> サッカーの検索結果

サッカー の検索結果

第1特集
ストリーミング放送は日本のスポーツを変える?【1】

Jリーグを押さえても、やっぱり赤字……? DAZN巨額投資回収を阻む壁

―― 巨額の契約料でJリーグの放映権を獲得し、鳴り物入りで日本市場に乗り込んできたストリーミング界の黒船・DAZN。だが、現在は投資の段階で、会員数100万人を突破しても、実は回収できるほどには稼げていない...

Jリーグを押さえても、やっぱり赤字……? DAZN巨額投資回収を阻む壁
ニュース
若い世代はヴェルディを知らない?

名門・ヴェルディ凋落と経営難Jリーグを救うのは外資か宗教か?

―― 2月25日、今年もJリーグが開幕した。中村俊輔が横浜Fマリノスからジュビロ磐田へ移籍、また清武弘嗣がセビージャから約6億円の移籍金でセレッソ大阪へ復帰と、移籍市場が活況で、サッカーファンからは大きな期...

名門・ヴェルディ凋落と経営難Jリーグを救うのは外資か宗教か?
第1特集
フットボール界に注入されるオイルマネーとその余波【2】

ラマダンを破ってチームを解雇も…――これをやったら即レッド!【ムスリム限定ルールブック】

―― フットボール(サッカー)はイギリス発祥のスポーツ。戒律が厳しいムスリムにとっては、活動を制限される面もいくつかあるようだ。ここでは、そんなムスリム限定のルールをみてみよう。

ラマダンを破ってチームを解雇も…――これをやったら即レッド!【ムスリム限定ルールブック】
第1特集
フットボール界に注入されるオイルマネーとその余波【1】

試合中に豚肉を投げ入れられる露骨な差別!試合観戦で少年射殺事件も!サッカーを取り巻く金と差別

―― 日本が優勝を果たしたAFC U-23選手権2016の舞台は中東圏のカタール。さらに2020年のワールドカップも同国というように、今中東圏ではフットボール(サッカー)が熱い。一方その背景には、金と差別、...

試合中に豚肉を投げ入れられる露骨な差別!試合観戦で少年射殺事件も!サッカーを取り巻く金と差別
第1特集
サッカーとナショナリズム【1】

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」

―― ――近年の日韓戦では、試合とは関係のない侮辱行動や政治アピールも騒動となった。ここではサッカーにより深まった、「友好」と「差別意識」の両面を紐解いていきたい。

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」
第1特集
サッカーとナショナリズム【2】

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別

―― ――世界でもっともファンが多いとされるスポーツ、それがサッカーだ。だが、行き過ぎた応援をするファンの行動が問題視されることは、海外のスポーツメディアで目にすることも多いが、それは日本でも例外ではない。

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別
第1特集
サッカーとナショナリズム【3】

韓国人は愛国心が強すぎる? 韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム

―― ――ここまでは、02年のワールドカップが昨今の嫌韓問題を作り上げた理由を見てきた。では、当の韓国内では、ブラジル大会を前に、どのような報道が見られるのだろうか?

韓国人は愛国心が強すぎる?  韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム
第1特集
スポーツと在日タブーの歴史【1】

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今

――  日本のスポーツ界では、多くの在日朝鮮人・韓国人の選手が活躍している。古くはプロ野球界で活躍した張本 勲や、告白本を出版した金村義明、サッカーでは李 忠成や鄭 大世らが、一般に知られるところだろう。し...

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今
ニュース
JFLもうっちー人気にニンマリか…

カレンダーバカ売れでイケメン・内田篤人がW杯代表当確!?

――  いよいよ2014 FIFAワールドカップの開催を来年に控え、盛り上がりを見せているサッカー業界。一方で、今年6月に行われたコンフェデレーションズカップで全敗するなど、ザッケローニジャパンの状態が芳し...

カレンダーバカ売れでイケメン・内田篤人がW杯代表当確!?
第2特集
ブラジルの「光と陰」【2】

元日本代表・呂比須ワグナーが喝!日本サッカーが世界で勝ち抜くために必要な”荒療治”

――  ブラジルと日本の二重国籍を持ち、日本代表として活躍した呂比須ワグナー。コンフェデ杯3連敗を喫した日本代表に何を思うのか? 現地インタビューを敢行、率直な意見を聞いた──。まずは日本代表、W杯出場一...

