サイゾーpremium  > 特集2  > 防弾少年団がアメリカを制する日【1】/今さら聞けない【BTS】基礎講座
第2特集
防弾少年団がアメリカを制する日【1】

世界的ブレイクの本当の理由――防弾少年団がアメリカを制する日

+お気に入りに追加

――2018年、アジア音楽史に歴史的な記録を打ち立てたアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」。彼らの何がそんなにすごいのか? アジアのみならずアメリカも熱狂させる、防弾少年団とK-POPの“凄味”を研究する。

1811_P116-125_BTS_520.jpg
(絵/サイトウユウスケ)

 2018年のアジアにおける音楽業界の大きなトピックといえば、5月にK-POPグループ「防弾少年団」(以下、BTS)が、アルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』で米ビルボードのアルバムチャート「ビルボード200」に初登場し、1位を獲得したことだろう。同チャートでの1位獲得はアジア圏のアーティストとしても史上初の快挙だ。

 BTSが日本のメディアを騒がせたのは、今年9月のこと。日本でリリースされるシングルで秋元康とコラボすることが発表されるや、SNS上で炎上。「右翼、女性蔑視にかかわる作詞家とのコラボはイメージダウンにつながる」という韓国のファンの声を受け、3日後には中止が発表された。

 このニュースに、「また韓国のアイドルが何かやらかしたのか」程度の感想しか抱かない読者諸氏も多いだろう。しかし、BTSのファンにとって今のタイミングでのイメージダウンは、絶対に回避すべき問題だった。日本の音楽界が小室哲哉や安室奈美恵の引退で黄昏を迎えつつある一方、お隣韓国ではBTSの成し遂げようとするアメリカン・ドリームに沸き立っていたからだ。

 彼らが打ち立てた快挙は、冒頭に挙げたビルボード1位だけではない。6月には、米TIME誌が発表した「ネット上で最も影響力のある25人」に、トランプ米大統領、カニエ・ウェストなどと共に選出。アメリカのバラエティ番組にも出演が相次いだ。その後も『LOVE YOURSELF 結'Answer'』で「ビルボード200」の2度目の1位を獲得。アメリカの人気ラッパー、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした「IDOL」で、米ビルボードのシングルチャート「HOT100」に初登場で11位にランクインするなど、快進撃を続けている。最近では、ニューヨーク国連本部で開かれたユニセフの行事に招かれ、そこでリーダー・RMが流暢な英語でスピーチを披露。20代前半の彼から語られた真摯なメッセージに、世界中から称賛の声が上がった。

 2000年代から日本をはじめアジアで起こったK-POPブームは、現在ブラジルなどの南米にも波及し、BTSはそれをけん引する存在として、これまでにない規模のブレイクを遂げている。彼らは、今までのK-POPアーティストたちとどう違うのだろうか。BTSが時代に愛された理由を紐解いてみよう。

 BTSは13年6月にデビューした7人組グループだ。所属事務所は韓国3大芸能事務所のひとつ、JYPエンターテインメント(以下、JYP)から独立した音楽プロデューサーのパン・シヒョクが、05年に設立したBigHitエンターテインメント(以下、BigHit)。BTSはBigHitが初めて1から作り出したグループだった。アイドルグループはまずスタートが大事といわれる韓国芸能界において、BTSのデビューはあまり華々しいものとはいえず、ヒット曲に恵まれない不遇な時期もあったが、15年にリリースした「I NEED U」が韓国でヒット。以後、スターダムを駆け上がり、今では不動の人気を誇っている。

 彼らの持ち味には、ヒップホップを中心にR&B、EDMなどの最新トレンドを取り入れた楽曲と、シンクロ率の高いダンスが挙げられる。全員が作詞・作曲・プロデュースを行っているため「自作ドル」と呼ばれ、その芸達者ぶりも評価されている。しかし、「トレンド色の強い楽曲、ダンスの実力、自作力は、ほかのK-POPグループだって身につけていること。BTSがほかと一線を画するのは、彼らが持つメッセージ性にあります」と語るのは、K-POPに詳しいライターの酒井美絵子氏だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』