サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【67】/【C・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチ
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【67】

【チャイルディッシュ・ガンビーノ】21世紀のダ・ヴィンチかも!「万能の人」C・ガンビーノ

+お気に入りに追加

『“Awaken, My Love!”』

1904_FHS_04_JK_230.jpg

チャイルディッシュ・ガンビーノ(販売元:ユニバーサルミュージック)

例の「Redbone」は、ブーツィーズ・ラバー・バンド「I'd Rather Be with You」を下敷きに、プリンス「If I Was Your Girlfriend」的に展開した極上ファルセット曲。ほかにもパーラメントっぽい曲とファンカデリックっぽい曲が別に存在するという贅沢さ。スライ風味もある。こんなアルバムが2010年代に作られたという奇跡に感謝。

「ちるちる」という名のBLサイトは、私の腐女子系イベントを告知してくれたことがあり、レオナルド・ダ・ヴィンチ『ウィトルウィウス的人体図』の可動フィギュアが発売されたことをウケて、「丸屋九兵衛さんに似てる気が……」とツイートしてくれたこともある。当方、感謝の思いでいっぱいだ。

 さて、レオナルド・ダ・ヴィンチ。芸術家、科学者、発明家、「人類史上もっとも多才」ともいわれる、15~16世紀の天才だ。「万能の人」のことをルネッサンス・マンと呼ぶのは、ダ・ヴィンチの存在ゆえだろう。

 この現代に「万能の人」の称号にふさわしい人物がいるとしたら、それは間違いなくドナルド・グローヴァーだろう、と強く思う。グラミー賞の動向にはドン・ギブ・ア・ファックな私ではあるが、それでもやはり、彼の「This Is America」が、レコード・オブ・ザ・イヤーを獲得した初のラップ曲となったことは喜ばしい。だから今回は彼について書こう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』