元日本代表・呂比須ワグナーが喝!日本サッカーが世界で勝ち抜くために必要な”荒療治”
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

事実上、クビだった! 夫も不振で芸能界からの“需要”がなくなっていた加藤ローサ

――  2011年6月に当時サッカーの日本代表だったMF松井大輔とデキちゃった結婚をした女優の加藤ローサが、今年6月30日をもって所属事務所・研音と契約を終了することが発表された。公式サイトで「この度加藤ロ...

事実上、クビだった! 夫も不振で芸能界からの“需要”がなくなっていた加藤ローサ
ニュース
勝敗よりも香取慎吾のスケジュール確保に必死!?

サッカー日本代表W杯切符持ち越しも電通はニンマリ

―― 3月26日に行われた、サッカー・ワールドカップ・アジア地区最終予選B組の日本代表対ヨルダン戦。日本がこの試合に勝てば、14年にブラジルで開催される本大会への出場が決定するはずだったが、結果はご存じの通...

サッカー日本代表W杯切符持ち越しも電通はニンマリ
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【3】

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件

―― 人気もあり金もあるスター選手となれば、ブラックな人たちが近寄ってくるのは避けて通れない道なのだ!【1】ディエゴ・マラドーナ[ナポリ(当時)/アルゼンチン]世界最高のスーパースターとしてサッカー界に輝か...

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【2】

イタリアサッカー界"腐敗"の象徴「カルチョ・スキャンダル」とはなんだ?

―― カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チー...

イタリアサッカー界
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【1】

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇

―― 裏社会、イタリア。その2つのキーワードでまず最初に思いつくのは当然、マフィア。裏社会を牛耳る彼らは華々しいサッカー界を操る大きな存在となっている。八百長や選手・審判への脅迫、そしてクラブそのものにまで...

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【6】

「投資やビジョン、育成に批判の余地はない」あのトルシエが日本サッカーをホメ殺し!?

―― 1998年から02年日韓ワールドカップまで日本代表監督を務めたフィリップ・トルシエ。エキセントリックな言動で注目を集め、毀誉褒貶の多い監督だったことはたくさんの人が記憶しているだろう。

「投資やビジョン、育成に批判の余地はない」あのトルシエが日本サッカーをホメ殺し!?
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【5】

怖いものナシの実名登場!! “サッカー番長”杉山茂樹が吠える!!「JFAにもっと民意を!」

―― そもそもJFAにおける責任の所在はどこにあるのか? 会長なのか? 各担当者なのか? そこにサポーターの民意は反映されるのか?

怖いものナシの実名登場!! “サッカー番長”杉山茂樹が吠える!!「JFAにもっと民意を!」
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【4】

協会に抹殺されたジャーナリストも――「圧力」と「赤字」まみれのサッカー関係者匿名座談会

―― 景気が良さそうに見えるが、実は、圧力と赤字にまみれ、本当は”ヤバい”ことになっているサッカー界。サッカー誌では絶対に書けないウラ話を関係者に集まって暴露してもらった。

協会に抹殺されたジャーナリストも――「圧力」と「赤字」まみれのサッカー関係者匿名座談会
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【2】

作家・佐山一郎がJFAへの「違和感」を批評! JFAハウスにいまだ漂う「二大革命」の逆説

―― サッカー界をリードしていくべき日本サッカー協会(JFA)に、サッカーファンおよび140万人近い登録者はどのぐらい期待をかけているのだろうか? どれほどのリスペクトを抱いているのだろうか?

作家・佐山一郎がJFAへの「違和感」を批評! JFAハウスにいまだ漂う「二大革命」の逆説
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【3】

小倉元会長は豊臣秀吉!? JFA会長たちの人となりが一目瞭然 川淵政権以降の歴代会長「採点評」

―― ここではイラストと共に、川淵政権以降の歴代会長の経歴および人物像をタイプ別に分け、評価していこう。

小倉元会長は豊臣秀吉!? JFA会長たちの人となりが一目瞭然 川淵政権以降の歴代会長「採点評」
第2特集
腐敗するサッカー協会の内紛劇【1】

なでしこの快進撃や、香川・長友の海外躍進の裏側で……金と利権にまみれた日本サッカー協会の内紛

―― 香川真司、長友佑都が海外ビッグクラブへ移籍、さらに女子サッカーのW杯優勝などで、ますます高まる日本のサッカー人気。それに呼応して金を求める有象無象も群がってきているようだ。特に日本サッカー協会が持つ権...

