サイゾーpremium  > 特集2  > 6月14日 対カメルーン戦「落とせない初...
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【2】

6月14日 対カメルーン戦「落とせない初戦──。絶対的なエースの攻略が鍵」

+お気に入りに追加
1006_cameroon1.jpg
その華麗なるプレイから、黒い宝石とも呼ばれ、数多くの欧州チームでプレイしたカメルーンのエース・エトー。

──日本代表戦の初戦の相手は、世界有数のストライカー・エトーが率いるカメルーン。この戦いが予選突破の命運を分けることは言うまでもない。

"エトーとその仲間たち"──。カメルーン代表をひとことで言い表すならば、これしかないだろう。前線に君臨する絶対的なエースと、それを支える10人のチームメイト。よくも悪くも「不屈のライオン(代表の愛称)」は、エトーのチームなのである。

 昨季まで所属していたバルセロナでは5年間でリーグ戦143試合に出場し、108ゴールをマーク。欧州王者を決めたマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ決勝でも、先制弾を叩き込むなど、その勝負強さは記憶に新しいところ。今季はイタリアのインテルに移籍したものの、高い決定力に陰りは見えない。

 予選でカメルーンが奪った全23点のうち、エトーひとりで9ゴールを挙げている。それに次ぐのが3点を挙げた2選手だから、その存在は際立っている。左FWが定位置だが、気がつけばゴール前へ。一瞬で相手を振り切るスピードは抜群で、世界屈指の"点取り屋"といっても過言ではないだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載