サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【27】/世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【27】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】世界でファンを増やし続ける〈SHIBARI〉とは?

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1904_ASH_04_PH_520.jpg
フェイスブック〈@kamijoo.saki

 近年、世界でもファンが急増しているSHIBARI(シバリ)。そう、緊縛のことだ。今回紹介するのは、関西を拠点に活躍するSM女王のSAKIだ。

 俺が初めてシバリを見たのは、17歳くらいのときに見たボンデージ・プレイにおけるポルノでのことだった。でも、アメリカのシバリなんて、日本のそれと比較したら、全然話にならない。日本のシバリこそ本家本元、SMプレイとしてだけでなく、アートフォームとして確立されている素晴らしいものだ。

 SAKIと初めて会ったのは2年くらい前だったかな。彼女がオーナーを務める、神戸の小さなSMバーだ。残念なことに、土地の再開発かなんかで、もうそのバーはなくなってしまったんだが、SAKIはシバリを始めた理由をこう話す。

「縛るのはSMにおいて必須のことなので覚えました。ショウを見に来るお客さんが全員男性ということもあって、ショウではステージの上で女性を縛って見せています」

 そういったショウだけでなく、個人やカップルからのプライベートのリクエストで縛ることもあるそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那