> 201904の検索結果

201904 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

松嶋菜々子が『なつぞら』で主役気取り? 取り巻きの数で主演・広瀬すずを圧倒中!

――  かつては引き連れる“取り巻き”の数がそのままタレントのステータスを表すという風潮があったが、あの女優もそれを意識しているのだろうか。  広瀬すずがヒロインを務めるNHK朝ドラ『なつぞら』第1週の平...

松嶋菜々子が『なつぞら』で主役気取り? 取り巻きの数で主演・広瀬すずを圧倒中!
新着
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『なつぞら』広瀬すずが鈴木杏樹を激怒させた禁断の一言って!?

――  女優・広瀬すずがヒロインを務めるNHK朝ドラ『なつぞら』第1週の平均視聴率が22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。過去5年の朝ドラでトップという好スタートを切った。

『なつぞら』広瀬すずが鈴木杏樹を激怒させた禁断の一言って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

ピーエル瀧、損害賠償5億円超も「自己破産しない」発言の真意……欧州で「カリスマVJ」として再起!?

――  面会した関係者に「自己破産はしない」と語った裏に、彼なりの“勝算”があったようだ。  コカインを摂取したとして麻薬取締法違反罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告。4月4日に保釈が認め...

ピーエル瀧、損害賠償5億円超も「自己破産しない」発言の真意……欧州で「カリスマVJ」として再起!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

ミッツ・マングローブが石橋貴明にクビ切りされた!『たいむとんねる』で“無駄”判断か

――  あからさまな「クビ」に、視聴者は騒然となったようだ。  バラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が4月8日放送回からリニューアルされた。

ミッツ・マングローブが石橋貴明にクビ切りされた!『たいむとんねる』で“無駄”判断か
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

大橋未歩が「打倒カトパン」に怪気炎!? 『5時夢』に“エロ路線”大復活!

――  元テレビ東京の大橋未歩アナが4月から情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)の8代目アシスタントに就任する。  同番組といえば、マツコ・デラックスなど個性的なコメンテーターが多く、7代目アシス...

大橋未歩が「打倒カトパン」に怪気炎!? 『5時夢』に“エロ路線”大復活!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

イチロー争奪戦が激化! 日本で芸能活動なら「ホリプロ」に所属へ?

――  引退を表明した大リーグ・マリナーズのイチローを巡り、テレビ局で争奪戦が始まっている。そんな中。芸能界の“とある大物”との関係が業界内で注目を浴びているという。

イチロー争奪戦が激化! 日本で芸能活動なら「ホリプロ」に所属へ?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

元欅坂46・今泉佑唯の巨乳が“ロケットGカップ”にエロ進化!

――  有吉弘行も番組で絶賛していたウワサの巨乳が、さらに進化していた!  3月29日発売の「FRIDAY」(講談社)で、元欅坂46・今泉佑唯が表紙&グラビアに登場。そのセクシーすぎるショットが話題を呼ん...

元欅坂46・今泉佑唯の巨乳が“ロケットGカップ”にエロ進化!
第2特集
<緊急特別企画>

[緊急企画!]本人の健康や受動喫煙への影響、紙巻きたばことの違いは?加熱式たばこ拡大は是か非か?

―― 市場に定着した感のある「アイコス(IQOS)」などの加熱式たばこ。「煙が出ない」「有害な化学物質の発生量が少ない」といった印象から人気が拡大しているが、健康への影響は研究途上。医師の間では「程度の差は...

[緊急企画!]本人の健康や受動喫煙への影響、紙巻きたばことの違いは?加熱式たばこ拡大は是か非か?
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【7】

【薔薇族回顧譚】「薔薇族」万引きで自殺――伊藤文學の忘れられない事件

―― 過去6回にわたり、日本におけるゲイ雑誌の興隆を駆け足で追ってきた。しかしここで改めて時間を巻き戻し、「薔薇族」編集長として伊藤が体験した、いくつかの重要な出来事にフォーカスしていきたい。

【薔薇族回顧譚】「薔薇族」万引きで自殺――伊藤文學の忘れられない事件
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【7】

【マニアックすぎる業界(裏)話】ゲイのハッテン場リアル放浪記~おテンバします?~

―― あるところに、D×D(デブ専デブ)とD×S(デブ専スリム)という2人のゲイがおりました……。『本日もおひとりホモ。』(ぶんか社)など、ゲイの日常を哀愁と笑いで描いてきた熊田プウ助が綴る、ノンケ立ち入り...

