サイゾーpremium  > 特集2  > 6月24日 対デンマーク戦「攻守のバラン...
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【4】

6月24日 対デンマーク戦「攻守のバランスがとれた"大崩れしない"組織力」

+お気に入りに追加

──グループリーグ最終戦の対戦相手は"華"こそないものの、手堅い試合運びに定評があるチーム。相手にとっては予選通過がかかる大一番ゆえ、激しい試合が予想される。

1006_danmark1.jpg
190センチを超える恵まれた体格で、デンマークの前線をささえるベントナー。

「オランダは強そうだし、カメルーンにはあのエトーがいる。デンマーク? よくわからないけど、なんか勝てそう」

 昨年12月、W杯の組み合わせ抽選後に、そんなことを感じたファンも多いのではないか。グループEにおいて、日本で最もマイナーな国、それがデンマークの素直な印象だろう。

 しかし、デンマークは本当に弱いのだろうか? いや、少なくとも、簡単に勝てる相手でないことだけは間違いない。

 欧州予選ではクリスティアーノ・ロナウド率いるポルトガル、イブラヒモビッチ擁するスウェーデンと同グループながらも、堂々の首位通過。何より、この厳しい予選を勝ち上がってきたのだから、力がないわけはない。際立ったスター選手こそいないものの、予選では10試合で5失点という堅守が光った。チーム全体でしっかり守って素早いカウンターからゴールを奪う。これがデンマークのスタイルなのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載