サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【久保建英】“利権”を喰物にする面々
ニュース
久保建英、レアル・マドリード移籍の裏側

日本サッカーの超新星【久保建英】“利権”を喰物にする面々

+お気に入りに追加

日本人選手がついにレアルへ!

今年6月FC東京に所属する18歳の久保建英が、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)のサッカークラブ、レアル・マドリードへと移籍することが発表された。この移籍フィーバーはメディアでも盛んに報道され、石原さとみがなぜかテレビ番組で、「久保の顔が好み」と発言したことまでニュースになっている。

1908_P016-017_P1_320.jpg
久保の父は文藝春秋から本を上梓しており、メディアにも出演する。

 日本サッカー期待の星である久保建英のレアル・マドリードへの移籍は、大きな衝撃をもって報じられた。

「久保にはすでに日本のメディアやスポンサーがついて、熾烈な囲い込みが始まっています。若手中心で臨んだ『コパ・アメリカ2019』でも鋭いプレーを見せて称賛を受けていましたが、実際に強豪ウルグアイ戦で2得点を決めたのは横浜F・マリノスの三好康児(22歳)。彼も日本代表を担う選手として期待されているひとりですが当日の各スポーツ番組では、『久保で企画を作れ』という指示が飛び交いました」(テレビ局スポーツ制作担当)

 18歳ながら日本ではA代表でのレギュラー入りを果たし、コパでも奮闘。また、現在Jリーグで首位のFC東京でも今年はレギュラーに定着し、その快進撃を牽引してきた久保。しかし、もともとはレアルのライバルクラブ・FCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)に所属しており、バルサへの復帰が確実視されていた。今回、この“禁断の移籍”が実現した裏事情に関して、さまざまな憶測が飛び交った。

 バルサ側は移籍の条件として入団後2シーズンはバルサB(リーグの3部)に所属し、年俸は日本円で3300万円と提示してきたが、“トップリーグへの昇格が確実でなかったから久保サイドが拒否した”といった話もあった。しかし実際のところは不明のまま。海外サッカーを取材する記者の見立てはこうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号