【マニアックすぎる業界(裏)話】ゲイのハッテン場リアル放浪記~おテンバします?~
連載
友清哲のビールの怪人【10】

琉球でビールを造る老舗酒販店の3代目――コザだからこそ、のビールでお客さんをお迎え!

―― 沖縄でビールといえば、なんといってもオリオンビールのイメージが強い。国内第5位のシェアを誇る、ビール党なら知らぬ者のない銘柄だ。

琉球でビールを造る老舗酒販店の3代目――コザだからこそ、のビールでお客さんをお迎え!
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【6】

【マニアックすぎる業界(裏)話】スナックに出現するヤバすぎ怪人たち

―― 働く男たちが寂しさを持ち寄り、1日の疲れを癒しに集う場所、それがスナック。今宵も怪しい男たちが集まる……。

【マニアックすぎる業界(裏)話】スナックに出現するヤバすぎ怪人たち
インタビュー
マルチクリエイターの華麗なるラッパー転身

【Thirteen13】スウィズ・ビーツ「Echo」のミュージックビデオにも出演する才媛がラップで伝える真義

―― 自らを“ハイクラスビッチ”と呼称してしまうマルチクリエイター・歌代ニーナが、名義を忌み数に変えてラッパーデビュー。このフロウ、いつしかクセになる……!?

【Thirteen13】スウィズ・ビーツ「Echo」のミュージックビデオにも出演する才媛がラップで伝える真義
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

マッカーサーと昭和天皇(3)

―― 韓国・仁川にある小高い丘の上に「自由公園」という名の公園がある。清と日本の租界の名残をとどめるチャイナタウンを抜けて丘を登ったところにある、韓国で最初の西洋式公園だ。この場所にダグラス・マッカーサーの...

マッカーサーと昭和天皇(3)
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【5】

【マニアックすぎる業界(裏)話】現地ルポルタージュ!ウマくてヤバいグルメ川崎

―― ノンフィクション『ルポ 川崎』で注目される工業都市・川崎。今度は、この街のウマくてヤバいメシをドキュメント!?

【マニアックすぎる業界(裏)話】現地ルポルタージュ!ウマくてヤバいグルメ川崎
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」【12】

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】〈Gスポット用バイブ〉でもう普通のオナニーに戻れない!

―― アダルトグッズ研究所では、おたけ所長が電話の真っ最中。なんだか深刻なお話のようで、助手の植野君とアントニー君がドキドキしながら見守っています。その詳しい内容は後ほどお伝えしますが、まずは世の女性たちを...

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】〈Gスポット用バイブ〉でもう普通のオナニーに戻れない!
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【27】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】世界でファンを増やし続ける〈SHIBARI〉とは?

―― 近年、世界でもファンが急増しているSHIBARI(シバリ)。そう、緊縛のことだ。今回紹介するのは、関西を拠点に活躍するSM女王のSAKIだ。

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】世界でファンを増やし続ける〈SHIBARI〉とは?
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【4】

【マニアックすぎる業界(裏)話】~連載していたのに単行本が出ない!?~業界実録! ほんとにあったマンガ家のコワイ話

―― 夢の大手誌での連載を獲得したのに業界の慣習のせいで単行本が出ない!? なんとか単行本を出すために奮闘していくが、不幸は重なっていき……トホホなマンガ家が半生を綴る!

【マニアックすぎる業界(裏)話】~連載していたのに単行本が出ない!?~業界実録! ほんとにあったマンガ家のコワイ話
連載
五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第六回】

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】ラッパー・なかむらみなみが抱く麻薬で壊れた母の肖像(前編)

―― 「川にすべての記憶がつながってる」 神奈川県藤沢市、引地川に沿って歩く。上流の山寄りの町で、人が埋められた景色を見た。母が逮捕されたのは、河口にほど近い平坦な道だった。家から逃げて歩いたのも、路上生活...

 【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】ラッパー・なかむらみなみが抱く麻薬で壊れた母の肖像(前編)
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第136回

『ビリーブ 未来への大逆転』アメリカの未来を担う女性最高裁判事はいかにして生まれたか?

―― 連邦最高裁の判事ルース・ベイダー・ギンズバーグは現在86歳。1993年、ビル・クリントン大統領によって任命されたギンズバーグは、サンドラ・オコナーに次ぐ史上二番目の女性最高裁判事として、すべての人々の...

