サイゾーpremium  > 連載  > 【Gスポット用バイブ】でもう普通のオナニーに戻れない!
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」【12】

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】〈Gスポット用バイブ〉でもう普通のオナニーに戻れない!

+お気に入りに追加

――おたけ博士・植野行雄・アントニーが、過激な実験でアダルトグッズを科学する!

1904_0124s_90758t_fix_520.jpg
(写真/斎藤大嗣)

 アダルトグッズ研究所では、おたけ所長が電話の真っ最中。なんだか深刻なお話のようで、助手の植野君とアントニー君がドキドキしながら見守っています。その詳しい内容は後ほどお伝えしますが、まずは世の女性たちを“ドキドキ”させてくれる商品をご紹介しましょう!

――今月の研究テーマは、女性のGスポットを刺激してくれるバイブレーターの「アピチェ」です。

アントニー 見た感じは、普通のバイブと変わらない気がしますね。

おたけ まずは先端部分を、よ~く見てみろ。「クリックボール」が内蔵されていて、握りにあるボタンを操作すると、グリグリとスイングするシステムになっている。しかも、挿入したときに女性のGスポットとジャストフィットする位置に配置されているから、ピンポイントで性感帯を刺激してくれるんだ。その快感は、普通のバイブでは絶対に味わえないものだぞ。

――このアピチェは、オナニー好きの女性モニター20人の意見を最大限に取り入れて共同開発された、“女性の女性による女性のためのバイブ”です。

植野 女性が考えたバイブなんやね。

アントニー オナニーだけじゃなく、エッチのときにも使えそう。ただ、いつものエッチとアピチェを挿れたときの反応が全然違ったら悲しくなりそうだけど。

おたけ そのときはアピチェの構造を研究して、自分の指でもGスポットを刺激できるように努力すべきだな。

アントニー さすがは手マンのスペシャリスト。言うことが違いますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』