なでしこの快進撃や、香川・長友の海外躍進の裏側で……金と利権にまみれた日本サッカー協会の内紛
第1特集
同性愛、人種差別、麻薬、永久追放……

中田英寿の祖父は朝鮮総督府のエリートだった!? 覗き見厳禁! 狂気のスポーツタブー本

―― スポーツ界がクリーンな世界だなんていまさら信じてるバカちんはもはや誰もいないだろう。そう、スポーツ界ほど、異常で、珍奇な、キチ○イじみた世界はないのだ。その裏の裏まで知り尽くした佐山一郎(作家)と宇都...

中田英寿の祖父は朝鮮総督府のエリートだった!? 覗き見厳禁! 狂気のスポーツタブー本
第1特集
国籍を変える選手たちの悲哀【2】

Jリーグの国籍問題をあらわにした宮澤ミシェルの悲喜こもごも

―― サッカーのJリーグでは、日本国籍をもたない外国籍選手との契約は、1チーム3人まで。しかし、外国籍であっても学校教育法第一条に定める学校(以下、一条校)を卒業した選手には、この外国人枠とは別に1チームひ...

Jリーグの国籍問題をあらわにした宮澤ミシェルの悲喜こもごも
第1特集
国籍を変える選手たちの悲哀【1】

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀

―― マラソンのカンボジア代表権を得るため、国籍を変更した猫ひろしの騒動は記憶に新しいだろう。欧州では五輪が開催されるたびに、多くの選手が国籍を変更するというが、その背景にはどのような問題があるのだろうか?

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀
ニュース
本田圭佑をも後ろに差し置いて……

役立たずがメンバー入り!? サッカー五輪代表の不可解な選考で見えた疑惑の「アディダス枠」

―― 山村当選、比嘉落選。7月2日に日本サッカー協会(以下、JFA)によって発表されたサッカー五輪代表(以下、U-23代表)の登録メンバーの内容が、サッカー記者やサポーターの間で物議をかもした。というのも、...

役立たずがメンバー入り!? サッカー五輪代表の不可解な選考で見えた疑惑の「アディダス枠」
ニュース
プロのサッカー選手でも年収300万!?

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ

―― 本誌5月号でも既報だが、朝日新聞のスクープに端を発した読売ジャイアンツの契約金問題や、タレント・猫ひろしのカンボジア国籍問題など、ロンドン五輪を前に、露呈したスポーツ界の不正報道。

プロ登録選手の1割が八百長に加担! 韓国スポーツ界を蝕む低賃金と違法カジノ
第1特集
タブー破りの"スポーツ"本

木村元彦×岡田康宏──中田英寿はいずれ大山倍達に!? "作られたヒーロー"の虚像を壊せ

―― ──人種問題、商業主義、スターシステム......。スポーツ界には触れてはいけな...

木村元彦×岡田康宏──中田英寿はいずれ大山倍達に!?
ニュース
『僕らが結果を出すことが、政治的にも社会的にも意義のあることになる』

【チョン・テセ】──"北朝鮮代表"として戦う在日のプライド

―― (写真/江森康之) 「彼が、韓国代表あるいは日本代表を選択していたら、日本、韓国...

【チョン・テセ】──
ニュース
サッカー北朝鮮代表へ直撃!!

金正日総書記死後も変化なし!? チョン・テセが語る朝鮮とサッカー

―― 【この記事は日刊サイゾーでもご覧になれます。】 11年12月末、家族と正月を過ご...

金正日総書記死後も変化なし!? チョン・テセが語る朝鮮とサッカー
ニュース
"独断と偏見で選ぶネタ的カルチャー企画"CCCCC"

【なでしこに次ぐ!?日本代表】──スタメンは"障害者"に"ホームレス"のマイナーサッカー

―― ──発展めざましい日本のサッカーの裏で、新しいサッカー競技が続々と登場中! 音だ...

