サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > ラッパー【t-Ace】のエロ音楽論
第1特集
国内ヒップホップの生ける伝説

お持ち帰りは7人! “大家族状態”……“エロ神”t-Aceに問う女性蔑視へのアンサー

+お気に入りに追加

――今もっとも輝くラッパーであり、赤裸々かつド直球すぎるリリックや物言いで人気を欲しいままにしているt-Ace。いじめられっ子だった幼少時代を経てヒップホップと出会い、現在は“エロ神”として崇められる存在までに。そんな彼に、国内のヒップホップとエロについて問いつつ、賛否両論巻き起こしている“女性蔑視”へのアンサーも聞く!

1904_31_006_CMYK_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

 セックス特集の「ヒップホップとエロ」の海外版は、R・ケリーとテカシ・シックスナインの行きすぎた精神が招いた悲劇だったが、国内代表は、それとは対極に位置する成功者であり、性交者でもある“エロ神クズお”こと、t-Ace氏に協力してもらった。しかし、彼のリリックといえば、女性蔑視と受け止められてもおかしくないほどの内容。では、なぜ彼は成功を手にすることができたのか? 日本におけるヒップホップとエロの親和性の高さを、彼のリリックに軸を置きながら、その生き様にもピントを合わせていきたい。

――まずはt-Aceさんのバックグラウンドについてうかがいたいと思いますが、もともとは沖縄生まれなんですよね?

t-Ace(以下、t) そうなんすよ。でも沖縄にいたときのことは、小さすぎて覚えてなくて。それから東京や千葉、茨城をぐるぐるしながら生活していて、小学校の4年生くらいから水戸に住んでます。

――どんな子ども時代を?

t いじめられっ子でした。暴力をふるわれるんじゃなくシカト。貧乏だったんで「あいつ、同じ服をずっと着てる」っていじられたり。でも、小学校5年くらいだったかな、「学校に行くのをやめるか、こいつらを殺すかどっちかにしよう」と決めて、とりあえず俺をいじめてた連中を傘の柄でぶん殴ったら、全員がおとなしくなっちゃって。まあ、小学生なんて流血したらみんなビビるんで。翌日からいじめもなくなったんで、それをいいことに、ムカつくヤツらはとことんシバキあげていきました。学校中で問題になりましたけど、それ以上にみんな僕に敬語を使うようになったんで気分よかったですよ。中学にあがってからは、わかりやすく茨城のドヤンキーになりました。

――当時の遊びというのは?

t 小学6年のときから年上の先輩とばっかり遊んでたんすね。近所の公園で高校生がラジカセでヒップホップを流しながらダンスやスケボーをやってたんで、「かっけー!」と思いつつも声をかけるのが怖かったんで、チャリで公園をぐるぐる回ってたら、「おい、おまえこっち来いよ!」って言われて。それから夜も高校生と遊ぶようになって、ラジカセから流れてくるヒップホップが、とにかくかっこよくって。「これ、かっこいい」って伝えれば、CDもくれたりして。そのときは確かファーサイドとかクリス・クロスだったかな。

――その影響でDJを始め、やがてラッパーに転身した、と。なぜDJを続けずにラッパーを志したのですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』