サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【34】/【エイプリルフール】という祭り
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【34】

逸脱が許されなくなっていく社会の中で、エイプリルフールという祭りが持つ意義

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1904_MF_04_PH_230.jpg
神奈川県大和市に実在する左馬神社。もしかしたら、その名称にあやかって、サバを最大限に生かした奇祭が生まれるかもしれない!?(写真/大石慶子)

 間もなく4月1日のエイプリルフールがやってくる。毎年この日だけは世界中でありとあらゆる嘘が生み出され、いわばロクでもない嘘であっても許される無礼講の日であり、「嘘をついてはいけない」という一種のルールから逸脱することが許される日でもある。その意味でエイプリルフールとは、世界規模の祭り(騒ぎ)であるとも言えるのではないだろうか。日本ではこの4月1日が新元号発表の歴史的タイミングのため(施行は5月1日)エイプリルフールどころではないかもしれないが、今回は「“祭り”としてのエイプリルフール」について考えてみたい。

 多くの祭りがそうであるように、エイプリルフールの起源もまたはっきりとしない。16世紀のフランスで始まったという説もあれば、インドの揶揄節やイギリスのオークアップルデイ(王政復古の記念日)から始まったとする説もあって、諸説入り乱れている。そうした出どころのはっきりしない行事がいつの間にか習慣化し、伝統的風習として広く認知されるようになったわけで、その点も多くの祭り・伝統行事に通じる。

 しかし近年、そうしたエイプリルフールのあり方も少しずつ変わりつつある。もっとも大きいのは、フェイクニュースという「嘘」が氾濫し、世界的にエイプリルフールという他愛もない風習を楽しむ余裕がなくなっているということだ。引っかかった者をクスッとさせるような可愛らしい嘘ならともかく、現代では嘘や噂がネット上でシェアされ続ける中で、いつの間にか真実とすり替わり、時には捏造された真実が世論を動かしてしまうことさえある。フェイクニュースという嘘は、いわば誰もが手にし、簡単に使うことができる武器にもなる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』