サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【67】/【C・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチ
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【67】

【チャイルディッシュ・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチかも!「万能の人」C・ガンビーノ

+お気に入りに追加

『“Awaken, My Love!”』

1904_FHS_04_JK_230.jpg

チャイルディッシュ・ガンビーノ(販売元:ユニバーサルミュージック)

例の「Redbone」は、ブーツィーズ・ラバー・バンド「I'd Rather Be with You」を下敷きに、プリンス「If I Was Your Girlfriend」的に展開した極上ファルセット曲。ほかにもパーラメントっぽい曲とファンカデリックっぽい曲が別に存在するという贅沢さ。スライ風味もある。こんなアルバムが2010年代に作られたという奇跡に感謝。

「ちるちる」という名のBLサイトは、私の腐女子系イベントを告知してくれたことがあり、レオナルド・ダ・ヴィンチ『ウィトルウィウス的人体図』の可動フィギュアが発売されたことをウケて、「丸屋九兵衛さんに似てる気が……」とツイートしてくれたこともある。当方、感謝の思いでいっぱいだ。

 さて、レオナルド・ダ・ヴィンチ。芸術家、科学者、発明家、「人類史上もっとも多才」ともいわれる、15~16世紀の天才だ。「万能の人」のことをルネッサンス・マンと呼ぶのは、ダ・ヴィンチの存在ゆえだろう。

 この現代に「万能の人」の称号にふさわしい人物がいるとしたら、それは間違いなくドナルド・グローヴァーだろう、と強く思う。グラミー賞の動向にはドン・ギブ・ア・ファックな私ではあるが、それでもやはり、彼の「This Is America」が、レコード・オブ・ザ・イヤーを獲得した初のラップ曲となったことは喜ばしい。だから今回は彼について書こう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報