サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/【ツイッター】の存在はしたり顔の戯言で下品!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.80

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1904_takasu0904_230.jpg
雛祭りの日に「熟女クイーンコンテスト」を開催した。43歳の森下美緒がグランプリに輝いた。2児の母ながら、166センチ、B85・W61・H94の体型をキープしている。あっぱれ!

 私は電話魔である。1日50件以上電話している。「古めかしい」と言われても、サイゾー社長・揖斐から「高須さんの17時以降の電話は酔っ払っているから絶対に出ない」と言われてもかける。

 来客は1日15~20人。名刺交換は毎月約200枚。週刊誌をまめに読む。毎週10誌は読み、雑誌、新聞連載は常に3本以上ある。こうした状況は、出版業を始めてから25年間変わっていない。

 さらに、銀座まじかなと新宿ロフトプラスワンで平均50~100人ほどの規模のイベントを開催している。昨年はまじかなで11回、ロフトで3回。3月3日に開催した「熟女クイーンコンテスト」の観客は8割常連。2割新規。8月15日の反戦デーイベントは少なく、20~30人しか来ない。10月21日にも行った「熟女クイーン~」は座るところがないくらいに盛り上がった。

 というわけで、言いたいことは、これらを通して言える状況だ。電話や顔を合わせる人と話す。連載もある。場合によっては他のメディアでコメントを出せる、ライブハウスもある。ブログも10年間、毎朝15分間遺書のつもりでコツコツと書き続けて、1日多いときは5000、平均2500人が読んでいる。

 そういう生活だから、会ったこともない匿名のヤツとどうのこうの議論したくないし、そんなヤツらが何を言おうと構わない。それ、すなわちツイッターである。

 ここでも報告した通り、ある編集者からの強い勧めで2月から始めてみたものの、顔の見えない相手と構えるツイッターは、蹴手繰り、鯖折り、うっちゃり、あるいは猫騙しのようだ。そうした奇策は好まない。私はいつもがっぷり四つに組む、夏目漱石が言うところの「互殺の平和」が好きだ。正攻法は古めかしいと自分でも思うが、これはこれでいい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』