サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【久保建英】“利権”を喰物にする面々
ニュース
久保建英、レアル・マドリード移籍の裏側

日本サッカーの超新星【久保建英】“利権”を喰物にする面々

+お気に入りに追加

日本人選手がついにレアルへ!

今年6月FC東京に所属する18歳の久保建英が、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)のサッカークラブ、レアル・マドリードへと移籍することが発表された。この移籍フィーバーはメディアでも盛んに報道され、石原さとみがなぜかテレビ番組で、「久保の顔が好み」と発言したことまでニュースになっている。

1908_P016-017_P1_320.jpg
久保の父は文藝春秋から本を上梓しており、メディアにも出演する。

 日本サッカー期待の星である久保建英のレアル・マドリードへの移籍は、大きな衝撃をもって報じられた。

「久保にはすでに日本のメディアやスポンサーがついて、熾烈な囲い込みが始まっています。若手中心で臨んだ『コパ・アメリカ2019』でも鋭いプレーを見せて称賛を受けていましたが、実際に強豪ウルグアイ戦で2得点を決めたのは横浜F・マリノスの三好康児(22歳)。彼も日本代表を担う選手として期待されているひとりですが当日の各スポーツ番組では、『久保で企画を作れ』という指示が飛び交いました」(テレビ局スポーツ制作担当)

 18歳ながら日本ではA代表でのレギュラー入りを果たし、コパでも奮闘。また、現在Jリーグで首位のFC東京でも今年はレギュラーに定着し、その快進撃を牽引してきた久保。しかし、もともとはレアルのライバルクラブ・FCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)に所属しており、バルサへの復帰が確実視されていた。今回、この“禁断の移籍”が実現した裏事情に関して、さまざまな憶測が飛び交った。

 バルサ側は移籍の条件として入団後2シーズンはバルサB(リーグの3部)に所属し、年俸は日本円で3300万円と提示してきたが、“トップリーグへの昇格が確実でなかったから久保サイドが拒否した”といった話もあった。しかし実際のところは不明のまま。海外サッカーを取材する記者の見立てはこうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』