大統領の中傷動画戦略

+お気に入りに追加

――古くから今に至るまで米大統領選では、対立候補へのネガティブキャンペーンが行われてきたが、トランプは昨年の大統領選で、これまでの戦略の常識を覆したといわれている。また、大統領になった今でも中傷動画を公開中だ。彼の過激な動画戦略には、何か思惑があるのだろうか?

選挙期間中は毎日ネガティブキャンペーン!? 200億円で対抗馬を貶める!トランプ大統領の中傷動画戦略の画像1
党公式のCMの場合は「I approve this message(私はこのCMを公認します)」と候補者の声が入る。

 自分に否定的・批判的なメディアとの“戦争”に明け暮れるトランプ米大統領だが、中でも動画を利用した攻撃が話題だ。宿敵CNNを擬人化してボコボコにする動画を拡散したり、政権の功績を自画自賛する「リアルニュース」を配信し始めるなど、大国のリーダーとしては極めて異例である。

 結果として米国内の世論はかつてないほど分断されているわけだが、それでもトランプが大統領になった事実は揺るがない。本稿では、米国における「動画を利用した選挙戦略」の歴史と、トランプ流の動画戦略を照らし合わせながら、彼の出現が選挙システムや有権者の心理にどのような影響を与えたかを考えていく。

テレビをつけると朝から晩まで罵倒の嵐

「日本から見れば不謹慎に見えるかもしれませんが、米国では昔から政治に限らず、食品や日用品などあらゆる分野で、競合相手に対するネガティブなCMが認められているんです。選挙シーズンになると誹謗中傷、レッテル貼りともいえるようなCMであふれ返りますよ」

 こう話すのは、現地のテレビ事情に精通するデーブ・スペクター氏。トランプの動画戦略が過激なのは先に述べた通りだが、対抗勢力を貶める“ネガティブキャンペーン”は、米国では一般的だという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』