サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 高須基仁の「全摘」/【ツイッター】の存在はしたり顔の戯言で下品!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.80

ツイッターを始めてみたがしたり顔の戯言で下品!  私は今後も「互殺」を貫く

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1904_takasu0904_230.jpg
雛祭りの日に「熟女クイーンコンテスト」を開催した。43歳の森下美緒がグランプリに輝いた。2児の母ながら、166センチ、B85・W61・H94の体型をキープしている。あっぱれ!

 私は電話魔である。1日50件以上電話している。「古めかしい」と言われても、サイゾー社長・揖斐から「高須さんの17時以降の電話は酔っ払っているから絶対に出ない」と言われてもかける。

 来客は1日15~20人。名刺交換は毎月約200枚。週刊誌をまめに読む。毎週10誌は読み、雑誌、新聞連載は常に3本以上ある。こうした状況は、出版業を始めてから25年間変わっていない。

 さらに、銀座まじかなと新宿ロフトプラスワンで平均50~100人ほどの規模のイベントを開催している。昨年はまじかなで11回、ロフトで3回。3月3日に開催した「熟女クイーンコンテスト」の観客は8割常連。2割新規。8月15日の反戦デーイベントは少なく、20~30人しか来ない。10月21日にも行った「熟女クイーン~」は座るところがないくらいに盛り上がった。

 というわけで、言いたいことは、これらを通して言える状況だ。電話や顔を合わせる人と話す。連載もある。場合によっては他のメディアでコメントを出せる、ライブハウスもある。ブログも10年間、毎朝15分間遺書のつもりでコツコツと書き続けて、1日多いときは5000、平均2500人が読んでいる。

 そういう生活だから、会ったこともない匿名のヤツとどうのこうの議論したくないし、そんなヤツらが何を言おうと構わない。それ、すなわちツイッターである。

 ここでも報告した通り、ある編集者からの強い勧めで2月から始めてみたものの、顔の見えない相手と構えるツイッターは、蹴手繰り、鯖折り、うっちゃり、あるいは猫騙しのようだ。そうした奇策は好まない。私はいつもがっぷり四つに組む、夏目漱石が言うところの「互殺の平和」が好きだ。正攻法は古めかしいと自分でも思うが、これはこれでいい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

衝撃のアート論

衝撃のアート論
    • タブー表現で魅せる【若手アーティスト】
    • 漢 a.k.a. GAMIとD.Oが【リヒター展】へ
    • 現代アートグッズ【転売事情】
    • 唯一無二の【B-BOY彫刻家】
    • 【ビジネス書×アート】の功罪
    • 【芸能人アート】原色使いがち問題
    • ヒップホップと【NFT】の邂逅
    • 【仏画】という芸術論
    • 今、見るべき【戦争写真集】
    • 【排除アート】と都市の美化
    • 排除アートの【アート】
    • 【Adobe】“帝国”研究

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】雪平莉左
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【雨宮純】現代怪事廻説
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【小原真史】写真時評
    • 【七瀬アリス】下着と水着の考証学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澁川祐子】味なニッポン戦後史
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【脳内パステル みさき】シラナイマチトワタシ
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報
サイゾーパブリシティ