サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第131回/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第131回

『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは大統領か黒人のKKK潜入者か

+お気に入りに追加

『ブラック・クランズマン』

1811_machiyama_200.jpg

コロラドスプリングスの黒人警察官ロン・ストールワースは、白人至上主義の秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集広告を見て、興味本位から応募することに。白人を装った彼の元には、採用通知が届き、黒人として初めてKKKのメンバーとして団体に潜入することになったが……。監督:スパイク・リー、出演ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバーほか。日本公開未定。

『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』などアフリカ系アメリカ人の立場から過激なメッセージを映画に込めてきたスパイク・リー監督の新作『ブラック・クランズマン』(原題:BlacKkKlansman)は、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に入会した黒人の実話。

 実は1966年に『ザ・ブラック・クランズマン』という題名の映画はある。それはKKKに妹を殺された黒人青年が肌の色の薄さを利用してKKKに潜入して復讐を果たすという話。肌の白い黒人はいくらでもいる。現在、アメリカの黒人の3割が白人との混血で(そのほとんどが奴隷主に犯された)、ワンドロップ・ルールといって、南部では、黒人の血が一滴でも混じっていれば黒人として差別されたからだ。

 だが、今回の『ブラック・クランズマン』はちょっと違う。79年、コロラドスプリングスの刑事だったロン・ストールワースの回顧録が原作。つまり実話。彼は新聞広告でKKKの募集広告を見て応募した。面接には白人の同僚刑事が代わりに行って、会員証を取得した。

 ストールワースがKKK潜入を決めたのは、上司から黒人過激派の動きをチェックしろと命じられて、黒人自警団ブラック・パンサーの指導者ストークリー・カーマイケルの演説を聞いたから。「権力をすべての人民に!」その日からストールワースは誇らしげにアフロヘアを伸ばすようになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』