サイゾーpremium  > 特集2  > 【呂比須ワグナー】がサッカー日本代表に喝!

――ブラジルと日本の二重国籍を持ち、日本代表として活躍した呂比須ワグナー。コンフェデ杯3連敗を喫した日本代表に何を思うのか? 現地インタビューを敢行、率直な意見を聞いた──。

1308_brazil_07.jpg
日本代表として98年W杯フランス大会に出場した。(写真/渡辺航滋)

 まずは日本代表、W杯出場一番乗りおめでとう! 出場決定の報を聞いた時は、かつて背負った日の丸を思い浮かべて胸が一杯になったよ。選手、監督、スタッフ、サポーターが一丸となって手に入れた素晴らしい成果だ。

 だけど、コンフェデ杯の3連敗はとても残念だ。まず、ブラジル戦でよいスタートが切れなかったことが原因だと思っている。もっとアグレッシブなゲームを期待していたけど、試合中、足が止まっているところを見るにつけ、移動やこれまでのリーグ戦での試合で疲労していたのは明らかだった。試合後、長友が「(ブラジルとは)レベルが違いすぎた」という談話を残していたけど、ブラジル代表に気負いしすぎていたのも明白だった。ゴールに攻め込まれる際、ファールしてでも止める局面で、足が動いてなく、ただ相手の動きを見ているだけというシーンも散見できたからね。

 その半面、イタリア戦では、イタリア代表のほうが疲れて、足が止まっていたかな。今回のコンフェデ杯全試合の中で、もっともエキサイティングなゲームだったことは間違いないし、岡崎(慎司)もいい動きを見せていた。とはいえ、せっかく世界の強豪に勝てたかもしれない試合で、もっと落ち着いてゲームをコントロールすべきだったと思っている。続くメキシコ戦では審判のミスに泣かされたこともあったけど、大会を通じて共通して言えることは、日本には試合の駆け引きに問題があったと思う。

 それでも選手一人ひとりのレベルは確実に上がっていて(代表に海外組が多いとはいえ)、Jリーグは見る機会はないけど、間違いなく進化しているはずだ。現在の代表は、僕が在籍していた90年代後半のように幼稚なミスも見られない。ポジショニング、ボールポゼッション、試合運び、マリーシア(相手を出し抜く知恵を使うこと)すべての面でレベルアップしている。

 僕が20年以上前に初めて来日した時は、日本にはプロサッカーリーグがなかった。だけど今やJリーグは創設20周年を迎え、代表もアジアのトップクラスにまで成長したことは、サッカー史上、特筆に値することだと思う。これは日本サッカー協会の運営が正しかったことの証でもあるよ。ブラジルのサッカー連盟は、汚職やスキャンダルが頻繁に報じられ、いつもゴタゴタしているからね(苦笑)。

 ただ、技術力、戦術理解力は格段によくなったけど、足りないものもある。「連携」「コミュニケーション力」「自信を持つこと」だ。これは経験の問題じゃなくて、日本のサッカー文化に起因するのだろう。日本の中学高校で学ぶクラブ活動のサッカーでは、教育の一貫だからか正攻法だけを教える。だけど、最終目標がプロ選手なら、時には相手を出し抜いて自分を優位に立たせる方法も必要だということを、プロ自身が教えなければならない。コーチや教師が技術を指導するだけでは教えきれないサッカーの世界があるんだ。

 ブラジルなら、相手にボールを奪われないよう手を広げて相手の顔に手を当てるつもりでプレーしろと指導する。一方、日本は相手を傷つけないようにボールをキープしろと指導される。これがプロの世界ならどっちが正しいだろうか? 世界のトップレベルで戦うには、どちらが必要かはわかるだろう。

 さて、この先日本代表に必要なことは、どの国の真似でもない日本独自のサッカーモデルを作り上げるべきことだ。そのためには、選手育成法そのものを変えるべきなんだけど、日本サッカー界の頂点からピラミッドの下まで、関わる人たちによる活発な討論がまず必要だ。でも、日本には大きな期待ができる。なぜなら、日本の15歳の少年のテクニックは世界でもトップクラスだ。これだけのポテンシャルがある国はほかにそうそうない。ただ、そこから上を目指すには、まずは指導法を変えることが必要なんだ。

(構成/大野美夏)

呂比須ワグナー(ろぺす・わぐなー)
1969年、ブラジル・サンパウロ州生まれ。15歳でブラジルの名門サンパウロFCに入団し、翌年、プロ契約。その後、18歳で来日し、日産自動車サッカー部(現・横浜Fマリノス)に所属。97年に日本代表に選ばれ、日本国籍を取得。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