サイゾーpremium  > 特集2  > 「圧力」と「赤字」まみれ! 【サッカー関係者匿名座談会】

──景気が良さそうに見えるが、実は、圧力と赤字にまみれ、本当は“ヤバい”ことになっているサッカー界。サッカー誌では絶対に書けないウラ話を関係者に集まって暴露してもらった。

[座談会参加者]
A…サッカー専門誌編集者
B…スポーツ新聞記者
C…フリーランスサッカーライター

1211_zasshi.jpg
書店の棚に並ぶサッカー専門誌。休刊・廃刊するのはどの雑誌が先か……。

──まず、最近の代表取材の雰囲気ってどうなんでしょうか?

A 選手のメディア対応でも悪い話は聞かなくなったよな。こちらの問いかけを無視して素通りするのがスタンスだった中田英寿のようなタイプはいないでしょ? 本田圭佑(CSKAモスクワ)とか香川真司って、ミックスゾーン(スタジアムの取材エリア)ではどんな対応なの?

B 試合前に限れば、本田圭佑選手は話さないときはまったく話さないですよ。ただ試合後はいつもしっかり話しますね。自分のパフォーマンスがよくなかったからとか、気分次第で話さないことがあるとか、そういうムラがあるタイプでもないですね。

C 香川もメディア対応はとてもいいですよ。ただ香川の場合はクラブでの取材が大変みたいです。

A だって世界的な名門マンチェスター・ユナイテッドだからね。あそこはプレミアリーグのクラブの中でも独特のルールを持っているクラブで、取材の規制も世界屈指の厳しさだから。

B オールド・トラフォード(ホームスタジアム)でのデビュー戦があったじゃないですか? そこで見事に初ゴールを決めたのだけど、日本から来たペンの記者(新聞や雑誌の記者)は、誰もミックスゾーンには入れなかった。テレビ局のクルーだけは、クラブに謝礼を払って、コメントの映像撮りをさせてもらったらしいけど。

A そんな大変な状況なんだ。でも、それだとペン記者は仕事にならないよね?

B あのときは日本人のペン記者が入れなかったことを伝え聞いた香川が、わざわざミックスゾーンじゃないエリアまで出てきて、コメントをしてくれたらしいんです。本人のコメントが取れるかどうかは、ペン記者にとって死活問題だからね。

C テレビ業界は景気のいい話を聞くけどさ、紙媒体のメディアはどうなの?

A そこに触れます? こっちは笑えないぐらい悲惨ですよ。まず老舗の専門誌である「サッカーマガジン」(ベースボール・マガジン社)、「サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画出版社)が壊滅状態ですから。ある広告代理店の出稿案内では「公称45万部」なんて記載しているけど、あんなものは大ウソで、「マガジン」は5万部割れの毎号大赤字。「ダイジェスト」も5万部割れですが、「ワールドサッカーダイジェスト」(同)の売れ行きでなんとか持ちこたえているとのこと。

C ベースボール・マガジン社は「サッカーマガジン」をどこかに買い取ってもらおうと動いているという話もあるぐらいです。確かに「マガジン」の記者は、Jリーグの取材現場で見かけなくなりました。誰が試合レビューを書いているんだろうと思って雑誌を確認したら、そもそも試合レビュー自体が掲載されてなかった(笑)。

A 専門誌が試合レビューを掲載しないってことは、サッカーが行われている現場を無視している行為に等しいですよね。

C (苦笑)。今年から注目の試合しか扱わなくなったみたいです。売れてないからなのか、J1の試合取材にも記者を派遣しなくなっている。今年のJ1は鳥栖、札幌が昇格してきたから、毎回の交通費もばかにならないんでしょうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』