サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > イタリアサッカー腐敗の象徴「カルチョ・スキャンダル」とは?

――カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チームに有利になるように審判団の買収や脅迫を指示していたとされている。選手の自宅も含めた家宅捜査が頻繁に行われるなど、イタリアサッカー界の腐敗体質が広く世に知れ渡ることになった。

1302_soccer02.jpg
『サッカーの敵』(白水社)

 スキャンダルの発端は、イタリア検察当局が04年から05年にかけて、審判への不正行為疑惑があったモッジの携帯電話を盗聴捜査したことで明るみとなった。当局によると、モッジはイタリアサッカー協会の幹部と癒着し、ユベントスに有利な判定が行われるシステムを確立。審判の割り振りを行う審判指名責任者ピエルルイジ・パイレットと共謀し、04 ~05 年のセリエAの公式戦20試合以上もの結果を操っていたとされている。ユベントス有利の判定を指示していただけではなく、反モッジ派のクラブに対して不利な結果をもたらすようにも指示しており、04~05 年シーズンのフィオレンティーナのように残留争いに巻き込まれるクラブもあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』