サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【47】/幽霊、【滅びゆくエロ本】と故郷喪失者。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【47】

時代の必然として廃れていくサブカルチャー――幽霊、滅びゆくエロ本と故郷喪失者。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1904_sarashina_1904_200.jpg
書き下ろしの復刊あとがきでライト文芸風に書いた理由が記されていたが、連載当時小学生だった筆者は見事に引っ掛かった。

 1964年の東京オリンピックでは来日する外国人に恥を晒すわけにいかないと、慌ててゴミ回収車を走らせ、殺鼠剤を配布したが、今回は大手コンビニチェーン各社が成人向け雑誌の販売を中止する。もっとも、紙媒体のエログラビア誌はいまや、スマホが使えない老人向けのオールドメディアでしかないので、販売中止の口実にオリンピックを利用しただけで、古巣のエロマンガ誌も昨年末に休刊していた。13年にコンビニ売りから撤退し、16年にはウェブ配信専門になり、元上司の編集長も定年退職が近いから、休刊は時間の問題だったが。

 他社の担当編集もエロ本出版社から転職した同世代や後輩なので、時々、思い出話になるが、活気があったのは筆者が編集の現場にいた90年代までだったようだ。当時のエロ本はグラビアの合間に適当な特集記事やコラムがあり、「宝島」や「SPA!」よりディープな若者向けサブカルチャー雑誌としての側面があった。1986~87年に朝日新聞夕刊で連載されていた小林信彦『極東セレナーデ』の冒頭でヒロインのバイト先として、当時の白夜書房周辺と思しき猥雑な風景が描かれていたが、数年後に成長した筆者が入った頃は、田中康夫がスッチー連れで編集部へ遊びに来て、永沢光雄がAV女優にインタビューし、電気グルーヴや宮台真司がコラムを書いていた。採用されたマンガ編集部はオタク向けなのでこの猥雑さとは無縁だったが、もともと、出版業界研究の同人誌を作っていたら別のエロ本出版社にスカウトされ、グラビア誌のライターをやっていた経歴から、同じビルに入っていた「ビデオメイトDX」「BURST」「お宝ガールズ」の編集長や担当営業の藤脇邦夫氏とは話が合い、後に批評家なんて名乗るきっかけになった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』