サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【34】/【エイプリルフール】という祭り
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【34】

逸脱が許されなくなっていく社会の中で、エイプリルフールという祭りが持つ意義

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1904_MF_04_PH_230.jpg
神奈川県大和市に実在する左馬神社。もしかしたら、その名称にあやかって、サバを最大限に生かした奇祭が生まれるかもしれない!?(写真/大石慶子)

 間もなく4月1日のエイプリルフールがやってくる。毎年この日だけは世界中でありとあらゆる嘘が生み出され、いわばロクでもない嘘であっても許される無礼講の日であり、「嘘をついてはいけない」という一種のルールから逸脱することが許される日でもある。その意味でエイプリルフールとは、世界規模の祭り(騒ぎ)であるとも言えるのではないだろうか。日本ではこの4月1日が新元号発表の歴史的タイミングのため(施行は5月1日)エイプリルフールどころではないかもしれないが、今回は「“祭り”としてのエイプリルフール」について考えてみたい。

 多くの祭りがそうであるように、エイプリルフールの起源もまたはっきりとしない。16世紀のフランスで始まったという説もあれば、インドの揶揄節やイギリスのオークアップルデイ(王政復古の記念日)から始まったとする説もあって、諸説入り乱れている。そうした出どころのはっきりしない行事がいつの間にか習慣化し、伝統的風習として広く認知されるようになったわけで、その点も多くの祭り・伝統行事に通じる。

 しかし近年、そうしたエイプリルフールのあり方も少しずつ変わりつつある。もっとも大きいのは、フェイクニュースという「嘘」が氾濫し、世界的にエイプリルフールという他愛もない風習を楽しむ余裕がなくなっているということだ。引っかかった者をクスッとさせるような可愛らしい嘘ならともかく、現代では嘘や噂がネット上でシェアされ続ける中で、いつの間にか真実とすり替わり、時には捏造された真実が世論を動かしてしまうことさえある。フェイクニュースという嘘は、いわば誰もが手にし、簡単に使うことができる武器にもなる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報