【なでしこに次ぐ!?日本代表】──スタメンは
ニュース
投げ売りされる日本代表ユニフォームの裏

ザックジャパン人気に水を差す 独占禁止法に抵触したアディダス商法の"罪と罰"

―― ――現在、2014年W杯ブラジル大会出場を目指してアジア3次予選を戦う、サッカー...

ザックジャパン人気に水を差す 独占禁止法に抵触したアディダス商法の
ニュース
提言!「死んだテレビ」は再生できるか【1】

「放送の独占」と「過剰演出」でスポーツ中継のツマラナサが加速 名実況・倉敷保雄が指摘するスポーツ番組の問題点

―― 倉敷保雄氏。 五輪競技、サッカー、野球......これらのスポーツ中継は、もはや...

「放送の独占」と「過剰演出」でスポーツ中継のツマラナサが加速 名実況・倉敷保雄が指摘するスポーツ番組の問題点
ニュース
スポーツ誌じゃ読めないマル秘ガイド【1】

発端は日本サッカー協会の怠慢にあり! ブチギレ! 不満噴出! 反町ジャパン空中分解の裏

―― ──相変わらずな「サッカー協会」のゴーマン招集、好記録が期待できない「マラソンコ...

発端は日本サッカー協会の怠慢にあり! ブチギレ! 不満噴出! 反町ジャパン空中分解の裏
ニュース
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

祝アジア杯優勝! 監督批判に在日問題まで サッカー界が歩んできたイバラの道

―― ──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそん...

祝アジア杯優勝! 監督批判に在日問題まで サッカー界が歩んできたイバラの道
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【5】

「夜はボランチ!?」犯罪、停電、そして売買春......"夜"の南アフリカの歩き方

―― ──南アフリカの治安は必ずしも良いとは言えない。これまで、アフリカ選手権とコンフ...

「夜はボランチ!?」犯罪、停電、そして売買春......
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【4】

6月24日 対デンマーク戦「攻守のバランスがとれた"大崩れしない"組織力」

―― ──グループリーグ最終戦の対戦相手は"華"こそないものの、手堅い試合運びに定評が...

6月24日 対デンマーク戦「攻守のバランスがとれた
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【3】

6月19日 対オランダ戦「勝敗の議論の余地がない──屈指の強豪に弱点は?」

―― ──過去、幾度となく優勝候補に挙げられた欧州の強豪国オランダ、世界トップクラスの...

6月19日 対オランダ戦「勝敗の議論の余地がない──屈指の強豪に弱点は?」
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【2】

6月14日 対カメルーン戦「落とせない初戦──。絶対的なエースの攻略が鍵」

―― その華麗なるプレイから、黒い宝石とも呼ばれ、数多くの欧州チームでプレイしたカメル...

6月14日 対カメルーン戦「落とせない初戦──。絶対的なエースの攻略が鍵」
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【1】

サッカー専門誌が絶対書けない南アW杯の"本当の"見どころ

―― 日本代表の指揮を執る、岡田監督に選手はどう思うのか......。 ──本誌が発売...

サッカー専門誌が絶対書けない南アW杯の
第1特集
名門サッカークラブは、いかにして凋落したか?

東京ヴェルディ消滅問題とJリーグの遺恨と病巣

―― ──「東京ヴェルディが消滅の危機に瀕している」。今年9月、スポーツ界に衝撃が走っ...

東京ヴェルディ消滅問題とJリーグの遺恨と病巣
第1特集
中村俊輔や本田圭祐だけではもうお客はつかない!?

W杯出場決定も盛り上がりはイマイチ メディアも見放したサッカー代表の"今後"

―― W杯2010年6月から約1カ月間に渡り、南アフリカで開催される予定の第19回FI...

W杯出場決定も盛り上がりはイマイチ メディアも見放したサッカー代表の
第1特集
【サッカー座談会】スター不在で、マイナースポーツに逆戻り?

人気急落でサッカー協会は困窮......頼みの綱はやっぱりあの"旅人"

―― ──2010年南アフリカW杯に向けて戦う日本代表に内紛勃発、そして疑問視される岡...

人気急落でサッカー協会は困窮......頼みの綱はやっぱりあの
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』