サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【TIME】も買収!アメリカ雑誌の今
第1特集
大富豪たちが雑誌を買収しまくる!

大富豪たちが雑誌を買収しまくる!――名門「TIME」が買収された! アメリカ雑誌業界の最新事情

+お気に入りに追加

――雑誌が売れないのは日本に限った話ではなく、米国でも多くの雑誌が資金難から身売りを検討しており、さらに名門「TIME」に関してはヤバい大富豪の後押しで売却されている。一体、なぜ老舗のニュース雑誌は買収に応じたのか? 日本とは違う米国のメディアの構造を見つつ、雑誌の未来を考察していく。

1803_P072-073_img001_300.jpg
米国主婦層に支持されている雑誌「Better Homes and Gardens」(2018年1月号)。

 昨年11月、「パーソン・オブ・ザ・イヤー」などでおなじみの、世界的ニュース雑誌「TIME」を発行するタイム社の身売りが判明し、世界中の出版界に衝撃が走った。売却先は「Better Homes and Gardens」など、ガーデニング系の雑誌を発行する大手出版社のメレディスで、全株式の売却価格は28億ドル(約3050億円)。今年3月までに買収手続きを完了させる予定だ。

 この買収劇に大きな貢献を果たしたのが、チャールズ・コークとデイビッド・コークの、通称コーク兄弟。エネルギー、化学、日用品などさまざまな分野を手がける「コーク・インダストリーズ」を経営する両氏は、米国屈指の富豪兄弟というのが表の顔だが、裏では「アメリカンズ・フォー・プロスペリティ」という非営利団体をつくり、“ダークマネー”と呼ばれる開示情報のない不透明な資金を集めて、共和党候補者を徹底的に応援する多額のテレビ広告などを提供してきた。

 さらに、同じく昨年、スティーブ・ジョブズの未亡人であるローリーン・ジョブズ氏が老舗オピニオン誌「The Atlantic」を買収したように、米国では近年雑誌などのメディアの売買が盛んだ。今、米国の雑誌業界で何が起きているのだろうか? 米国の現代政治とメディアの関係に詳しい、上智大学の前嶋和弘教授はこう説明する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』