サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > ザックジャパン人気に水を差す 独占禁止法...

――現在、2014年W杯ブラジル大会出場を目指してアジア3次予選を戦う、サッカー日本代表。10年8月末にセリエAで辣腕を振るっていたアルベルト・ザッケローニが監督に就任して以来、13戦無敗(10月1日現在)記録を更新中。ザックジャパンの快進撃に伴い、ここ数年低迷していた観客動員も、回復しつつある。

1111_soccer_hp.jpg
日本サッカー協会の公式サイトなどで販売されている「ゴールドナンバー&ネームユニフォーム」。

「今年6月7日に、横浜日産スタジアムで開催されたキリン杯、対チェコ戦の観客数は6万5856人。これは、歴代の日本代表戦、国内観客動員数史上5位となる数字。サッカー日本代表の人気は、02~06年、中田英寿や中村俊輔、稲本潤一ら、スター選手を擁したジーコジャパン時代をピークに陰りが見え始めていました。岡田武史監督時代の09年には、開催地の安全性を危惧する声が高まったこともあり、W杯南アフリカ大会最終予選では当日券が大量に出回ったほど。日本サッカー協会の犬飼基昭会長もあまりの不人気ぶりに頭を抱え、一時、心労でダウンしたという。今回の人気回復には、犬飼会長をはじめとした協会幹部らも、安堵の表情を見せています」(サッカー専門誌デスク)

 そんな苦い過去を味わいながらも、現在、W杯アジア3次予選も首位を快走中のA代表。右ひざ半月板損傷により絶対的エース・本田圭佑が長期離脱中なのは気になるところだが、"もうひとつ"深刻な問題があるという。それは代表ユニフォーム(レプリカ)の売り上げが激減していることだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』