『ビリーブ 未来への大逆転』アメリカの未来を担う女性最高裁判事はいかにして生まれたか?
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【3】

【マニアックすぎる業界(裏)話】それゆけナカミニくん~戦えエロコメ自主規制!~

―― 巨匠・中西やすひろ先生が昨今のエロ描写事情を斬る!

【マニアックすぎる業界(裏)話】それゆけナカミニくん~戦えエロコメ自主規制!~
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【46】

天皇皇后両陛下60年の歩みに思いを馳せる――現れた皇后様のお姿に圧倒

―― 各地を巡回している写真展「天皇皇后両陛下-ともに歩まれた60年」に伺い、両陛下の博愛的なご活動に感動いたしました。被災者や障害者の方々の心に寄り添われ、海外では土地の戦没者の墓にお参りされ、そんな両陛...

天皇皇后両陛下60年の歩みに思いを馳せる――現れた皇后様のお姿に圧倒
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【147】

【神保哲生×宮台真司×デービッド・アトキンソン】「勤勉さで経済大国に」という日本人の誤解

―― 勤勉さ、そして技術力で日本は世界屈指の経済大国へと発展した――。誰もが一度は耳にしたことがあるフレーズだが、かつて金融業界で辣腕を振るい、現在、文化財の補修を行う企業のトップ、デービッド・アトキンソン...

【神保哲生×宮台真司×デービッド・アトキンソン】「勤勉さで経済大国に」という日本人の誤解
第2特集
<特別インタビュー>

孤高のキングが闘う者たちと自身へ捧げるアンセム

―― 日本のヒップホップ・シーンのみならず、音楽業界を背負って立つほどの存在とまでなったAK-69。新作『THE ANTHEM』を引っ提げ、久方ぶりに本誌に登場。国内ヒップホップ・シーンでは前人未踏となる武...

孤高のキングが闘う者たちと自身へ捧げるアンセム
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【2】

【マニアックすぎる業界(裏)話】帰ってきた真夢子おね~さん〈SNS時代のマンガ編集者篇〉

―― かつて本誌に『教えてっ! 真夢子おね~さん』を連載していた田中圭一氏。その後『うつヌケ』が大ヒットした彼が、今のマンガ編集者に物申す!

【マニアックすぎる業界(裏)話】帰ってきた真夢子おね~さん〈SNS時代のマンガ編集者篇〉
連載
[連載]カナ夫&カナ子の「LA大麻栽培記」【4】

剪定した不要なマリファナの葉の天ぷらを食べてみた!

―― ウチでフリーダという名で育てている、Chocoloco品種のカナビス(マリファナ)の雌株。前回レポートしたようなトッピングやLSTなどを行った栄養成長期の後、すくすくと育ち、“flowering st...

剪定した不要なマリファナの葉の天ぷらを食べてみた!
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【47】

時代の必然として廃れていくサブカルチャー――幽霊、滅びゆくエロ本と故郷喪失者。

―― 1964年の東京オリンピックでは来日する外国人に恥を晒すわけにいかないと、慌ててゴミ回収車を走らせ、殺鼠剤を配布したが、今回は大手コンビニチェーン各社が成人向け雑誌の販売を中止する。もっとも、紙媒体の...

時代の必然として廃れていくサブカルチャー――幽霊、滅びゆくエロ本と故郷喪失者。
第2特集
全7作家40ページオールマンガ特集!!【1】

【マニアックすぎる業界(裏)話】西島大介がマンガ特集をナビゲート!

―― 「サイゾー」のマンガ特集では、田中圭一先生や中西やすひろ先生ら、一癖も二癖もあるマンガ家たちがマニアックな業界のドープなネタを描き下ろし! マンガ業界の出版事情から出版社によるエロ表現規制、川崎グルメ...

【マニアックすぎる業界(裏)話】西島大介がマンガ特集をナビゲート!
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【67】

【チャイルディッシュ・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチかも!「万能の人」C・ガンビーノ

―― 「ちるちる」という名のBLサイトは、私の腐女子系イベントを告知してくれたことがあり、レオナルド・ダ・ヴィンチ『ウィトルウィウス的人体図』の可動フィギュアが発売されたことをウケて、「丸屋九兵衛さんに似て...

【チャイルディッシュ・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチかも!「万能の人」C・ガンビーノ
第1特集
ゲイ雑誌はエロとどう向き合ってきたか

エポックだった「薔薇族」に、新たなスタイルを模索した「MLMW」――「バディ」休刊で消滅の危機!!“エロ”から見るゲイ雑誌興亡史

―― 今年1月に「バディ」が休刊したことで、日本における商業ゲイ雑誌は残すところ1誌となった。1971年の「薔薇族」創刊以降、約50年続いてきた日本の商業ゲイ雑誌だが、そのかたわらには常にエロがあったと言っ...

