サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【R-指定×美谷朱里】AVとヒップホップの邂逅

――最強バトルMC・R-指定が、最近特にお気に入りだという中出し専門のAVレーベル本中を、HIPHOP目線で徹底的に解剖。同社の作品に10作以上出演をしている大人気企画女優・美谷朱里をナビゲーターにして、いかに「本中」がリアルなのか、言葉攻めとフリースタイルの共通点など、共鳴するはずもないと思われていた2ジャンルがまさかの邂逅を果たした!

1904_CMYK_02280047_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 人気ヒップホップユニット・CreepyNutsのMCであるR-指定。即興で言葉を巧みに操り、MCバトルでもその無敵さを見せつけてきた彼があるライブ中のMCで突然、最近気に入ってるAVレーベル「本中」について話し始めた。「本中」とは、人気ジャンルである「中出し」を専門として、2010年に設立したAVレーベルのことである。そこで今回、同レーベルの作品に出演し、R-指定が一番お気に入りだというAV女優・美谷朱里にナビゲーターをお願いし、「本中」の謎に迫っていく対談をセッティング。当日は、本中で数多くの作品を手がけ、美谷と“師弟関係”ができ上がりつつあるというプロデューサーの智子氏、そしてAV監督のタイガー小堺氏も緊急参戦。「本中」にまつわるクロストークが炸裂する!

R-指定 そもそも美谷さんは、いつから性に目覚めたんですか?

美谷 あんまり覚えていないんですけど、中学生くらいのときにちょっとした興味で、パソコンで“おっぱい”って検索して。そしたら「巨乳でおっぱい」っていう、無料でAVが観られるサイトが出てきたんです。

R-指定 性の芽生えがパソコンでっていうのもすごいっすね。たぶん俺らくらいの年齢が、道端に落ちてるエロ本を拾って性に目覚めた最後の世代だと思う。

美谷 私も「うわ~絶対観ちゃダメだ~」と思いながら、結局しっかり観てました。一回、スパム広告が止まらなくなった時があって、家族共用のパソコンだったので「知らない! 知らない!」ってなりましたね。

R-指定 その頃、AV女優さんにはどういうイメージを持ってました?

美谷 正直、最初は「AV女優なんて……」って思ってたんですよ。「どうせビッチだ」「貞操観念ヤバそう」とかいろいろ思ってて。でもその後、上原亜衣さんに影響を受けたんですよね。亜衣ちゃんの作品を見て、すごく楽しそうにやってるし、ほかの子と違うなって。AV女優=上原亜衣みたいになったんです。それからテレビ番組などで『恵比寿マスカッツ』を観て色んな女優さんを見つけて、「面白いじゃん」ってなりました。

智子 実は、亜衣ちゃんが本物中出し企画をはやらせたんですよ。今は引退されましたが、当時ものすごく人気で、このクラスの子がそれをバンバンやり始めた途端、ほかの子も「亜衣ちゃんがやってるなら私も」ってなっていったんです。

美谷 本物中出しだけじゃなくて、ハードなアナルプレイとか色んな企画もやってて、「こんなにかわいい子が」って思いますよね。

R-指定 ほんまに業界を変えたんですね。しかも単純に女の子からしてもかわいい、ちゃんと憧れの対象としてAV女優さんがいるっていうのは素敵やなと思いますね。

中で出す行為よりも本=リアルが大事

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』