サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > イタリアサッカー腐敗の象徴「カルチョ・スキャンダル」とは?

――カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チームに有利になるように審判団の買収や脅迫を指示していたとされている。選手の自宅も含めた家宅捜査が頻繁に行われるなど、イタリアサッカー界の腐敗体質が広く世に知れ渡ることになった。

1302_soccer02.jpg
『サッカーの敵』(白水社)

 スキャンダルの発端は、イタリア検察当局が04年から05年にかけて、審判への不正行為疑惑があったモッジの携帯電話を盗聴捜査したことで明るみとなった。当局によると、モッジはイタリアサッカー協会の幹部と癒着し、ユベントスに有利な判定が行われるシステムを確立。審判の割り振りを行う審判指名責任者ピエルルイジ・パイレットと共謀し、04 ~05 年のセリエAの公式戦20試合以上もの結果を操っていたとされている。ユベントス有利の判定を指示していただけではなく、反モッジ派のクラブに対して不利な結果をもたらすようにも指示しており、04~05 年シーズンのフィオレンティーナのように残留争いに巻き込まれるクラブもあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』