エポックだった「薔薇族」に、新たなスタイルを模索した「MLMW」――「バディ」休刊で消滅の危機!!“エロ”から見るゲイ雑誌興亡史
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【6】

日本のスーパーマーケットがアリババに制圧される日

―― 「あの西友のスーパーマーケットを、アリババが買収して、中国流に改造してくれたら本当にいいですよね。そしたら買い物がめちゃくちゃ便利になりますから」

日本のスーパーマーケットがアリババに制圧される日
第1特集
AVをヒップホップで科学する

【R-指定×美谷朱里】“言葉攻め”と“バトルラップ”は邂逅する……のか!? 常勝MCがAV女優からコンプラ攻めでKO!

―― 最強バトルMC・R-指定が、最近特にお気に入りだという中出し専門のAVレーベル本中を、HIPHOP目線で徹底的に解剖。同社の作品に10作以上出演をしている大人気企画女優・美谷朱里をナビゲーターにして、...

【R-指定×美谷朱里】“言葉攻め”と“バトルラップ”は邂逅する……のか!? 常勝MCがAV女優からコンプラ攻めでKO!
インタビュー
若者が奏でる、今を生きるロックンロール

【錯乱前戦】「『太鼓の達人』でブルーハーツにハマった」回顧主義ではない同時代のロックンロール

―― 今年、成人式を迎えた青年たちで構成されたバンド、錯乱前戦。彼らが鳴らす音楽は荒々しくて青くさく、ブルーハーツや銀杏BOYZを彷彿させるが、紛れもなくこの時代のロックンロールである。

【錯乱前戦】「『太鼓の達人』でブルーハーツにハマった」回顧主義ではない同時代のロックンロール
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【34】

逸脱が許されなくなっていく社会の中で、エイプリルフールという祭りが持つ意義

―― 間もなく4月1日のエイプリルフールがやってくる。毎年この日だけは世界中でありとあらゆる嘘が生み出され、いわばロクでもない嘘であっても許される無礼講の日であり、「嘘をついてはいけない」という一種のルール...

逸脱が許されなくなっていく社会の中で、エイプリルフールという祭りが持つ意義
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
テクノロジーで性の問題を解決【1】

日本はセックステックでも圧倒的な後進国に!?――自分好みのAIラブドール爆誕! データで管理するセックステック

―― IoT(モノのインターネット化)が一般化する中で、セックスもインターネットに接続しつつある昨今。バイブや女性の生理周期を記録するアプリなどのフェムテックも重要性を増している。経済衰退やテクノロジー発展...

日本はセックステックでも圧倒的な後進国に!?――自分好みのAIラブドール爆誕! データで管理するセックステック
第1特集
テクノロジーで性の問題を解決【2】

「ロボット売春」が問題視!――AIドールに待った!? セックステックの倫理学

―― テクノロジーの進化の過程では必ず、法や倫理の問題が浮上してくるが――。

「ロボット売春」が問題視!――AIドールに待った!? セックステックの倫理学
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【45】

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ

―― 仕事柄、テレビはわりと見るほうだ。なんなら各局満遍なくチェックしている自負もあった。だがどうやら私は、知らぬ間に「TBSを見ない大人」になってしまったようである。

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第63回

【クロサカタツヤ×高須正和】世界を駆け巡るメイカーの伝道師が語る日本人が目指すべき道

―― 日本にはイノベーションが足りない、ジョブズが出てこない、なんて日本を卑下するご意見をよく目にします。でも、よくよく考えてみると日本にはおもしろいものがたくさんあるし、日本発で世界に広まったものってたく...

【クロサカタツヤ×高須正和】世界を駆け巡るメイカーの伝道師が語る日本人が目指すべき道
第1特集
美しすぎる逸材が登場!

2019年の新定番“微”エロ――自然なままの【仲村美海】彼氏目線の微エロ撮

―― 本特集のグラビアを飾ってくれたのは、ひょんなことからグラビアアイドルとしてデビューを飾ることになった仲村美海さん。いつもの彼女とは違う側面を打ち出すべく、「部屋でまったり休日を満喫し、撮影は美海さんの...

2019年の新定番“微”エロ――自然なままの【仲村美海】彼氏目線の微エロ撮
連載
オトメゴコロ乱読修行【48】

『失恋ショコラティエ』を読んで女たちは“第二希望”にまみれた現実を受け入れた

―― 「愛されメイク」「愛されコーデ」という言葉がある。男ウケのいい化粧やファッションのことを指すが、その先には「いい男をつかまえたい(≒高収入のイケメンと結婚したい)」という女たちの明確な目的がある。……...

『失恋ショコラティエ』を読んで女たちは“第二希望”にまみれた現実を受け入れた
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.80

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く

―― 私は電話魔である。1日50件以上電話している。「古めかしい」と言われても、サイゾー社長・揖斐から「高須さんの17時以降の電話は酔っ払っているから絶対に出ない」と言われてもかける。

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く
第1特集
国内ヒップホップの生ける伝説

お持ち帰りは7人! “大家族状態”……“エロ神”t-Aceに問う女性蔑視へのアンサー

―― 今もっとも輝くラッパーであり、赤裸々かつド直球すぎるリリックや物言いで人気を欲しいままにしているt-Ace。いじめられっ子だった幼少時代を経てヒップホップと出会い、現在は“エロ神”として崇められる存在...

お持ち帰りは7人! “大家族状態”……“エロ神”t-Aceに問う女性蔑視へのアンサー
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第129回「ちえみリボーン ~堀ちえみさんに贈る応援歌~」

―― 新しく生まれ変わるよちえみさん「フラッシュダンス」響く朝に

念力事報 第129回「ちえみリボーン ~堀ちえみさんに贈る応援歌~」
第1特集
大改革を迫られるラッパーの性意識

女性蔑視がまかり通った世界の変調――R・ケリー“セックスカルト”は悪か? USヒップホップのイビツな性

―― R&BシンガーのR・ケリーが若い女性たちを洗脳し、共同生活を送っていた――。そんな“セックスカルト”問題で米国社会がざわついている。一方、ラップのリリックには相変わらず「ビッチ」「プッシー」が多用され...

女性蔑視がまかり通った世界の変調――R・ケリー“セックスカルト”は悪か? USヒップホップのイビツな性
ニュース
追い込まれ迷走するビデオリサーチの現状

テレビ視聴率に激震!――電通と決裂したビデオリサーチの落日

―― 「このままじゃ、番組の打ち上げもできませんよ!」と、あるバラエティ番組のディレクターは嘆いた。というのも、テレビの視聴率を調査するビデオリサーチ社(以下、VR社)と民放各社では、「番組の視聴率を放送開...

テレビ視聴率に激震!――電通と決裂したビデオリサーチの落日
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【遠山茜子】「裸祭りが地元の誇り!」No.1ギャルと呼ばれる苦悩

―― やっと暖かくなってきたこの時期、洗濯物にツツミカクサレたのは、遠山茜子ちゃん。“No・1ギャルモデル”と呼ばれる通り、日焼けした肌とのコントラストがまぶしかったです。

【遠山茜子】「裸祭りが地元の誇り!」No.1ギャルと呼ばれる苦悩
第1特集
他人事じゃない? セックス依存症の恐怖

アメリカ大統領から世界的アスリートまで――正常と異常の間で揺れるセックス依存症の定義と最前線

―― 派遣型マッサージ店の女性に暴行した俳優、不倫に溺れた大統領、数多くの女性と不貞行為にふけった世界的アスリートなど、セックスを取り巻く事件やスキャンダルは枚挙に暇がない。こうした事件の加害者とセックス依...

アメリカ大統領から世界的アスリートまで――正常と異常の間で揺れるセックス依存症の定義と最前線
ニュース
止まらない“ZOZO離れ”、起死回生なるか!?

剛力彩芽も窮地に!?――ブランド撤退相次ぐZOZO崩壊の兆候

―― オンワードをはじめ出店ブランドの“ZOZO離れ”が報じられているファッションECサイト「ZOZOTOWN」。18年に開始した「ZOZOSUIT」も大爆死するなど、運営会社ZOZOの業績は芳しくないよう...

剛力彩芽も窮地に!?――ブランド撤退相次ぐZOZO崩壊の兆候
インタビュー
マクドナルドCMに出演する注目女優参上!

【桃果】高校を卒業したばかりの注目女優は“クラスの妹的存在”!?

―― 現場では小学生に間違えられることもあるけれど、持ち前の明るさと演技力で周囲の人たちをとりこにしていく!

【桃果】高校を卒業したばかりの注目女優は“クラスの妹的存在”!?
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』